So-net無料ブログ作成
検索選択

『英語は日本語で学べ!』 [☆☆]

・単語集の単語を暗記するだけではダメです。正しいゴールは、「1冊を60分で終わらせる」ことです。見出し語の日本語訳を即答できるまでやり込みます。1冊の単語集を60分で終わらせられるくらいのスピードで即答するのです。

・最終的には、約2000語を収録した単語集1冊を、60分を目安に即時翻訳できることを目指します。

・たんに「単語の意味を覚える」だけでは不足ですし、そこで終わらせてしまうのはもったいないです。単語の意味を覚えた後に「即時翻訳」ができるまでもうひと頑張りすれば、その単語は使える単語になったのに、中途半端なところでやめてしまうのは本当にもったいない。単語は、「即時翻訳」できるようになるまでやってゴールなのです。

・暗記をする過程で忘れることは悪いことと思われますが、実は「忘れて思い出す」というプロセスことが記憶には欠かせません。

・単語集を選ぶときは、高校受験用の単語集から始めましょう。『高校入試でる順 中学英単語ターゲット1800 改訂版』旺文社 693円(税込み)

・正しい口の動きは、コミュニケーション力のアップには欠かせません。極端に言えば、全く声を出さず、口の動きだけを見せさえすれば通じるのです。

・現在形。時間が「現在」かどうかは関係なく、「真実・不変のこと」を表す。

・過去形。目の前にないことを空想するときに使う。対象と自分との間に距離がある。

・なぜ「Could you ~?」と助動詞の過去形を使うのかといえば、「お願いすることは、実現していないこと」であることに加えて、他人に「お願いすること」は言いにくいこと、つまり「心理的に自分との距離がある」のが普通ですので、過去形を使うのです。

・進行形。躍動感があり、今にもはじけそうなエネルギーあふれるイメージ。このイメージから派生し、(1)今、起こっていること、(2)まもなく起ころうとしていること、(3)一時的なことなどを表す。

・過去分詞形。「すでに起こったことが後の時点にも影響を及ぼしている」状況や、「その影響が跡がはっきりと刻印されている」イメージ。

英語をスムーズに理解するためには、いわば料理の「味見」をするように、「一部から全体を推察しよう」という姿勢が大切です。

・「文章の組み立て方」である構文を知らなければ、自ら文を組み立てる「会話」ができないことは言うまでもありません。

・これまでに身につけた単語力や構文の運用力を高めるには、「よく知っていることを、英語で読む・聞く」、つまり、みなさんがよく内容を知っている日本に関するニュースなどを教材として使用するべきです。



英語は日本語で学べ! ---留学なしで話せるようになった私の“現実的な

英語は日本語で学べ! ---留学なしで話せるようになった私の“現実的な"学習法

  • 作者: 多田 佳明
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/02/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



英語は日本語で学べ!

英語は日本語で学べ!

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/02/27
  • メディア: Kindle版



タグ:多田佳明
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: