So-net無料ブログ作成

『50オトコはなぜ劣化したのか』 [☆☆]

・「大人買い」の語源は定かではないが、2000年前後からマスコミを中心にこの言葉が流通し始め、2008年には『広辞苑』にも収載された。

・「本当に中身のあるおもしろいやつと思われたければ、ペラペラしゃべるのは逆効果」ということだ。

・コミュニケーションを取ること、とくに言葉を重ねてのかかわりは、時によっては相手を喜ばせたり癒したりするどころか、かえってその心を傷つけることにもなりかねないのだ。

・いまどきの若い会社員は、職場に「好き、嫌い」といった人間関係の問題をすぐに持ち込んだり、容易に「傷ついた、嫌われた」と思い込んだりする傾向があるようなのだ。

・若い社員は「わかる?」「どうなってる?」と言われただけで、「怒ってるんだ」とネガティブに受け取り、さらに「見捨てられた」「嫌われている」と、それを人間性への評価だと感じて、プレッシャーを受けてしまうようだ。

・笑顔が出ないくらいならまだよいが、日中のうさを晴らすかのように、「今日も一日ゴロゴロしていたんだろう?」「オレが高給取りの医者でよかっただろう?」などと、相手の人格を頭ごなしに否定するような発言をしてしまう人もいるようだ。

・忙しい現代、誰もが「売り言葉に買い言葉」とばかりに、思ったことをすぐ口に出したり、誰かの言葉に脊髄反射的に反応したるすることが多くなった。

・その50オトコは自分の持てるエネルギーのかなりの部分を、社会的な何かにではなく自分ひとりの私的なこと、しかも未来ではなく過去のことにあてているのである。

・無責任な大学教授コメンテーターの井戸端会議と政治は違う。井戸端会議はしゃべることが目的、何一つ解決しなくても良い。

・「私は常にまわりの意見に耳を傾けてきた」と言うことにより、「結局、こんな状況になったのも、まわりが正しく判断しなかったから」と自らの責任を回避することもできる。

・保守化傾向や愛国主義ともいえる動きの背景には、「日本の価値が相対的に下がるということは、それを写し鏡にしている自分の価値まで失われることだ」という直観的な理解があるのだろう。

・「ウチの子はね、洗濯機が止まっているのに水が出っぱなしになっていると、自分では止めずに、「お母さん、水が出てるよー」と呼ぶんですよ」 彼女は最初、それは母親が息子の欠点を語っているのかと思ったが、どうも違う、と気づいた。息子を自慢しているのだった。

・あんた、なに考えてるの? いや、ホントはなにも考えていないからずっと黙ってるんでしょう? まわりがあなたにカリスマ幻想を投影してくれるのを、じっと待ってるんだよね?

・それほどまでに「施設に預けるのは絶対イヤ」と思っているなら、せめて自分がもっと介護の担い手になるべきであり、妻にだけ負担をかけるのはおかしいはずだ。しかしそれに関しては、「オレは忙しいから」と、親の老いの現実、介護の現実から目を背けようとしているのである。

・「昔はよかった」 男がこれを口にするのは、ほとんどが現在の価値観や技術に自分がついていけなくなったときだ。

・いまはパートナーでもない女性、とくに若い女性や幼い女性に性的な視線を向けたり、それを感じさせる言動をしたりすることは、世界的に禁じられる方向にある。



50オトコはなぜ劣化したのか (小学館新書)

50オトコはなぜ劣化したのか (小学館新書)

  • 作者: 香山 リカ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/07/01
  • メディア: 新書



50オトコはなぜ劣化したのか(小学館新書)

50オトコはなぜ劣化したのか(小学館新書)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/06/06
  • メディア: Kindle版



タグ:香山リカ
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『MORI LOG ACADEMY 10』 [☆☆]

・たとえシステムが新しくなっても人間(あるいは体質)が古い。

・そうやって少しずついじっていくうちに本当に自分の機関車になる。自動車の改造なんかをする人も同じ感覚だろう。

・いつまでもこつこつ同じ作業を続けて、それで満足している。仕事をしているのだ、努力しているのだ、というつもりになっている。

・失敗というのは、世間では実は価値が認められていなかった(実は安物だった)という意味ではない。自分で選んで、自分が気に入っていれば、それは失敗ではない。自分の目が肥えて、その価値に幻滅した、というような場合のことである。

・形を把握するのも、思考のうちということ。どんな形も全体はけっして見えない。見えないものを、見たように人間は脳で処理し、把握する。現実とは、つまりそういうふうにして脳で作られるものだ。

・機が熟すというのは、絶好のチャンスが来るという意味ではなくて、もうこれ以上待ちきれない状態のことらしい。

・TVには、「どう感じれば良いのか」という見本を見せてくれる人たちがスタジオにいる。その人たちが「可愛い!」と叫べば、それは可愛いものとして視聴者に伝わる。「感動した!」と言えば、それで感動する人が多い。

・以下の4パターンがあったとしよう。A「凄いことを凄く描く」 B「凄いことをあっさり描く」 C「凄くないのに凄く描く」 D「凄くないことをあっさり描く」 自分で感じられない人は、AやCを凄いと思い、BやDをあっさりしていると思う。自分で感じられる人は、Bを凄いと思い、AとDを普通だと感じ、Cには眉を顰める。

・古い体質の組織というのは、どうしてそんなに頭の固い人間ばかりなのか、と不思議に思うけど、そういう人間でないと勤まらないのだ。

・夢を見るコツは、見たあと目を開けないことである。完全に起きてしまうと急速に忘れてしまう。まどろんだ状態をできるだけ持続して、目を瞑っているうちに、夢の復習をする。そうすると覚えていられる。

・芸術作品というのは、「よくここまでやったな」という「労力」を評価するものではない。労力をかければ誰にでもできることではなく、「これは、こいつにしかできない」と見た人に思わせるものでなくてはならない。

・「社会が混乱する」というのが抵抗勢力の主な理由だ。こうして、混乱したくない、今までどおりで良い、といつまでもだらだらと同じことを繰り返す。

・子供も犬も、小さいときほど叱らなくてはいけないのは同じだ。たとえば叩いたりするのは、未来に不利益があることを、目前の不利益で代用して教える行為だ。

・躾は、対外的(あるいは社会的)なルールを教える行為なのである。そして、それを学習すれば、外へ出ていったとき本人が受ける障害が減少する。別の言葉でいえば、「自由」が得られる。

・自分が何が好きかとか、今日は何を食べたとかではなく、世界に発信できる普遍的なコンテンツをネットにアップしてほしい。

・第一世代は、いろいろな人間がいたはずなのに、その組織が安定期に入ると、その仕事に憧れた人間しか入れないようになる。自分の好きな仕事をしたいと考えるのが自然だし、また就職の面接でも、どれだけその仕事がやりたいのかを問う。だから、当然仲間が集まる。これはつまり「ファンクラブ」みたいなものだと考えて良い。

・作るものがない、お金がかかる、と渋る人は、たとえば自分の部屋を徹底的に片づけてみよう。奇麗な部屋を「作る」のである。

・ものを作り上げるときの最大の難関は、作り始めること。最初の第一歩である。

・シリアスな絵やフィギュアの方が、デフォルメしたキャラよりも、ちょっとしたギャップが目立ったとき不愉快さを感じる。

・少しずつ、不可能を少なくしていきたい。不可能がなくなることが、つまり自由だと思う。

・高くなると客に逃げられる(買い控えがある)、というような商品の場合は影響があるわけだけれど、そこにしかないもので、どうしても買わなければならないものなら、為替相場は売る側には影響しないわけだ。

・頭の半分は、いかに表現するかを考え、もう半分は、それがどう伝わるのかを予想する、それが文章を書く作業だ。

・奇数をn個足していくと、その和は、n^2という一般解が求められる。

・思考は、「駄目だ、もう考えられない」と思うところまで、及ぶ。そこが思考の限界である。人は無意識のうちに、「それは自分にはできない」と諦め、自分の限界を決めている。

・既存の情報から選択することは機械でもできる。人間に求められている能力とは、想定外のときに、これまでの経験をどう応用できるか、ではないだろうか。

・コンクリートの比重は約2.3で、普通の石や岩よりも少しだけ軽い。アルミよりも軽い。

・Oリングの「O」は、リングの形のことではない。ゴムの部分の断面が円形であるため、この名前がついている。

・壊れないことがまず大切であるけれど、万が一壊れるときには、どこがどう壊れるのか、どの順で崩壊するのか、ということが予測できることが「安全」である。

・科学というのは、現象を説明する仮説である。その仮説に例外が発見されるまでは、それが法則となり、つまり真実として扱われる。

・欲しいものは高くても買う。そうでないものは、いくら同じメーカのものでも、いくら安くても絶対に欲しくない。だから、福袋を買う神経が信じられないのだ。

・C57はそのスマートなフォルムから、マニアの間では「貴婦人」と呼ばれている。また、C56は「高原のポニィ」と呼ばれている。

・新しい建物がどんどん建つわりに、古い建物の修復には予算がつかず、ずっと放置されている。日本では、どこにでも見られる光景だ。

・子供に「勉強しろ」と言うまえに、大人がもっと勉強すべきなのだ。

・サザエさんを見ると、現代の年齢層とかなりかけ離れていることに気づくはずだ。アナゴさんは20代の設定である。キャラクタが今の年齢よりも上に見えるのは、寿命に関する相対的な感覚の差によるものかもしれない。

・人はノウハウを蓄積する器だ。

・社会の問題というのは、起こって初めて気づく、というようなものはほとんどなく、必ず何年もまえにそうなることが予見されている。少数の人が予兆から未来を予測して警告する。大多数は「今と過去」しか見ていないので、警告は聞き入れられず、したがって予見のとおりになる。

・悪いのは加害者だ。そんな人間に誰がしたのかって? ほとんどは自分でなったのだ。本人に最も責任がある。どうして、周辺へさらなる理由を求め、原因を拡散しようとするのだろうか?

・渡辺式記憶術では、「チャップリンが一里塚で綿菓子を作った」と覚えます。どういうことか、ご説明しましょう。チャップリンは「チ」で始まります。これは五十音で17番目なので、17世紀=1600年代を表わします。「綿菓子」の「わ・た」あ、ワ行とタ行の音なので、五十音表の10行目と4行目。だから0と4を表す。1600と合体させると、1604という数字ができあがり、それは何かというと「一里塚」に関係している。よって「1604年、一里塚設置」となるわけです。



MORI LOG ACADEMY 10 (モリログ・アカデミィ 10) (ダ・ヴィンチブックス)

MORI LOG ACADEMY 10 (モリログ・アカデミィ 10) (ダ・ヴィンチブックス)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2008/06/18
  • メディア: 文庫



タグ:森博嗣
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『MORI LOG ACADEMY 11』 [☆☆]

・愚痴を言う人には近づかないことにした。聞いてもしかたがない。こうすれば良い、とアドバイスをすることは可能だけれど、本人にその不満を解消する気がないのだから。

・「忙しい」と口にする人間にかぎって大した仕事をしていない。

・仕事というのは、得られた賃金に値するようなものを返す行為である。楽しいから、好きだから、憧れていたから、という動機で仕事をする人間には、その自覚が欠けていると感じる。

・保守的な受け手は、常に天才の過去の成果を受け入れ、現在には眉を顰める。おそらく、既に定着し、変化しないとわかって、初めて安心できるのだろう。

・自覚のない思い込みが保守性の最大要因だということ。何故なら、多くの人々は、少し時間が経てば、新しいもの(新しかったもの)をちゃんと受け入れているからだ。

・サイズは72分の1で、飛行機のモデルでは一番メジャで世界で統一されたスケール。

・保守を支持し続けると「無駄」が蓄積する。その場その場では最適な選択をしていても、結果的に無駄になるのである。「革新」を選択するには、よほどの不具合があって、しかも余裕があるときに限られる。

・「やることがある」という状況は、考えなくても良いし、ただこなせば成果が出る。精神的にとても楽な状況だ。

・犬を公園で放す行為は、いずれ犯罪として扱われるようになる。

・ガーデン・レールウェイは、90年代からブームになっているように思われる。ただし、大半は45mmゲージの小さい機関車で、人がライド・オンできる大型のものではない。

・「現場で対処できる力」こそ技術者の本領である。

・文章を書く、という行為は、観察や思考の描写なのだが、そこには必ず「単純化」か「複雑化」がある。ノンフィクションは単純化であり、フィクションは複雑化である。

・新聞で華々しく書かれていたら、「もう終焉」と思えてくるほどだ。

・自殺をする理由はいくらでも、どこにだって見つけられるだろう。だから、そういった理由を排除することも大事だけれども、少なくとも、生きる理由を探したり教えたりした方が良い。

・生き続ける理由の大半は、もしかしたら将来もっと面白いことがあるかもしれない、という淡い期待にすぎない。

・TVのクイズ番組を見ればわかるとおり、今は正解者だけがご馳走にありつけるシーンが頻出する。罰則ではなく、ご褒美なのだ。そして、もらえない人も「悔しいなあ」と笑い飛ばせるところが、豊かになった証拠である。

・よく、若者が何かにチャレンジして、やり遂げる映像を見る。終わるとさっぱりとした表情で、「やれるだけのことはやった」的な喜びに溢れている様子だ。あれは変だと思う。そんな喜びが込み上げてくるようでは、その分野でその人物は成功しないだろう。駄目だった。できなかった。足りなかった。失敗だった。という思いに支配されなければ、次のステップはない。

・地球規模で水や食料が不足している、という話題も非常に多い。でも、どうして誰も「人間が多すぎるのだ」と言わないのかな?

・朝も昼もきっちり食べないと健康になれない、と吹聴して、食べ過ぎたら薬を飲めと宣伝している。

・自分が嫌だと感じるストレスよりも、人に嫌な思いをさせるストレスの方がはるかに大きい。

・世の中の大勢は、TVを見ても、本を読んでも、単に「そのとおりだ」と確かめたいだけなのだ。

・社会や政治のせいにするか、自分で改善なり変更なりするのか、それによって未来はきっと違ってくるだろう。

・小さな幸せが感じられる敏感さこそが、本当の幸せというものだろう。

・TVで、お年寄りが「貯金を取り崩さないと生活していけない」と嘆いている場面を流していたけれど、それって、普通なんじゃないだろうか。そのために(老後に備えて)貯金をしたのではないのか。それとも、貯金はすべて子供や孫のためだったのだろうか。

・国際化というのは、外国へ遊びへいっておしゃべりをすることではない。世間話ができて楽しんでもしかたがない。世界に通用するなんらかの技能を持っていることがまず第一条件であり、そういう人材を育てることが、国際化指向の教育だろう。

・鉄は熱によって伸び縮みをする。だいたい1℃で10^(-5)くらいだから、10mの長さならば、0.1mmだ。25mのレールでは、30℃の寒暖で8mmほど伸び縮みする。

・エンジンとは、燃料を力にエネルギィ変換する「機関」のことだが、モータは単なる出力装置であって、スピーカや電球などと同様に、エンジンではない。

・どんなに「出血大サービス」「赤字覚悟で」なんて謳っていても、トータルで損をするようなことは絶対にしない。口では「安くご提供して、お客様に喜んでもらうことが私たちの仕事です」なんて言っているけれど、「安く」すれば、その分、客が増えるから「増収」になる、と見込んでいるだけだ。

・年寄りの運転手ほど、客を乗せているときに携帯電話を受けて話をする。年寄りほど、マナーを守らない。つまり、ルールに対しても緩慢になってくるようだ。そうならないように気をつけよう。

・組織とは、金が出る方を向いて尾を振る単純な仕組みである。

・「公共」とは、民から金を集め、民の意向を選挙で取り入れる「民営」なのだ。

・生産者と消費者のバイパスができると、中間は不要になってしまう。そういう弱い立場なのだ。弱いからこそ、虚勢を張って、自分たちがいなければこの業界は成り立たない、と主張し、立場を守ろうとする傾向がある。

・ネットはセキュリティの問題がある、と考えている人が多いかもしれないが、銀行や郵便局へ実際に出向くことの方が、はるかに危険だ。

・ネットのセキュリティ問題が、いかにもユーザにとってのリスクのように言い訳的に使われているけれど、そうではなく、主として銀行やカード会社のリスクなのだ。それをユーザの心配にすり替えているようにしか見えない。

・スポーツの多くが「戦い」を模擬しているし、戦闘能力を鍛えるために生まれたことに関係しているのだろう。「平和の祭典」なんていっているが、元を辿れば、そこはかとなく戦争ムードなのだ。

・食べる量は、夏も冬も一定だ。これがまずいのだろうか。野生動物は、夏の方が沢山食べるものがあるわけで、冬はカロリィの摂取も減るはずである。それを見習って、冬はカロリィを控えめにすれば、だいたい同じ体重が維持できるかもしれない。

・本の仕入原価は、本体価格の78%。つまり、1冊につき本体価格の22%しか売上げがとれません。



MORI LOG ACADEMY〈11〉飛行少年の日々 (ダ・ヴィンチブックス)

MORI LOG ACADEMY〈11〉飛行少年の日々 (ダ・ヴィンチブックス)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 文庫



タグ:森博嗣
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ: