So-net無料ブログ作成

『執行官 狡噛慎也 理想郷の猟犬』 [☆☆]

・数字は人の命を救う。中世ヨーロッパで強力な伝染病――ペストが大流行したとき、それを封じ込めたのは医学ではなく統計学の力が大きかった。

・身近な人間の死はたとえひとりでも悲劇だ。しかし百万人の死は、感情を超えて統計の問題になる。

・罪を犯したのは人間だ。現場に残っているのは指紋やDNAだけじゃない。そこには人間の心のカケラも散らばっているはずなんだ。

・異常者っていうのは、自分の趣味や世界観のためだけに人を殺すような連中だろう? 過去の記録を見る限り、そういう連中の犯罪は雑だ。

・頭が悪すぎて異常に見えるやつと、頭が良すぎて異常に見えるやつ。この二種類を混同しちゃいけない。

・古代中国では戦争の際、敵を包囲してもどこか一箇所は「逃げ道」を用意しておいた。逃げ道がない敵は必死に抵抗する。必死に抵抗する敵よりも、逃げる敵の背中を追いかけるほうが効率がいい。

・人間の運動能力には謎が多い。報酬系快楽物質のエンドルフィンにしても、長時間の持続的な運動によって分泌させるのは高等哺乳類では人間だけらしい。

・「健全な精神は健全な肉体に宿る」。私ふうに言い換えればこうです……「肉体の変化が精神を成長させる」。遺伝子にはON・OFFスイッチのようなものがあり、それを決めるのは身体的な刺激という説もある。

・趣味も仕事も、全部延長していく。すると、すべてがゆるやかにつながる。

・あなたに掘り出されただけだ。いま、質問されるまで、この答えは存在していなかった。

・何らかのトリックに「ごまかされる」ことはあるかもしれない。つまり――ドミネーターが間違っているのではなく、ドミネーターの使い方が間違っている可能性。

・実戦慣れするというのは、より短時間でより的確な行動を選ぶということだ。

・ためらいなく素手で人間を攻撃するのには素質がいる。単純な暴力性だけはない。緊急時でも冷静に判断する胆力の話でもある。

・佐々山の葬儀は、下手をすれば金持ちのペットよりも雑な、簡素なものだった。

・暴力性が発揮されたのは、人類が「社会」を構成し始めてからだ。

・人間が暴力的な生き物なんじゃない。人間の社会が暴力を育てる。

・子供がいなくなったら、大人もいずれいなくなる。よほどのバカじゃない限りわかるはずの、当たり前の理屈だ。……ところが、どうも世の中はバカだらけみたいでな。

・テクノロジーに頼りすぎれば、テクノロジーを失ったときに何もできなくなる。

・こちらが一歩でも退いたら、悪党は二歩三歩と踏み込んでくる。

・チームワークってのは、先頭を走るやつがいないと生まれないものなんだ。



PSYCHO-PASS サイコパス 執行官 狡噛慎也 理想郷の猟犬(ユートピア・ハウンド)

PSYCHO-PASS サイコパス 執行官 狡噛慎也 理想郷の猟犬(ユートピア・ハウンド)

  • 作者: 深見真
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2015/04/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:深見真
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ: