So-net無料ブログ作成
検索選択

『戦争サービス業』 [☆☆]

・まじめな顔さえしていればやることなんでも分別のあることだと思う連中がいるものだ。

・民間軍事会社の兵士たちは通常は、自分で実際に銃を撃つということはしない。他人に撃たせるのだ。

・民間軍事会社が業務として手がけるもうひとつの重点分野が情報活動である。電子革命の結果、情報収集および情報分析の技術は途方もない進歩を遂げ、今ではこれら専門の会社でなければとてもこなすことができないほどになっている。

・電子化された軍事施設や情報技術に依存する兵器システムの保守も、大抵は民間会社でなければできなくなっているし、現在ではその操作までもこれらの会社の職員に任すほかなくなっている有様なのである。

・地球上およそ石油が採掘されるところではどこでも「新しタイプの傭兵」が、採掘施設とパイプラインの警備についている。

・高度の技術化された軍隊では、前線に立つ兵士と他の兵員との数字上の割合は1対100とされる。つまり1人の兵士が銃を手に戦うためには、料理人から危機分析官まで100人の人員が必要になるというわけだ。

・軍事会社は特殊ではあるが、発注者との間に民事上の契約を結ぶサービス業の会社であることに間違いないので、これらの会社を縛るのは法的には商法しかない。

・なかには目先の利く者がいて、大国が勢力圏から引き上げると安全保障上の穴が開くに違いない、この空白を埋める仕事はきっと金になるはずだと読んだのだ。

・「ひとつの世界」になったお蔭でもうひとつ可能になったことがある。紛争を外から(他の国家とは限らない)煽りたてることが、それまでにはなかったほど簡単にできるようになり、特に金融面で支援することができるようになったのだ。

・「考え方はグローバルに、行動はローカルに」というモットーにならって、世界中にロビー・グループ、支援団体、支持者や戦闘員の外部組織を置き、手広く活動させるのは、なにもテロリストのグループだけではなく、ありとあらゆる経済、政治の利益団体が同じように活動している。

・始めのうち派兵士を訓練して技能を習得させようとしたのだが、次第に自前の専門家を養成するのは費用がかかりすぎて駄目だということになった。ペンタゴンは、それはやめて、兵器システムと抱き合わせで企業から操作要員を買い取ることにした。

・民間からの援助を求める傾向に拍車をかけたのは、治安を脅かしかねない組織犯罪集団やテロリストがハイテク機器やハイテク専門家をいつでも問題なく手に入れることができるのに、治安当局の方は装備の点ではるかに遅れをとっているという事実だった。

・今では衛星写真情報をどんな目的にでも利用できるまでになっている。組織犯罪は人身売買やドラッグの密輸に、鉱業は原料の発見に、企業スパイ会社は株式市場での思惑にとそれぞれ用途がある。

・簡単に因果関係を言いたてるよりもっと大切なのは、二つの現象が互いに原因になり、結果になっていることを認めることだ。原因と結果との絡み合いがあって初めて錯雑した実態が生まれるので、これを単純に割り切ってしまうわけにはいかない。

・それぞれが被害は最小、利益は最大をモットーに、目の前のこの混沌状態から抜け出そうとした。

・みんなが口を揃えて、民間軍事会社というのは深刻な問題で、影響するところも大きいから、ただちにこれを取り上げ法制化しなければならないと言い立てるのに、すぐにまた忘れられてしまう。

・すべての大陸で石油採掘地は、民間軍事会社のお蔭で今では「高度の安全地帯」に仕上げられ、反政府勢力なり反乱軍なりはそこには一歩も近付けない。

・第三世界のいたるところに「グローカル」な地域が生まれつつある。つまり局地的(ローカル)に限定された地域でグローバルな市場のための生産が行なわれていて、この領域の安全は大部分が民間軍事会社が担当している。

・主権と武力独占は紙の上ではまだ国家が握っていて、独立国家でございますという形式上の証しをニューヨークの国際連合の席で掲げることはできても、これらの国家は実体としてはほとんど存在しなくなっている。



戦争サービス業―民間軍事会社が民主主義を蝕む

戦争サービス業―民間軍事会社が民主主義を蝕む




nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: