So-net無料ブログ作成

『エコノミストの昼ごはん』 [☆☆]

・安価な即席食品こそが、現代文明の礎であり、私たちの大半が死なずに済んでいる理由なのである。

・アメリカの食文化がかくも惨憺たる状況に陥ってしまったのは、ドリトス社が商業的な成功をおさめたからではない。真の戦犯と呼ぶべきは、政治家や立法者たちである。アルコールをめぐる政治闘争のせいで、20世紀初頭の数十年間に、最高のレストランが大量に閉店へと追い込まれた。

・今日、アメリカの貧困層の間では、、飢餓よりも肥満が問題となっている。

・外国人にとって馴染みがあるんは、アメリカ製の缶詰やインスタント食品、冷凍食品といった、長距離輸送に適した商品ばかりである。他方、アメリカ人がヨーロッパ製のインスタント食品を目にする機会は少ない(ただ単にヨーロッパ人には食品の長距離輸送のノウハウがないからなのだが)。

・禁酒法によって、良いレストランの大半が破滅に追い込まれた。酒から得られる利益が失われたのに加えて、店ではワイン入りのソースが使えなくなった。

・アメリカの文化は子供を中心に出来ており、大人たちはおチビちゃんたちを喜ばせるべき奔走する一方で、年長者に対してはあまり敬意を払わない。

・アメリカでは食に関しても子供の好みが優先される。これが子供に限らず全ての人にとっての食のクオリティを損ねることになる。

・陳列棚にはざっと分類された商品が所狭しと並んでいる。だが、こうした便利さのせいで、アメリカのスーパーマーケットは退屈なものになっている。致命的な代わり映えのなさが、私たちの毎日の買い物を支配している。

・ラスベガスのカジノの中には、おいしいレストランでギャンブル客を引きつけているところもある。

・最近、ベガスのカジノでは、本格的な中華料理が食べられるようになってきた。これは、中国人のギャンブル客を呼び寄せるためである。

・レストランは食事を販売するだけでなく、テーブルという空間を提供してもいる。ただし、はっきりと分かる形で席料を取るわけではない。

・賃料が支払えなければ、レストランはこの世から消え去るしかない。

・世界の人口の大半はアジアに集中しており、世界の食べ物の大半はアジア料理である。

・大半の日本人は都市部に住んでおり、都市生活しか知らない。ほとんどのアジア人が辺鄙な郊外に集まるのに対して、日本人は特にアメリカの大としかその付近に集まりやすい。

・実際には交通事故による死者の方が多いにもかかわらず、飛行機事故で死ぬことのほうが不安だという人が多いのと同じである。ヨーロッパの多くの地域で、遺伝子組み換え作物ア象徴的な不安の種となり、これが貧しい国々における農業の発展にブレーキをかけてきたのである。

・遺伝子組み換え作物について知ったアーミッシュの農家の多くが、熱狂的にこれを取り入れ、商業的にも成功を収めた。遺伝子組み換え作物の中には農薬の使用量を減らすことのできるものがあり、彼らはそれを評価したのである。

・近年ヒットした食についてのドキュメンタリー映画には、共通の特徴がある。それは、他の人たちが市場において行なう選択に対する、意地悪でどこか独善的なアプローチである。

・一連の実験では、「環境にやさしい店」で製品を購入する許可を与えられた人々は、実験の次の段階で行なわれるゲームにおいて、不正をしたり嘘をついたりする確率が上がった。つまり、一旦良心が満たされてしまうと、他の場面ではより強欲かつ利己的になるのである。

・不買運動という姿勢は道徳的な面で人気が高いのだが、実際には効果がないことも多い。不買運動の大半は、単に自分がよいことをやっているような気分になるための手段に過ぎないと思う。

・母親や祖母が一日中トルティーヤばかり作っていたとしても、外部からの収入を諦めることにはならない。仮に同じ時間働いたとしても、同じ量の食料を買えるほどの稼ぎにはならないからだ。

・今日世界で一番美味しいフランス料理が食べられるのは、ひょっとしたら日本なのかもしれない。

・インドへのアウトソーシングは今やグローバルな流行となっているが、大規模な生産施設が自らインフラを構築しなければならないことは、まだあまり知られていない。インドの大都市では、自前の発電機と給水設備を備えた自己充足型のビジネス「島」を見かける。

・ベルリンが自慢できるのは、目を見張るほど安い賃料である。ベルリンは本来、商業の一大中心地となるべく築かれた都市であり、その結果、建物の数が多すぎる。賃料は非常に安く、今日でさえ、月300ドルの家賃でそれなりのアパートを見つけるのは難しくない。

・大人数をもてなす際は、全体の核になるような料理は外で用意しておき、それを補うような形で、あなたの好きな料理や家で準備したものを添えるとよい。

・いきなり高級な調理器具を買い揃えることは、初めてのデートのたびにダイヤモンドの指輪をプレゼントするようなものだ。

・キッチン用品の「勝者」ベスト5を選び、そこにもっとお金をかけよう。新しい調理器具というのは、買ったところでほとんど使わず、無駄遣いをしてしまったという罪の意識に苛まれ続けることが多い。だとしたら、確実に使うことが分かっているものにお金をかけたほうが良い。

・ファストフード・チェーンはコカ・コーラのシロップを1ガロンあたり約4.25ドルで購入する。1.29ドルで販売されているMサイズのコーラには、およそ9セント分のシロップが含まれている。いつものようにカウンターの中にいるかわいい女の子から勧められるままに、1.49ドルのLサイズのコーラを買うと、3セント分のシロップが追加される――そして、マクドナルドの純利益は17セント分アップする。

・コーエンは自他ともに認めるコントラリアンである。これは、ある主張に対して、「その一方では(on the contrary)」と異論を投げかける人のことだ。

・中国やアジアでは餃子は煮るか蒸すのが主流であって焼く餃子はほとんどない。しかし餃子もどきが中国東北部で存在していて、それを満州から日本に戻ってきた人たちが「餃子」として売り出した。つまり帰国者というイノベーターが、日本の味覚に合うように工夫を重ねて日本的エスニックな餃子を発明したのである。

・日本の焼き餃子は、ラー油で食べるとか、ニンニクを加えるとか、香ばしい油で焼くとか、すべてが米飯に合うように改良されている。



エコノミストの昼ごはん――コーエン教授のグルメ経済学

エコノミストの昼ごはん――コーエン教授のグルメ経済学

  • 作者: タイラー・コーエン
  • 出版社/メーカー: 作品社
  • 発売日: 2015/12/25
  • メディア: 単行本



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ひとりぼっちを笑うな』 [☆☆]

・いじめっていうのは、大体集団でやるものですからね。共通の敵を作ることによって、その「歪んだ絆」を深めていくわけです。

・仲良くできないのはその人の思考かもしれないけれど、差別的なことを強く意思表示する必要などありませんよ。

・「友だちだから断れる」ならわかるけれど、「友だちだから断れない」というのは、僕には理解できません。もし、誘いを断れないような存在を「友だち」と呼ぶのなら、僕は「友だち」なんていらないという考えです。

・「友だち」なんて、結局いつかはささいなことで離れるもの。「友だち」を作る努力をするくらいなら、「家族」を作る努力をしたほうがいい。

・本当にコミュニケーションが高い人は、話しかけるタイミングをちゃんと見ることができる人なんですよね。誰かれ構わず話しかけるのではなく、「この人は今しゃべっても大丈夫かな?」「ひとりぼっちで寂しくないかな?」とか、そういうのをちゃんと見極めることができる人なのかもしれない。

・他人に嫌われないためには、他人に好かれるためには、一体どうすればいいのでしょう。それは「他人に余計なことをしない」こと。だたそれだけで十分。

・できれば放っておいてほしい、できればひとりになりたいと思っている一方で、心のどこかでは、誰かに評価してもらいたいと切に願っている。

・基本的に「自分は差別される側である」と、最初から考えるようにしているんです。最初から自分でそう決めつけておけば、ちょっとやそっとのことにも動じない人でいることができます。

・自分で責任を取らずに、他の誰かのせいにしたり、社会のせいにしたりするから、世の中が生きづらいと感じるんです。

・人々が自由であるためには、ルールがはっきりしていることが絶対条件です。ルールがなければそれは自由ではなく、ただの無法地帯になってしまうから。

・僕が自由や時間を奪われるのを嫌うように、逆に誰かを誘うということは、その人の自由や時間を奪ってしまうことになるかもしれない。それは本望ではありません。

・「お金貸してよ」って言うのも勇気がいるのでしょうが、「お金返してよ」って言うほうがもっと勇気を要します。

・「孤独酔い」する人に関しては、最近では犯罪者にも多いような気がする。孤独であると思い込んで、そしてその孤独に開き直って、普通の人には思いもよらない過激な事件を起こしてしまったり。

・今いる状態を自分が嫌だと思うなら、まずは自分のほうから動かないといけない。自分は自分で他人は他人だから、ひたすら沈黙を続けても状況を変えることはできないですからね。

・若い人ならいざしらず、歳をとった老人が、病院の中でいつまでも生き続けているのは、どうなんだろうな?

・この世に生まれて一番の喜びは、自分の考えていることを実現することだと僕は考えます。それは、朝は何時に起床して、まずどこそこに行って、そのあとあそこに行って、お昼ご飯を食べよう……といった休日の過ごし方を考えることもそう。



ひとりぼっちを笑うな (角川oneテーマ21)

ひとりぼっちを笑うな (角川oneテーマ21)

  • 作者: 蛭子 能収
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/08/18
  • メディア: 新書



ひとりぼっちを笑うな (角川oneテーマ21)

ひとりぼっちを笑うな (角川oneテーマ21)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2014/08/15
  • メディア: Kindle版



タグ:蛭子能収
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『他人を支配する黒すぎる心理術』 [☆☆]

・ヒトラーは演説を黄昏時に行なうことにこだわりました。人間の思考や判断能力は、夕方になると疲労や周囲の暗さなどが相まって、激しく低下すると考えられています。

・男性をほめる場合は、相手の能力をほめることが重要です。その他に、能力の結果として得られたモノをほめるのも効果的です。

・逆に女性をほめる場合には、成果や結果をほめてもあまり効果はありません。それより、相手の行動や行為そのもの、つまり結果よりもプロセスをほめるほうが効果的です。

・一見、頼みごとというのは厄介なことを押し付けるイメージがありますが、相手からしてみると内容によっては頼りにされたと満足感や好意、親近感を感じるものなのです。

・頼みごとをして好かれるなら、自分にとって悪いことは何もありません。

・ウソをついているときのサインのひとつにまばたきがあります。まばたきは、相手の言動に動揺していて落ち着こうとしているときに多くなるからです。

・「ピーターの法則」では、もともと有能だった人が昇進することで無能になると考えられていますが、「ディルバートの法則」では「無能な者は周りの邪魔とならないように、意図的に昇進させられる」と、「ピーターの法則」より皮肉の効いた表現で指摘されています。

・ウソも100回言えば真実になる。

・じらされたり、あおられたりと感情が揺さぶられている状況では冷静な判断はできません。このようなときは絶対に「その場」での意思決定を避けることが「操られない」ための大切な心構えになります。

・他人からもらう「不自然で大きな利益」は信用しない。



他人を支配する黒すぎる心理術

他人を支配する黒すぎる心理術

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2013/09/10
  • メディア: 単行本



他人を支配する黒すぎる心理術

他人を支配する黒すぎる心理術

  • 出版社/メーカー: 発売:サンクチュアリ出版/発行:マルコ社
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: