So-net無料ブログ作成
検索選択

『確率捜査官御子柴岳人 ゲームマスター』 [☆☆]

・取り調べの可視化が求められる昨今、高圧的な態度は自白の強要とも取られる。そうなれば、裁判で揚げ足を取られることになるし、冤罪にもつながる。

・思い込みが激しいというか、勝手に他人の感情をああだ、こうだと決めるける理屈っぽさだ。

・ぼくは悩まない。結果が分からないのなら、自らの信念によって選択肢を決定すればいいだけだ。

・知らぬ存ぜぬが通るのは国会だけだ。

・しなやかな動きでメガネを外し、髪を解いた。たったそれだけなのに、清楚だと思っていた彼女が、脱皮して蝶になったかのように、華やいで見えた。まるで別人だ。

・最後まで、大泉を庇えば、平気で人を殺すような男という印象になってしまう。大泉に命令されて人を殺した──ということにしたいんだろう。



確率捜査官 御子柴岳人  ゲームマスター

確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター




確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター<確率捜査官 御子柴岳人> (角川書店単行本)

確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター<確率捜査官 御子柴岳人> (角川書店単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2015/08/31
  • メディア: Kindle版



タグ:神永学
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

トラックバック 0