So-net無料ブログ作成
検索選択

『MORI LOG ACADEMY 12』 [☆☆]

・役所は土日にこそやってもらいたいものだ。

・基本的に、人間を見るときには、プラスの部分しか見ない。良いところだけを探して、そこを活用することだけを考える。

・好きなものだけを自分の周りに置く。そうすれば、自然に自分の好きな空間になる。

・ハイソサエティの人というのは、ビジネス、ボビィ、スポーツ、レジャにそれぞれの嗜みがある。

・hobbyというのは、「個人研究」と訳すべきワードだった。「趣味」と訳してしまったため、日本人の語感として、「遊び」「素人」「仕事ではないもの」「余暇」といったイメージに長らくなっていた。

・大衆の感覚は決定的に遅い。大衆に人気のあるものは、既に終わったものであって、これから来るべきものではない。

・田舎には鉄道もないし、農業や漁業にはガソリンが大量に必要だし、CO2をまだまだ出さないと生きていけない。

・そもそも、周囲に注意を払わない人間だからこそ問題を抱えるような事態になったわけである。

・大声で怒鳴り散らすというのは、恐怖の裏返しだったりする。

・オーディオって、すべて気のせいだとは思うけれど。気のせいのために、何百万もつぎ込むのは、どんな趣味分野も同じこと。

・普通の視野しかないと、普通より大きいものが見えないのだ。

・どんなものでも、「やってみせる」ことが、「口で教える」ことに優る。子供勉強しろと言うよりも、大人が勉強してみせる。

・組織も人間も、低迷期における蓄積が、その後の成功の基になる。表向きに調子が良いときは、消費しているだけで、成長は止まっている。上手くいかないと悩み、世間から酷評されているときが、力を蓄えている期間なのである。

・人に自慢したり、見せびらかすことに金を使わないとなると、大金を使う機会なんて、まずないように思われる。

・範囲が限定されることは、初歩のレベルでは難しい面もあるけれど、プロフェッショナルなレベルでは、むしろ楽であることが多い。自由に発想しなさい、ということの方が、難しいと思う。

・宝くじよりも何万倍も成功率と期待値が高いのは、ごく普通の「勤勉」である。

・「新しさ」や「快適さ」だけで価値が見出せるのは貧しかった時代のことで、やはり、なんらかの「新しい魅力」を持ったものを作らないと、既にある古いものに勝てない。

・いろいろな分野で、体裁は整っているけれど輝きがない、というものが増えている。

・商売のセンスというのは、やはり計算だと思う。なんでも計算する。常にデータを分析し、今がどんな状態なのかを把握することに尽きる。

・蒸気ロボットで遊んだ。扱える人が限られる技術系のおもちゃである。日本にはこういう不親切な製品はたぶんないだろう。だけど、面白い。

・人間は歳をとるほど、あらすじを追うようになる。ディテールはどうでも良いから、本筋を早く知りたい、と思うようだ。逆に、若者ほどディテールに拘る傾向がある。

・膨大な費用と労力を費やして大宣伝をしても、結局は「宣伝につられて手にとってはみたけれど……」というような消極的な消費を増やすだけで、それによってビジネスの強固な地盤が築かれるわけでは全然ない。

・犬は風というか、周囲の空気を鼻で眺めている。

・自分の意見を持たない者も増えた。「誰某がこんなこと言っているらしいけれど、どうよ?」「ああ、それなら、こんなこと言ってた奴もいるみたいだよ」というリンク先を交換するだけで意見交換をしていない。

・人の評価を気にする者は人並みになる。

・受けることは、与えることよりも簡単だ。いつでもできる。受ける側の中では、「選び上手」というくらいのわずかな優位しかない。受け続けることで、知らず知らずのうちに支配されている。一方。与える側には、作り出すことでしか得られないものがあって、それが顕著な「優位」を生むだろう。一線を画するものがここに存在する。

・誰でも、最初は大雑把に理解する。大雑把な人と、そうでない人の違いは、つまりは、その後に詳細な部分へ観察や検討が向かうかどうかの差であって、ようするに、大雑把な人は「詰めが甘い」といえる。

・「個人責任」を「お上の責任」に転嫁する癖(風習)が日本人にある。

・ドラマみたいな長い台詞は絶対に口にしないのが現実である。

・子供のしゃべり方を見れば、その家のレベルがわかる。何のレベルかって? もちろん、人間のレベルである。

・イギリス旅行中の車窓から黒い羊が見えたとき、「あ、イギリスの羊は黒いんだ」と口にするのが文系、それを理系が、「イギリスには黒い羊がいる、というだけのことだ」と窘める。しかし、それを聞いていた数学者は、「我々にわかったことは、羊のように見える動物の、こちら側が黒い、ということだけである」と言う。

・最近では、ラジコン飛行機の無線機が、2.4GHzになった。飛行機は障害物がない、機体が見える範囲で飛ばすから、問題はない。混信に強いし、装置は小さくできるし、メリットが大きい。

・技術が成熟した社会に生まれた世代には、「理屈」というものが欠落している。どういったメカニズムでそれが成り立っているのか、ということを意識する必要がない。理屈の存在を知らないことで、技術は魔術と等しい存在になる。

・調べるだけで、もう研究をしたような気分になる。たしかに「専門家」あるいは「評論家」にはなれるかもしれないが、他人の研究成果が語れるだけでは、「研究者」とはいえない。

・これまでは普通だったことが、既に悪いこと、そして犯罪になりつつある。新しい認識に、常に敏感であってほしい。

・10歳の子が100歳の老人と同じ知能を持っていれば、知能指数は1000になるけれど、100歳の老人の知能っていうのは、明らかに若者の知能よりも衰えているはずだ。

・「誰でも良かったから殺したかった」という無差別殺人が近頃話題になっている。誰でも良い、無差別、といっているわりには、ちゃんと自分よりも弱い者を選んでいる場合が圧倒的多数である。

・URLは、ユニフォーム・リソース・ロケータの略で、インターネットにおける所在を表すもの。日本語では、「統一資源位置指定子」というらしい。

・単なる「税金の無駄使い」と見るか、「文化的な豊かさ」と見るかは、その人の「文化度」によるだろう。

宅配便がこんなに発達するとは思わなかった。人間を運ぶ自動車システムも、なにかもっと効率の良いやり方がありそうな気がする。

・人間は誰でも、自分だけ良ければ良い、今が良ければ未来のことなど二の次だ、人類が滅亡しようが俺の知ったことか、と考える。したがって、大衆の合意によって決断しているかぎり、未来への借金を繰り返すだろう。

・素人のブログの方が、ずっと不適切な表現、誹謗中傷の類いは多いはずだ。これは、舞台の上にいる人と、それに野次を飛ばす人の違い、といえるだろう。



MORI LOG ACADEMY 12 (モリログ・アカデミィ 12) (ダ・ヴィンチブックス)

MORI LOG ACADEMY 12 (モリログ・アカデミィ 12) (ダ・ヴィンチブックス)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2008/12/20
  • メディア: 文庫



タグ:森博嗣
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『MORI LOG ACADEMY 13』 [☆☆]

・自分ではできない希望、自分では解決できない問題は、願ってもしかたがないし、悩んでもしかたがない。

・書きたいものがないときに、ネットや雑誌などを見ることはしない。外部に求める癖をつけると、そういう発想しかできなくなる。

・自由は難しいけれど、不自由は簡単なのだ。選択肢がなければ迷う必要がない。

・働いている多くの人は、たぶん改善するような立場にないのだろう。改善ができる立場の人間は、一所懸命やっても処理しきれない、という状況をさらに上の誰かに見てもらうことによって、将来人員が増えるとか、予算がつくとか、を目論んでいる。

・基本的に、人を待たせる行為は、泥棒と同じである。金や物よりも時間の方がずっと価値が高いから、泥棒より凶悪だ。

・あらゆる幸せは、誰かの不幸せに間接的に結びつくだろう。どんな努力・美談も、誰かを蹴落とす結果を招く。

・余計なことに囚われ、勝手に感情的になる。頭に血を上らせて、肝心の情報をまるで自分の中に入れようとしない。その感情だけを記憶し、内容をまったく理解しないまま捨ててしまうのだ。経験を積んだと思っていても、偏見に近い感情を覚えているだけで、参考データを持っていない人間が出来上がる。

・無駄なものを作るエネルギィがもったいない、とみんなが考えるような国は、やはり「貧しい」だろう。

・9秒台で走れなくても、誰でも100mを進むことはできる。時間には関係なく、成し遂げる仕事としては同じなのだ。才能の違いなんて、その程度、つまり数秒間の差である。それよりも、「私は走れない」と諦めてスタートもしないことの方が大きな差になって表れる。

・同じはずだ、と考えて単純な比較をするから、優劣が気になり、その結果、僻んだり諦めたりする。

・立ち直れない人、落ち込んでいる人は、自分のせいでその状態に陥っている。自分でその状態を無意識のうちに許容しているから、そのままなのだ。

・人を使うことに憧れ、少し儲かると、すぐに社員を増やそうとする事業家もいる。

子供のときに買えなかったもの、作れなかったもの、そういう憧れの対象を今、というのは「夢の実現」ではあるけれど、どことなく後ろ向きで「虚しさ」も伴う。

・忙しそうに見える人に対して、「あんなに忙しいのは、よほど仕事がのろいのだろうな」という印象をつい持ってしまう。

・ばたばたと走り回り、時間にも遅れてきて、ところかまわず電話をしている、という人間は、仕事をさせるとろくな結果を出さない、という例が多い。

・ゲルマニウムラジオや鉱石ラジオは、電波のエネルギィだけで音を鳴らすので、電池や電源が必要ない。今の若い人には、これはちょっとした驚きだろう。

・今は不況ではなく、これが普通で定常状態だ、と考えるべきではないか。好景気という虚構をまた築こうとしているのは、「昔は良かった」と酔っ払ってくだを巻く年寄りたち、というイメージを僕は持っている。

・「読む価値のある空気か?」を見極めよう。場の空気を読むまえに、場の価値を読むべきなのだ。自分にとって価値のある場かどうかを。

・書店を観察してみよう。趣味が多様化しているのに、ジェネラルな人気本ばかりが前面に置かれている。多くの人にとって、「自分の欲しい本」が探しても見つからない。結局、書店には欲しい本はない、という印象を持って帰り、ネットで探して購入する。

・日本のメーカは。まだまだメジャ指向で、「大衆」に受けるものを追い求めている。ところが、その大衆は、今では多様化し、自分たちのマイナな世界を深く楽しみたい、という欲求を持っている。

・日本でもマイナな商品を少量生産する小さなメーカが増え始めている。そういったマイナ・メーカが、ネットを活用し、世界を相手にビジネスを展開してもらいたい。

・飲酒運転をする人は、酒を飲んだときに善悪の判断がつかない人格になるわけである。そういう人が、素面のときにいくら「私は絶対にしません」と宣言しても信用できない。

・問題を抱えて悩んでいる人のほとんどは、問題の解決を望んでいない。そんなことはない、解決したい、と主張するのだが、解決方法を示すと、いやそれはできない、と言う。よくよく確かめてみると、それは「できない」のではなく、「したくない」だけだ。これはつまり、解決方法を知っているけれど、それをしたくない、という問題を抱えているのである。

・新商品が「ありがたい」と感じるためには、それが存在しない状態の苦労が必要なのである。

・返答を聞くことよりも、話すこと、話す決意をしたこと、書くために整理したこと、に意味があるだろう。アウトプットすることで自分自身が救われる、という現象は、教会の懺悔もそうだし、精神医療でもそうだし、心理学の事例にも頻出するものだ。

・思いっ切り普通にしようと隠しても醸し出されるのが個性だし、また、無理に出そうとしたり、形だけ真似ても、けっして香らないのが個性なのだ。

・作品が面白い人は、本人も面白いものだ。やはり、情報量が多く、話題に満ち溢れている。

・古い機械を長く使うことも大切だけれど、そのために人間にストレスがかかってしまうのは問題だな、と改めて思う。

・日本の本がこんなにセンスが悪いのは、デザイナのせいというより、たぶん大衆に見る目がないためだろうな。

・子供はおもちゃが好きだけれど、彼らがそれを手にするとき、イメージしているのは本物なのだ。おもちゃというのは、この想像力を持っている者でないと楽しめない。大人になって、おもちゃがつまらなくなるのは、想像力が衰えるからである。

・ちょっとしたものに将来の可能性を感じるのも、子供の特徴だ。ところが、大人になって、さきが見えてしまうと、なにもできなくなる。一見、予測できるようになり成長したと考えがちだが、ようは、その予想を上回るような夢を思い描けないだけのこと。

・ミスをした人は、そのミスが無事にカバーされても、その次からは「信頼が置けない人間」の集合に属してしまう。そうしても疑われるようになる。その後ミスをしない期間が長く続き、信頼を取り戻すまではしかたがない。

・そこにいる人材では、既に改革は不可能である。なにもしない人材が、その「なにもしない」手腕を買われてトップの椅子に座っているのだから。

・リアリティというのは、作家がイメージした世界の整合性のことだ。この整合性を読み手は感じ取って、その世界の存在感を抱く。

・人間というのは思い込みが激しい。思い込んで、考えることをやめようとする。考えるというのは、自分との対話だから、結局は自分と口をきかなくなっていくのだ。

・仕事は、お金を稼ぐためにする行為ではあるけれど、お金がもらえるという楽しみだけでできるものではない。やはり、なんらかの楽しみが見つかると楽になると思う。

・人間関係も一種の道具である。人間関係の成立によって、個人の能力が高まることはないが、やる気が出ることはある。もちろん、その逆もあるが。

・ブランド品というのは、値段がみんなにわかっているから自慢できる、その価値を金額と交換したという満足感なのだろう。思うに、バッグの善し悪しを見る目がみんなにあれば、あんな値段では商売できない。

・言葉にすることで、みんながわかった気になって、すっかり安心して大事なことを忘れてしまうのである。

・どうしたら新しい価値をすぐに見出せるだろうか。それには、常に自分の感覚を研ぎ澄ませている必要がある。自分の価値観を疑うことも大事だと思う。

・仕事でその人が使えるかどうか、というときには、その人のコンディションが最悪でやる気のないときに、どれくらい仕事ができるか、という点で見るべきだ。最高のコンディションで、やる気満々のときで評価してはいけない。できるリーダーが見るのはここである。

・絵が上手い人は、手に技術があるのではない。目が精緻に形を捉えていて、手が描く線の狂いを感知できる。つまり、「上手い」というのは、ほとんどの場合、「測定精度の高さ」なのである。

・「どんなとき、どうすれば良いか」といった知識は誰でも簡単に学べるが、一番難しいのは「今がどんなときか」を感知することであって、これは知識として学べない。

・願っているだけではなにも実現しない。方法を人に聞くだけでも実現はしない。自分で方法を考え、自分で手を打って、失敗やリスクを覚悟で行動する、ここで初めて少しだけ可能性が高くなるのだ。

・読み方をいくら知っていても、それがここぞというときに自分から出てこなければ、「知っている」だけのことで、「使って」いない。

・この際、利息には千分率のパーミルを使う習慣にしてはどうだろう。

・工作で多用するのは、バスコーク。これはお風呂のバスと、コーキングを合わせた商品名で、チューブに入っている。塗ると、揮発して固まり、シリコン系のゴムとなる。固まっても弾力性があり、防水性に優れる。

・子供たち相手に、実験を楽しく見せよう、といった企画がこの頃多い。楽しければ興味を持つ、と大人は考えているみたいだけれど、そのショー自体が完全に演出された「番組」であって、子供たちはチャンネルを変えるように、すぐに自分の世界へ戻っていくだろう。楽しいものなんか、いくらでもある。

・裁判の判決もまだなのに、まるで自分たちで謎を暴いて見せる、とばかりに、単に「いじめ」に近い行動を繰り返す、このマスコミの無礼さ、下品さというものを初めて目の当たりにした事件だった。

・大勢であることがすなわち力だ、という感覚(あるいは思想)は、民主化されたばかりの発展途上国のようで、大いに古さを感じる。

・発展の中で生まれたビジネスのスタイルは、達成した安定社会では適用できないのは当然である。不景気なのではなく、社会は定常状態に至りつつある、と捉えるべきだと思う。

・本当に優れた感性というのは、いつも初心の輝きを持っている。

・言葉で伝えられる面白さっていうのは、やっぱり一段下なんですよね。そうじゃない、不完全なもの、人間のうまく表せないような面白さっていうのは、何がどう面白いのか言葉にできないから、読んで感じるしかない。

・やっぱり人間っていうのは満たされないものだと。もらうもの、手に入るものの中でなんとか人生を作っていくしかないんだなと、この頃は考えるようになりましたね。

・最初から自由な環境にいると、何をやりたいのかなんて意識しないですよね。全部思いどおりになるから。

・動機は何なのか、理路整然と言葉にできる方が異常で、どうしてやったのかわからないっていう方がむしろ正常。理由はないんだって言われた方が納得がいく。



MORI LOG ACADEMY 13 (モリログ・アカデミィ 13) (ダ・ヴィンチブックス)

MORI LOG ACADEMY 13 (モリログ・アカデミィ 13) (ダ・ヴィンチブックス)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2009/03/25
  • メディア: 文庫



タグ:森博嗣
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『花のズボラ飯』 [☆☆]

・すごく辛くしちゃえ。辛くして……泣かす!!

・ミキサーって1回ビニール袋かけたら最後、半年かヘタすりゃ数年そのままなんだよな。だから……ミキサーはすぐ目につく所に置いとかなきゃ!!

・マッシュルームはシイタケほど存在感ないけど、そっこっがっオシャレよね。シイタケって才能あるか知らないけど、ちょっと出しゃばり。

・こういうB級なくせに無駄に手がかかるものこそ居酒屋の醍醐味よね。

・自分では全然違っても人から見たらほとんど同じって、化粧オーディオも一緒かもね。



花のズボラ飯(2)

花のズボラ飯(2)




花のズボラ飯 2

花のズボラ飯 2

  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2012/03/01
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ: