So-net無料ブログ作成

『神さまとのおしゃべり』 [☆☆]

・現実なんてない、あるのは解釈だけ。

・現実とは、その人が信じた通りに、見えているだけの幻である。

・不幸だと信じた人が「不幸」を見て、幸せだと信じた人が「幸せ」を見る。この世とは、その人の解釈の世界なのだから。

・誰1人として、鏡そのものを見ることはできない。だって鏡は常に何かを映しておるのじゃから。

・怒っていることを、英語では、「I'm angry」と言う。でも正しい英語では、「I feel angry」なんじゃよ。前者は「私は怒りです」と言っとるんじゃぞ? 「あなた」は「怒り」ではないじゃろ? 「あなた」が「怒り」を「感じた」んじゃないか。

・その人が何かを前提として信じ込んでいるから、感情がそこに湧く。悲しみの理由は、目の前にあるその出来事じゃない。その出来事を「悲しいこと」と勝手に信じこんだ、あなた自身じゃよ。

・「不良はかっこいい」とお前が勝手に信じたからじゃろうな。「不良」と「かっこいい」をお前が勝手にくっつけて、固定観念を創っておる。そのせいで「ルールにうるさい人」を見ると、お前には怒りが湧いてくるんじゃよ。

・正義なんてない。あるのは、「その人の正義」だけじゃ。「正義」とは、特定の誰かにとって都合のいい解釈のことじゃ。

・たいていの場合、自分の信じている深層意識の意見は「他人」を使って言わせるんじゃ。

・鏡は先に笑わない。こちら側から先に笑うんじゃ。解釈を先に変えるんじゃよ。そうすれば、その後、鏡にも笑顔が映るじゃろう。

・現実という鏡を見て感想文を言うんじゃない、それをどう思いたいのか意思を表明しなさい。

・「何が嫌いか?」ではなく、「何が好きか?」を口に出して正しい想像で願うこと。

・この世は、勘違い合戦じゃ。みんながみんな、ただの勘違いをして生きておる。

・「幸せになりたい」と言う人は、「私は幸せじゃない」と信じている。

・「悩んでいる」ということは、実は「どっちでもいい」からこそ、悩んでいるのだ。

・深刻な悩みとはなんじゃ? 悩みに深さなんてない。悩んでいるかぎり、その本人は「答えはどっちでもいい」と思っているんじゃ。

・「目の前の現実を、判断するチカラは人間にはない」と言っている! なぜなら、「いい」だとか「悪い」だとかを判断するためには、何かと比べる必要があるからな。でも、人は、同時に2つのことを経験できない。

・答えは1つだよ。選択したその「現実」を見て、常に「いい」と言いなさい。どっちみち、選択したその現実が「いい」か「悪い」かなんてお前たちには判断できないのじゃから。

・十円の駄菓子を10回でも「買えるんだ!」とよろこべば、ベンツを5回「買えないんだ……」と思う気持ちを、打ち消してあまるということになるんじゃ。

・金持ちに対して抱いている、そのネガティブなイメージは、将来のお前に還ってくる。だってお前は、その「金持ち」になりたいんじゃろ? 未来の自分に文句を言ってどうする?

・誰か他人がいることで「優しさ」を学べる。そもそも、たった1人だったら優しくする相手がいないのだから、「優しさ」を発揮することすらできない。

・大っ嫌いなあの人の考えることが、まるで私には理解できない。これはどういうことだと思う? お前がわからないことを、向こうはたくさん知っているということじゃよ。

・何も考えず、分析もできず、感情のままに「嫌い! 嫌い!」とわめき続けるなんて。感情に振り回されると、いつまで経っても感情をコントロールする側の立場に立てないぞ!

・あなたが持っていない価値観をたくさん持っている人のことを、あなたたち人間は「嫌いな人」と呼ぶんじゃよ。

・嫌いな人を、「価値観が違う人」だという視線で見てみましょう。その人は、あなたの知らない風景をたくさん見ている人です。

・いつでもすぐに苦労自慢大会が始まるんじゃ。語っている間、ずーっと「嫌いなこと」を考え続けているんじゃぞ?

・お前たちは間違った教育を受けたせいで、「苦労している自慢」をすれば、優しくされると思っとるんじゃ。それからというもの、人間は「いかに私は不幸か」を人前で熱弁するようになった。

・認められるためには、一度「認められていない状態」を産み出す必要があるんですよね?

・悩みは「その人」にとってだけ大きく見える。他の人が見たら、顕微鏡でも探せんよ。

・たった1つ、「絶対にこの世でやる」と、全人類が決めてきたこと……。それが「死ぬこと」じゃ。

・「いつか」お前は幸せになれる。お前は、今日も、明日も、明後日も「いつか幸せになれる」であろう。現に、今も「いつか幸せになりたい」が、目の前で叶い続けている。

・「金持ちになりたい」が夢じゃない、「金持ちである」が夢だ! 「幸せになりたい」が夢じゃない、「幸せである」が夢だ!

・ネガティブなことを考えることが、悪いんじゃない。ネガティブなことを考えたことを、悪いことだと考えることが、悪いんじゃ。

・「イーンダヨ!」の一言で、全ての感情がポジティブに裏返る。



神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

  • 作者: さとう みつろう
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2014/09/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2014/09/28
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: