So-net無料ブログ作成

『アメリカ海軍が実戦している「無敵の心」のつくり方』 [☆☆]

・ただ座って呼吸の数を数えなさい。心がさまよったら、呼吸に意識を戻すこと。

・自分のアイデンティティを「思考」と切り離してとらえ、自分の中で思考を観察している部分を知るようになる。この思考と観察者との間のスペースにこそ、魔法がある。

・何か危機が起きると私は、理屈で対処しようとしたり問題解決の道をすぐに考え出そうとしたりするよりも、その局面を手探りで進むことを身につけた。必要以上に考えすぎたり分析まひを起こしたりしたせいで怪我や死につながるケースを目の当たりにしていたからだ。

・自分の頭を金魚鉢、思考を濁った汚い水だと想像する。呼吸はフィルターだ。深く吸って吐く息の一つひとつが浄化の呼吸であり、頭の中の汚れた水をだんだんきれいにしていく。呼吸を10回すると、水はほぼきれいになっている。

・ジングルとは、前向きで、自分にとって強い意味のある歌やリズムやことわざを言う。BGMのようなもので、意識をその肯定的な言葉やイメージ、感覚、意味に引きつけておくことによって、マイナス思考を食い止める。

・ジングルは、練習すれば、ことさらに刺激を与えなくても心のバックグラウンドで流れるようになる。

・ヘルスケアや、医療、保険の産業が1兆ドル産業になっているのは、人々が数世代にわたって栄養や、健康、ウェルネスの点でまずい決定をしてきた結果である。

・成功は選択で決まり、まずますの成功とすばらしい成功との違いを生むのは、大きな選択ではなく小さな選択だということだ。

・呼吸はお金のかからない医術であり、呼吸のコントロールを日々練習すれば、オプティマルヘルスや長生きにつながる。

・普通の人は1分間に14から15回呼吸し、呼吸のたびに肺活量のわずか3分の1しか使わない。訓練を受けた戦士なら1分間の呼吸は3回から5回で、体内の二酸化炭素を大幅に減らしつつ、心身の平穏を保つはずだ。

・「シンプル化」活動が、物質的なものへの執着を減らすことにつながる。ものごとにこだわらないことは、満足と密接に関連したたのもしい姿勢である。

・チームと任務を守るために丸腰の地元民を殺すか解放するかの判断をしなければならなかった。結局、その親子を逃がしたのだが、それが彼にとってもチームにとっても悲惨な結果を招くこととなった。案の定、その親子がタリバンに知らせてしまったからだ。

・あなたがお金や時間やエネルギーをけちけちとため込んでいるとしたら、あの『クリスマス・キャロル』に出てくるエベニーザ・スクルージのように、乾ききった人となるはずだ。

・しつけは慎重に行なえば役立つこともあるが、怒りにまかせれば、親子の距離は広まるばかりだ。

・書くという作業は、それ自体が脳の訓練になる。

・リーダーシップとは正しいことをすることであり、マネジメントとはものごとを正しく行なうことである。

・ごまかし、それも小さな、一見取るに足りないごまかしは、インテグリティを低下させ、信頼を徐々に削り取っていく。

・『スター・ウォーズ』のヨーダの言葉どおり、「やるか、やらないかだ。「やってみる」はない」。

・最近、こんな見出しを目にした。「スマホに没頭 サンフランシスコの列車乗客、撃たれるまで銃を持った男に気づかず」。ぞっとする!

・私たちは誰もが危険を察知できる内なるレーダーを持っているが、ほとんどの人はそのスイッチを切っている。

・常に「主体」であれ、決して「客体」になるな。つまり、体験の構造は自分たちでコントロールする、相手がこちらを見るレンズは自分たちが作る、目の前で展開されることはこちらが脚本を書く、ということだ。そうすれば結果をコントロールし、自分は勝者のままだ。

・利口になるのは簡単だが、賢くなるのはずっと難しいと言えるだろう。

・最近「食べる」という言葉を見たり聞いたりしていれば、「so□p」という単語の穴埋め問題で「soup(スープ)」と答える可能性が高まる。ところが、風呂上がりだと、これを「soap(石鹸)」と読む態勢になっている。

・一般的なジムには、腕なら腕、脚なら脚、背中なら背中だけを鍛えるやたらと複雑なマシンが数台置かれている。だが何かを投げるのに腕一本しか使ってはいけない、あるいは片脚だけで木に登らなければならないと自分の身体に指定することがどのくらいあるだろう。

・他人がしないことを今日するのは、他人ができないことを明日できるようになるためだ。

・実際に大混乱と急激な変化が起きたときに備え、「失敗の予防接種」と行なうということ。

・怪我につながりそうだと思ったら、無理に最後まで続けない。無理に続けるのは意思がかたいのではなく、愚かである。無理を通そうとするのはあなたのエゴだ。

・標準作業手順書(SOP)はタフなチームを作るための優れたツールになりうる。全員に同じ基準で行動させ、そのルーティンが彼らの「システム1」に根づくからだ。そうしてルーティンが定着することで、一人ひとりの「システム2」の負担が減り、必ずやってくる別の難題への解決策を生み出すことができる。

・記憶力は視覚イメージと情報を結びつけ、記憶を右脳と左脳、大脳新皮質と哺乳類脳で処理させることで向上できる。

・分析技術は、数学や統計学、論理学、工学の練習問題や演習に集中的に頭を使うことで強化される。



アメリカ海軍が実戦している「無敵の心」のつくり方 (Business Life)

アメリカ海軍が実戦している「無敵の心」のつくり方 (Business Life)

  • 作者: マーク・ディヴァイン(Mark Divine)
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2016/11/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



アメリカ海軍が実戦している「無敵の心」のつくり方

アメリカ海軍が実戦している「無敵の心」のつくり方

  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2016/11/21
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ:

nice! 0