So-net無料ブログ作成
検索選択

『入社1年目から差がついていた! 頭がいい人の仕事は何が違うのか?』 [☆☆]

・頭がいい人は、求められるアウトプットを出す。惜しい人は、ピントがずれている。

・具体的に「行動」を指図することです。人に動いてもらえない人の伝え方は「報告」レベルに留まっていることがあります。

・相手にとって、やらなくても不都合が少ないことは、自ら察して動いてくれることは期待できない。

・頭がいい人は、上司が安心する「報連相」をする。惜しい人は、自分に都合良く「報連相」する。

・頭がいい人は、資料は薄く、手元の情報は厚い。惜しい人は、資料にすべての情報を書く。

・頭がいい人は、大事なことをメモに書く。惜しい人は、知らないことをメモに書く。

・ITのスキルは、自分から能動的に学ばない限り、自然とできるようになることは難しいです。だから、よく勉強している人とそうでない人の差が出やすくなります。

・頭がいい人にとって、「挨拶」は仕事の一部。惜しい人にとって、「挨拶」は労力のムダ。

・惜しい人は、基本的に自分一人で仕事をしたいという気持ちが強く、挨拶にかける労力を省くほうに意識が向かっています。だから周りをイライラさせ、ちょっとしたお荷物になってしまうのです。

・仕事ができる人は、同じようにできる人と仕事をしたいと考えます。その判断において、身だしなみはかなり重要です。まだこれといった実績もない人が、パッと見でわかる常識にまで欠けていたら、一体何で判断されるというのでしょうか。

・頭がいい人は、背伸びをして人脈を広げる。惜しい人は、人脈を「ずるい」と言う。

・惜しい人は、人脈を使って物事を進めることを「コネ」と蔑み、「ずるい!」と言います。こういう人は、人脈があることを単なる「幸運」と考え、その有無によって仕事の進め方に差がつくことを不公平と感じるのでしょう。

・頭がいい人は、「現状打破」を訴える。惜しい人は、「現状維持」を訴える。



頭がいい人の仕事は何が違うのか?

頭がいい人の仕事は何が違うのか?







nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『絶対!うまくなる オカリナ100のコツ』 [☆☆]

・「ド」の運指で音を出したときに、実際に「ド(C)」がなる楽器は「C調管」(C調=ハ長調の音階を持つ楽器)と呼ばれます。このときの「ド」は、ピアノで鳴らした「ド」と同じ音です。

・「ド」の運指で「ファ(F)」の音が出るオカリナは「F調管」、「ソ(G)」の音が出るオカリナは「G調管」と呼ばれます。これらはそれぞれ、F調(ヘ長調)、G調(ト長調)の音階を持っています。

・一番左の記号は「ト音記号」で、下から2番目の線がト音(=ソ)であることを表します。

・「腹式呼吸を強化したい」と思うあまり、腹筋や背筋運動をして筋力を強化するケースがありますが、これはほとんど効果がないことが実証されています。

・呼吸力を鍛えるには、「横隔膜を動かす筋力を強化する」ことが必要です。それには「吸う、吐く」以外に練習はありません。

・息が音に変わる場所は、チャンバー(オカリナの裏側中央の穴)の部分。ここに、良質な息を送ることが大切なのです。

・ソプラノリコーダーはC調管、アルトリコーダーはF調管です。

・差音とは、2つの音を同時に鳴らしたときに、2音の周波数の差が音として聞こえる現象のことです。

・たとえばドとミの音を重ねたとします。そのとき音と音の間の幅(音程)が正確に合っている(ハモっている)と、差音として低音のドが鳴ります。

・肺の中にすでにある空気を出さなければ、新たな息が入るスペースはありません。吸うことよりも、吐くことが大切です。

・「楽しい」という感覚は、もちろん大切です。しかしそれは、厳しい言い方をするなら「今以上のレベルを求めていない」という面も、併せ持った状態かもしれません。






タグ:大沢聡
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『伝え方が9割 2』 [☆☆]

・「トイレのふたを閉めないと、金運が下がるってよ」 風水的にも、本当にそう言われているとのこと。

・「シャツを着て」ではなく、「花柄のシャツと、クマさんのシャツどっちがいい?」というように、子育てこそ、伝え方が効果を発揮します。

・まずは、メールやSNSといったテキストで練習してください。対面でいきなり「伝え方のレシピ」を使うのは、難しいと思います。ですがテキストなら考えた上で送ることができるので、トレーニングにもってこいです。

・部下を持つ人は誰でも不安なのです。上司こそ、認められたいのです。

・何かを成し遂げるためには賛同してくれる人が必要で、それには心を動かすコトバが絶対必要なのです。

・「ONE PIECE」は、もはやブームではなくカルチャーとなった、日本まんがの代表です。

・心理学では、「ザイアンスの法則」といって、「接触回数を増やすと、ただそれだけで好感度が上がる」ということが実験で証明されています。



伝え方が9割 2

伝え方が9割 2




伝え方が9割 2

伝え方が9割 2

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/04/24
  • メディア: Kindle版



タグ:佐々木圭一
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: