So-net無料ブログ作成
検索選択

『ぼくらの仮説が世界をつくる』 [☆☆]

・日本のスポーツ産業が、欧米と比較して大きくならない理由のひとつは、「語る場所の不在」だと僕は推測しています。

・芸術作品は、その単体で価値があるように思いがちですが、多くの人に語られ、話題になることで、価値が生まれていくのです。

・いい作品とは、新しい定義を生み出すことができるもの。

・「メンバー同士の仲がいいのが、好きなんです」という答えが返ってきました。メンバー同士がすごく仲が良くて、その様子を見ているだけで幸せになってくるのだと言います。

・作家は、「異能の人」です。人口の1%どころではなく、0.1%か、0.01%くらいしか存在しません。

・作家とそうでない人の分水嶺は「頭の中にもうひとつ別の世界があるかどうか」です。作家がストーリーを考える、と言いますが、そばにいると「考える」というより「トリップして、観察して、ドキュメンタリーを撮ってきている」感じなのです。

・フジテレビの視聴率が、テレビ朝日やテレビ東京に負けているのは、なぜか? これは、シンプルに「8チャンネルが地デジ化によって押されにくくなったから」というのが一番の要因です。

・世の中が変化して、必要に迫られてお金のあり方が変化するものだ、と漠然と考えていました。しかし実際には、お金の形態が変わってから、それに刺激されて世の中が変化する。その繰り返しであることがわかったのです。

・経済活動の範囲が広がったから貨幣が発明されたわけではない、ということです。貨幣ができたから経済活動の範囲が広がったのです。

・お金の形態が変化するときは、それにともなって大きく世界が変わるときなのです。お金が変わろうとしている。ということは、時代が変わる、ということなのです。

・ひと昔前までは、「今日はヒマだから映画を観に行こう」と思ったものです。最近では、映画はヒマだからふらっと観に行くものではなく、「予定を立ててわざわざ観に行くもの」になっている。

・国ごとに食材とかがちょっと違うだけで、調理法は似ている。炒める、揚げる、蒸す、茹でるの組み合わせなのです。料理と同じように、人間の感情もそんなに複雑じゃないし、社会もそんなに複雑じゃない。細部は複雑なのですが、根本はシンプルです。

・ローカライズという作業は「作り手が、作品が伝わらないからやる」というよりも、「現地の人々が、作品を広めるためにやる」作業なのです。

・「速く、楽に移動したい」という人間が求める根っこの部分が変わらないのであれば、馬車から自動車への変化は、もはや「必然」です。

・「どちらの欲望の方が、より本質的なのか」と見極めると、どちらが残るかがわかります。

・馬車に携わり続けるというのは「今の習慣が続くかもしれない」ということだけに懸けているわけです。「明日成功する確率」だけを見ると、馬車の方が自動車よりも大きかったかもしれませんが、「5年後10年後」を考えればそうではありません。でも、多くの人は「明日成功しそうな方」を選んでしまう。

・発展途上の文化圏では、世間が「教える側」と「教えられる側」、「見せる側」と「見る側」に分かれています。

・面白さというのは「親近感×質の絶対値」の「面積」だったのです。

・「小さい頃は数学が得意だったのに、いつからか不得意になった」という人は多くいます。そういう人たちに共通していたのが「計算問題を大量にやらなくなった時期に数学を嫌いになっている」ということでした。

・ただ単に計算が遅くて問題を解ききれなくなっただけなのに、難しくて自分には解けないのだと思い込んで、数学を嫌いになってしまう、というのです。

・「英語ができない」という人のほとんどは、単語を覚えていないところに原因があります。

・多くの新人が描くマンガは、「現実」を観察して描いているのではなく「マンガ」を見て描いています。

・二重目標とは、何かを成し遂げるにあたって「毎日絶対にできる目標」と「理想的な目標」の二つを作るという方法です。たとえば、英単語を覚えたいのであれば「一日一回、必ず単語帳を手に取る」という目標と「毎日10個新しい単語を覚える」という目標を立てます。

・現代人が感じる恐怖や不安というのは「死への恐怖」ではなく、単に「努力せずに、現状維持をしたい」という思いから生まれる恐怖です。

・「発達障害の人は、自分のお腹が空いているのかどうかわからない」という一文がありました。長時間食べなくて、お腹が空きすぎて、すごく機嫌がわるくなる。でも、「なぜ機嫌が悪いのか」は自分では理解できない。

・実は、自分が「おもしろい」と思うことは、自分にとって新鮮なだけなのです。それよりも、自分では飽きていておもしろくないと思っていること。そういうことは、自分の中で何度も考えられ、熟成されたことなので、世間にとっては発見であることが多いのです。



ぼくらの仮説が世界をつくる

ぼくらの仮説が世界をつくる

  • 作者: 佐渡島 庸平
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/12/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ぼくらの仮説が世界をつくる

ぼくらの仮説が世界をつくる

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/12/11
  • メディア: Kindle版



タグ:佐渡島庸平
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『チャンスをつかむ男の服の習慣』 [☆☆]

・どうでもいい服では、どうでもいい人と判断されてしまうもの。

・洋服についての教育はほとんどなされていません。学校はもちろん、親からも学んでいないので、服の知識だけ欠落したまま大人になってしまうのです。

・服についての知識に乏しい、今の日本。だからこそ、基本から学べば、あなたは突出した存在になれるチャンスがあるといえる。

・同じ価格のものをいくつも見比べて、見る目を養うこと。同じ5000円のシャツでも、AとBとCではどう違うのか、それぞれどこによさがあるのかを考えます。

・お店の対応は、来店するお客様全員に平等なわけではありません。まずは、接客は人によって差があるというこの現実を、しっかり頭に入れておきましょう。

・少ない予算でも、納得感を得るためには、怠慢していてはダメ。たとえば、同じ1000円のヘアカット専門店でも、いつも行く駅前のお店より、2駅離れたお店のほうが腕はいいかもしれないと労力をかけて探し切ることです。

・まず洋服ブラシを手に入れましょう。しかも、習慣として続けるためにも、1万円以上はするブラシを、です。オススメは、馬毛や豚毛など天然獣毛のもの。

・パンツも同様に陰干しですが、裾のほうを上にして逆さに吊るします。こうすると、パンツ自体の重みでシワが伸び、折り目のクリースラインが長持ちします。

・とにかく100円のシューキーパーでもいいから毎日入れることが大切。やるとやらないとでは、靴の傷み方がまったく違ってきます。

・鏡で自分をチェックする回数が減ると人は醜くなり、ある程度の年齢になれば、絶対に老けます。

・ファッション業界が言うところのビジネスカジュアルは、VAN世代のネイビーブレザー+グレイパンツに代表されるもの。

・オッドジャケット(オッドとは片方の、という意味でパンツと対になっていない上着の総称)にベスト、オッドパンツをコーディネートするのはもともとはスーツの起源であり、共布(同じ布地)で上下作られたディトーズ(スーツ)のほうが、つい100年前くらいに登場したもの。

・バーゲンというのは、安く買ったという満足が優先となり、質のよさをプロパー(バーゲンではなく正規価格で販売する商品)で味わうという考え方のほうが品格があります。



チャンスをつかむ男の服の習慣

チャンスをつかむ男の服の習慣

  • 作者: 政近 準子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版
  • 発売日: 2014/11/27
  • メディア: 単行本



チャンスをつかむ男の服の習慣 中経出版

チャンスをつかむ男の服の習慣 中経出版

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版
  • 発売日: 2014/11/28
  • メディア: Kindle版



タグ:政近準子
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『努力不要論』 [☆☆]

・普段からどれだけ、考える喜びを味わい、思考の楽しみを知っているか、それが高等教育の原点にある。

・個体として生き延びることと、集団として生き延びること。この2つの条件だけが、性質が次に残っていくかどうかを決めます。

・生物的なレイヤーでの「優秀」というのは、本人の生存にとってではなく、多くの凡人の生存にとって有利かどうか、という設計になっているのが面白いところです。

・でも、論理的に考えない人のほうが世の中には多いですし、論理的に考えない人のほうが生きていきやすい世の中です。というか、ヒトの集団の中では、極めて論理的に考える人は、変人か、病人扱いされてしまいますよね。

TOEICもハイスコア狙いのゲームの一種です。速く読む能力や大意を掴む能力は高くなりますが、うまい切り返しや相手を説得するという能力については伸ばすことができません。

・日本人はセロトニントランスポーターが少ないタイプのほうが圧倒的に多く、7割ぐらいがこのタイプです。

・セロトニントランスポーターが少ない人はセロトニンが少ないので不安になりやすいのです。

・セロトニンは戦う・喧嘩する・逃げるための物質であるノルアドレナリンの分泌を抑える働きがあります。セロトニンが少ないとノルアドレナリンが出やすくなるわけです。こうした脳内神経伝達物質の動態が基本にあって、慎重で人の言うことをよく聞き、空気を読むけれども、我慢して我慢してキレてしまう日本人の国民性ができあがるのです。

・ワーキングプアだといって嘆いている人たちには特徴があります。それは、働いたらその分だけ誰かから給与としてお金がもらえる、という発想で働いている点だ。

・格差社会だ、ワーキングプアだと騒いでいる人たち、あるいは当人は、実際に貧困だというよりも、発想力が貧困なのではないでしょうか。

・じつは、発想が貧困な人にこそ、学歴や血筋や親の財産が必要なのです。

・格差がある、という言葉で大衆を煽りたてる人が後を絶たないのは、大衆がそれに騙されやすいという性質を持つからです。選挙で得票数を伸ばしたい政治家、本を売らなければならない文化人はそれを巧みに利用することがあります。

・減反政策をしているのに収量の多いコメをつくるという努力はやっぱり努力中毒の1つの現れではないかとも思えます。

・意志力の強い人と弱い人の差というのは、「ヒトという生き物はそもそも意志が弱い」ということを知っているか知らないかという差です。

・僕を見ていてくれた、見抜いてくれたからこの人のためになんとかしよう、自分1人では小さな人生しか生きられないけれど、「この人について行ったら自分の才能を生かせるかもしれない」と思わせる力が、優れたリーダーには必要です。






努力不要論

努力不要論

  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2014/07/20
  • メディア: Kindle版



タグ:中野信子
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: