So-net無料ブログ作成
検索選択

『1日36万円のかばん持ち』 [☆☆]

・会社の重要事項を決める特別決議は、出席株主の3分の2以上(67%以上)の賛成が必要です。株式の67%以上持っていない社長は、いわば「雇われ社長」です。

・店舗がいつも同じ風景だと、お客様が飽きてしまう。だから、リピーター客を飽きさせてはいけない。最低でも5年、できたら3年に1度は、内装を変えたほうがいい。

・儲けが出る相手には先に納品して、儲からないところは後回しにする。そして、クレームが来てから、値上げの交渉をするわけです。

・多くの社長は、「値上げをしないこと」が企業努力だと思っていますが、それは間違いです。会社の業績を上げるために、「値上げをすること」も立派な企業努力です。

・コミュニケーションは回数です。同じ1時間でも「1回×1時間」より、「20分×3回」の訪問のほうが効果的です。

・リーマンショックによって倒産した上場企業のうち、実に3分の2が「黒字倒産」です。黒字でも倒産したのは、現金を持っていなかったからです。

・「この会社を辞めよう」と思って入社してくる人はいません。にもかかわらず離職率が高いとしたら、社長(上司)がほめないからです。

・「負ける」という経験をしないと、今のやり方を手放せない。

・イチロー選手だって、打率は3割台です。だとすれば「50%(5割)」は高確率と言えます。やらなければ損です。

・経営で大切なのは、失敗しないことではありません。トライ&エラーを繰り返しながら、少しずつ正解に近づいていけばいい。

・ここ数年、ストレス耐性がプラス(=ストレスに強い)と判定された若者はほとんどいません。したがって今の時代は、「ストレスに弱い人を採用して、少しずつストレス耐性を強くしていく」のが正しいマネジメントです。

・「辞めても次がいる時代」から「辞めたら次がいない時代」へと変わりました。

・「社長知っていますか?」と問われて、たとえ知っていても「知らない」と答える。「知っている」と答えたら、情報が入ってこなくなります。

・「残業」を減らしなさい。時間をかければいい仕事ができるわけではないよ。「終わりの時間を意識」して仕事をしたほうが質は上がる。

・次のような指示を与えればいい。「午後4時から4時30分までは、コーヒーショップでコーヒーを飲みなさい」。集中力を維持するために、「休憩」が必要不可欠です。だから「コーヒーを飲む」という仕事を与えたほうがいい。

・イチロー選手は、率を目指さずに「安打数」にこだわっています。なぜ打率より安打数なのか? 率を目指すと、バットを振らなくなるからです。

・一般社員は1000円単位で物事を考えます。しかし社長は、100万円単位で考える。人間はケタが3つ違う世界のことは、想像できません。

・社員は出来なくて当たり前、やらなくて当たり前です。だから、できない人でも、やらない人でも「できるようになる仕組み」を作らなければダメです。

・人も、会社も、欠点をなくしてはダメです。なぜなら、欠点を取り除くと活力がなくなるからです。

・社長は次のように言うべきです。「私のやることや決定の内容に納得できないのなら、すぐに辞めて他社に行きなさい」。なぜなら、社長の価値観を共有させて、「社長のコピー」を作ることが社員教育の要諦だからです。

・「自分以外が悪いから自分もよくないんだ」という考えは、冷静さを失った身勝手な愚痴でしかありません。どんな正当な理由があろうと、50%は自分が悪いのです。

・かけた恩は水に流し、受けた恩は石に刻む。

・どれほど「よいこと」であっても、コスト回収の見込みのない計画は、やってはいけません。

・『白昼の死角』を20回以上読んで、15回目に驚きの事実にたどりついた……「完全犯罪の本質は「整頓」だった」ことを……。

・この映画だけは、絶対見なさい。『サウンド・オブ・ミュージック』です。この映画は、上映する国によって「終わり方」が違います。「この国では、どのようなエンディングが好まれるか」を顧客視点に立って考えてあります。

・「1円」でも落ちていたら拾うことです。「幸運」は向こうからやってくるものですが、「強運」は自分からつかみにいくものです。

・JR新宿駅の平均乗降者数は、約335万人。仮に新宿駅で1円玉を拾ったとしたら、それは、強運である証拠ではないでしょうか。



1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得

1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得

  • 作者: 小山 昇
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/02/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得

1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/02/18
  • メディア: Kindle版



タグ:小山昇
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

トラックバック 0