So-net無料ブログ作成
検索選択

『オートメーション・バカ』 [☆☆]

・ピントは20世紀アメリカ製造業のどん底を象徴する車だと言う人もいる。

・やることが少なくなったという喜びは確かにあったが、薄れていったのだ。新たな感情が入り込んできた――「退屈」である。オートマ車は私を運転手ではなく、乗客の気分にさせた。

・われわれは車をコントロールしているというよりは、車をコントロールするコンピュータに対して電子的インプットを行なっているのだ。

・結果は驚くべきものだった。人々は余暇のときよりも労働中のほうが、自分のしていることにより満足し、より幸福な気持ちでいたのである。

・人間よりもロボットのほうが、速く、安く、よりよく仕事をするのなら、その職はロボットが得ることになるだろう。

・雇用創出はこれまでになく遅々として進まず、失業率は頑固なまでに高いままだった。理由の説明を求め、犯人捜しを始めた人々は、いつもの容疑者にたどり着く――労働節約テクノロジーだ。

・感覚器官、計算する脳、物理的運動を制御するメッセージの流れ、学習のためのフィードバック・ループ。これがオートメーションの真髄。ロボットの真髄だ。そしてこれはまた、生物の神経系の真髄でもある。

・多くの工場では、会社の経営者よりも組合幹部のほうが、操業に関し大きな力を持っていた――支配権は労働者にあったのだ。オートメーションは、パワー・バランスを指揮者側に移行させる手段だった、

・コンピュータがムーアの法則に従って疾走していく横で、われわれの先天的能力は、ダーウィンの法則に従ってカメのようにのろのろと這っている。

・A320のフライ・バイ・ワイヤ・システムは、パイロットと飛行機との触覚的リンクを断ち切った。

・テクノロジーの進歩は、仕事内容と果たすべき役割とを必ず変化させるのであり、そのため、自らをどう見るか、および他者からどう見られるかをも、必ず変化させる。

・文明は、われわれが思考することなく行なうことのできる重要なオペレーションの数を増大させることで進歩する。

・オートメーション過信は、コンピュータがわれわれを偽りの安心感へと誘い込むことで生じる。機械は不具合なく動くだろう、難題にもすべて対処してくれるだろうと信じ込むと、われわれの注意力はさまよいはじめる。その結果、何らかの不具合を知らせるシグナルを見落としてしまう。

・自分たちは誤る存在であり、しばしばへまをやらかすと知っていたから、大工たちの古くからの格言に従っていたのである――二度測り、一度で切れ。

・人間の行なったインプットと、同価値のアウトプットしかコンピュータは行なわないと知っているにもかかわらず、コンピュータはへまをしないのだとわれわれは思い込んでいる。

・書かれたものを読んでいるだけのときよりも、積極的に心に呼び出しているとき――生成しているとき――のほうが、単語をはるかによく記憶する。

フラッシュカードを用いて「HOT」と「COLD」といった対義語のペアを覚えるとする。被験者の一部には、語が2つとも完全に書かれているカードが与えられる。例えばこんな具合だ。HOT:COLD 他の被験者が使うカードでは、2つ目の単語は頭文字しか書かれていない。HOT:C そののち、対義語のペアをどのくらい覚えているかテストしたところ、文字の欠けているカードを使った集団のほうがはるかに成績がよかった。空白を埋めようとしたことが、つまり見るだけでなく行動したことが、情報のより強力な定着につながったのだ。

・弱すぎる刺激も強すぎる刺激も学習を妨げることになる。中ぐらいの刺激が最高のパフォーマンスを引き出すのである。

・情報過剰の悪影響を、私たちはみな知っている。一方で、情報過少もまた、同様の弱体化効果をもたらすことがあるとわかっている。

・いかによい意図に基づいたものであろうと、物事を簡単にすることは裏目に出ることがある。

・人間の「注意力のキャパシティ」が、実際に「精神的仕事量の減少に応じて縮小する」証拠を発見している。

・あまり試されていない新しいコンピュータ・システムを大急ぎでインストールすれば、しかもそれがテクノロジー企業やアナリストの主張で加速された場合であれば、必ずと言っていいほど買い手は幻滅し、売り手は大儲けする。

・「コンピュータ・シミュレーション・モデル」による見積もりは、常に懐疑的に見る必要があるということだ。シミュレーションは単純化でもある。現実世界を不完全にしか複製せず、アウトプットにはしばしば作成者のバイアスが反映される。

・目標はもはや、人間の思考の「過程」を複製することではなく――それはまだわれわれの理解の及ばないところにあるからだ――思考の「結果」を複製することになっている。

・コンピュータ科学者たちは現在、精神が生み出す特定のもの――雇用に関する決定だの、雑学クイズへの回答だの──に注目し、精神を持たないコンピュータが、同じ結果に到達するようプログラムしている。

・空間の認知地図の形成を行なえば行うほど、それを支える記憶回路は強化されるようなのだ。運動によって筋肉が鍛えられるのと同様に、海馬内の灰白質がこれによって実際成長することもある。

・ナヴィゲーションに使用されないせいで海馬が委縮しはじめた場合、記憶全体の喪失と、認知症のリスクの増大につながる。

・社会はさまざまな意味で海馬を縮小させる方向へと動いています。今後20年の間に、認知症発症はどんどん若年化していくだろうと思います。

・よい建築は生活を引き上げ、悪い建築や凡庸な建築はこれを損ない、もしくは安っぽくする。

・CADソフトウェアは、デザインを図面へと変えるツールから、デザインそのものを作り出すツールへと変わってきたのだ。

・数値制御、やむことのない労使間闘争に直面し、労働者と組合の力をそぐべく、機械のオペレーションのコントロール権を欲していた経営者や管理者たちにもアピールしたのである。

・ゲーミフィケーションは、フロー状態のダークサイドを利用する。人間は、フロー状態がもたらす快楽と報酬を維持しようとして、ソフトウェア使用に耽溺することがある。

・自動運転車の登場は、機械が「倫理体系」を持たねばならない新たな時代の始まりを告げているのだ。

・完璧な道徳的アルゴリズムなどなく、誰もが賛同できる規制へと倫理を還元する方法もない。哲学者たちは何世紀もそれを試みてきたが、上手く行かなかった。

・ビジネスにとっては、顧客を哀願者に変えるのが一番なのである。

・何かを真に理解するには、信頼だけでなく不信頼も必要である。

・生きることと知ることの両方にとって、中心となるのは行動なのだ。

・オートメーションがわれわれに突きつけるのは、労働なき労働者の社会、すなわち、労働者に残された唯一の活動が奪われた社会という展望である。もちろん、これ以上悪い状態はありえまい。

・世界はあまりに予想がつくものとなり、挑戦すべき課題が生活からなくなり始めました。課題がなくなれば、人生に意味はありません。



オートメーション・バカ -先端技術がわたしたちにしていること-

オートメーション・バカ -先端技術がわたしたちにしていること-

  • 作者: ニコラス・G・カー
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2014/12/25
  • メディア: 単行本



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害』 [☆☆]

・社会生活にしろ職業生活にしろ、決めることができないと次に進めない。生活自体が滞っていく。

・下手な鉄砲も数打ちゃ当たるではないが、撃つのをためらっていたのでは、当たりようがないことになろうか。

・社会で生きていく上で、重要なスキルの一つは、人に頼ったり、助けを求めたりするということだ。

・何事も面倒くさい人にとって、人に頼るのはひときわ面倒くさい。人に助けを求めることは、自分でやる以上に、面倒だと感じてしまう。

・回避性パーソナリティ障害は、自分への自信のなさや人から馬鹿にされるのではないかという恐れのために、社会とかかわることや親密な対人関係を避けることを特徴とする状態である。

・回避性の人が、人に会うのが億劫になってしまう要因として、人見知りが強く、会うと緊張し、うまく喋れないということもあるが、会った後まで、その時のことを引きずり続け、気持ちが動揺し、すっかり疲れてしまうということもある。

・シゾイドパーソナリティ障害とは、対人関係を持つことに喜びや関心が少なく、孤独なライフスタイルを好むタイプである。

・顔を合わせたりすること自体が面倒なので、わざわざ労力を用いてまで、会いに行こうとはしない。相手からの誘いには応じても、自分から誘ったり、電話を掛けたり、訪問したりということはしないことが多く、相手が働きかけるのを止めてしまうと、急速に交流も途絶えてしまう。

・傷つくこと、言い換えれば自分の世界が壊されることを恐れるということではないだろうか。

・チャレンジどころか、やれば簡単にできることさえも、とても難しいことのように思い込み、避けようとする。

・釈迦をはじめとして、偉いお坊さんたちは、みんな家族を捨てて、修行僧となり、愛着を断った。それで、そのお坊さんは救われたかもしれないが、捨てられた家族はどうなったのか。彼らは、見捨てられることによって愛着の傷を抱え、苦しむことになったに違いない。

ミルク一つ与えるのでも、時間が来たからそろそろ与えなければという与え方は、この応答性を無視したやり方である。赤ん坊が、おなかが空いたと泣いたときに与えるという与え方が、子供の主体性を尊重した、応答的な方法と言える。

インターネットスマートフォンが提供する溢れるような情報やゲームといった手っ取り早い気晴らしは、視野の狭窄を助けてくれる優れた装置だ。そこに眼差しを向けている限り、その間だけでも、自分が傷つくかもしれない嫌な現実を忘れていられる。

・どうせ自分はダメだという思い込みは、しばしば親の評価を映したものである。

・ことに、親が期待をかけ、口出しすることが、子供に愛情をかけることだと勘違いしている場合には、親の期待は、害しか生まなくなる。

・感情的になるような人は、もはや古いタイプのリーダーであり、新しいタイプの組織に居場所はない。

・回避性の人を動かしている最大のモーメント(動因)は、不安である。不安から逃れようとして、新たな負担や決断を回避しているのである。

・彼を支えていたのは、底抜けの楽天性で、彼の口癖は、「死なないことに決めている」というものだった。

・人生の扉とは、どこでどうつながっているかわからない。少なくとも扉を開けてみないまま素通りしたのでは、どこに行くこともできない。

・ああした方がいい、こうした方がいいという助言をすることは、何が正しいかということしか見ていない対応であり、本人が「正しいこと」をさせられ続けて、今の状況に陥っているという一番肝心なことを忘れているのである。

・それが正しいかどうかではなく、彼に今何が必要かという視点で対応することが求められていた。

・回避性の人は、やろうかやるまいか悩んだとき、いつもやらない方に逃げてきたことが多い。それで、チャンスが全部逃げてしまっている。そこを、やってみる方に変えるだけで、人生は着実に変わり始める。

・迷ったらやる。小さいことを一つやってみる。それを実践するだけで、人生は変わり始めるだろう。






生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害 (朝日新書)

生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害 (朝日新書)

  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/06/13
  • メディア: Kindle版



タグ:岡田尊司
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『恋愛しない若者たち』 [☆☆]

・今の若者にとって、恋愛は人生に欠かせない「必需品」ではない。あってもなくてもいい「嗜好品」、SNSやネットゲームと同じ、単なる趣味の一つなんだ。

・「超情報化社会」がもたらした功罪・恋愛の趣味化。膨大な情報開示による、ときめきとチラリズムのの消失。

・いつでもどこでも小腹を満たせば「お腹が空いた」とは感じにくい。

・バブル戦士の父親。総じてわが子には優しいのに、妻には上から目線で配慮が足りない。

・これだけSNSで人脈を拡げられる時代では、何にでも詳しい1人のマルチプレーヤーに頼るより、その道にだけ長けたセミプロやちょいエキスパートを何人もストックして使い分けるほうが、分野別に詳しい情報を得られる。

・母親の青春時代(おもにバブル期)は「三高」男性が理想とされたが、今の若い女性が望むのは、私が「三平」と呼ぶ男性像。すなわち平均的な年収、平凡な顔立ちで、平穏な性格。

・権力者や力で勝る人の側は、弱い立場の人々に「何か意見はない?」「本当にいいの?」と、意識的に聞きながら物事を進めねばならないだろう。

・努力が報われると思えば希望が生じる。でも努力しても無駄だと思えば、絶望が生じる。

・「ロールモデルの不在」は、対親だけではない。哀しいかな、職場や周りにも「ああなりたい」先輩は少なく、逆に「ああはなりたくない」上世代が多い。

・基本は、今の日本の若者のように「おうちデート」。男性が女性の自宅を訪ねる「夜這い(通い婚)」ばかりで、決定権は女性に合った。平安時代までは、男性が女性の家に婿入りする、「婿取り婚」だったからだ。

・よく男性は、結婚数年後から太り始め、「幸せ太り」とも言われるが、あれは科学者の間では、「生理的に代謝やテストステロンが減ることで、ゴツゴツしたセクシーな男らしさが失われ、太りやすくなるため」だとされている。

・恋愛と結婚は元来、相容れないどころか、相反するもの。極端に言えば、「混ぜるなキケン」なのである。

子供の頃からケータイやネットを通じ、周りとゆるくつながってきた彼ら。我々大人たちの何倍も、ひとりでいるのが怖いはずだ。

・彼らがデモで高々と掲げたプラカードは、プリント用のフォーマット(専用番号や画像)が若者らにツイッターで拡散し、コンビニの専用端末を介して大量に刷られたものだ。

・現20代の多くは、仲間うちで自分だけが孤立することを過度に恐れる。少数派の段階では「それは違う」と表明しにくいが、何かをきっかけに周りが声をあげ始めれば、「実ば僕も(私も)そう思っていた」と共鳴する。その数が、SNSのスピード拡散力も手伝って、アッという間に膨らむのだ。



恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)

恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)




恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)

恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)

  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2015/09/25
  • メディア: Kindle版



タグ:牛窪恵
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ: