So-net無料ブログ作成

『部屋を活かせば頭が良くなる』 [☆☆]

・1万時間というと途方もない時間に思えますが。週5日、フルタイムで仕事をしている人にとってはおよそ5年間。「一人前になるには5年かかる」といわれれば、「なるほどそんなものか」と思われるでしょう。

・「頭が良い」というのは、(1)インプット力、(2)記憶力、(3)整理力、(4)アウトプット力という4つの「脳力」の総合力です。

・どんな人でも、記憶力そのものに大きな差はありません。差がつくのは、蓄えた記憶から、適切な場面で適切なモノを引き出してくる、(3)整理力です。

・全国行脚の中で、神童・モーツァルトは、同年代の誰よりも豊富な「音楽の記憶」を頭の中に蓄えていくことになりました。これは彼が作曲家として活躍する上で、圧倒的なアドバンテージをもたらした。

・自分にとって「これ以上ない!」というぐらいお気に入りの掃除機を手に入れることは、あなたの掃除へのモチベーションを倍増させてくれます。

・「すきやばし次郎」という寿司の名店では、床を拭いても雑巾はほとんど白いままというぐらいまで完璧に掃除をすることで有名です。

・空間とモノとのバランスを取る必要があります。そのための基準が「7:3」です。

・「モノを捨てて困る」ということが起こらない。そういう「モノあまり」の時代に、私たちはいま生きているのです。

・三日前のことを覚えているかどうか。それがネコと人間の差かもしれないニャ。

・記憶力というのは「頭が良い」ということの絶対条件です。記憶力がなければ、創造的なアイデアは決して生まれません。

・ひとつのモノを多くの用途に使うことを「一器多用」といいますが、限られたモノや空間を多層的に、豊かに使うという考え方は、日本の江戸時代の文化によく見られます。

・ビジネスで成功する人に「節約上手」な人はいません。なぜなら、お金儲けが上手な人は、お金の使い方が上手な人だからです。

・「布で家具を磨く」というのは、その人の美的感覚を鍛えます。

・しかし、「便利」というのは、人から工夫しようという意欲や、モノにこだわる気持ちを奪っていく要因でもある。

・いくら何十万円もする靴を履いていても、それが新品だったら「最近一山あてた成り金ではないか……?」という疑いの余地があります。しかし、10年以上履き込まれた高級靴を履いていれば、その人は昔からお金持ちだったことがわかるのです。

・初任給で15万円の靴を買うのは大冒険ですが、その結果、30代半ばになった頃に「15年物の靴を履く人間」になれるとしたら、安い買い物といえるかもしれません。

・子供が勉強しよう、成長しようと考えるのは、親を見て、「自分も早く大人になりたい」と思うからです。

・子供の力を伸ばしたければ、できるだけ大人扱いをすることです。机にしても椅子にしても、大人でも納得できるような「本物」であるほうが望ましいでしょう。

・芸能界には、ひとつのセオリーがある。それは、「売れているお笑い芸人は部屋がきれい」というものだ。



部屋を活かせば頭が良くなる

部屋を活かせば頭が良くなる

  • 作者: 部屋を考える会
  • 出版社/メーカー: 夜間飛行
  • 発売日: 2014/11/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『超一流の雑談力』 [☆☆]

・訓練して、人前で楽な気分で話せるようにするといいでしょう。人前で話すのが恥ずかしいというのは、大きな弱点になります。話し方は、大事な技術です。

・自分のことを「人見知りだ」と思っている人は、コミュニケーションに高い理想を持っている人です。「自分のコミュニケーションはまだまだ」と感じてしまうから、人見知りだと思わずにいられないのです。

・政治や宗教は個人の思想が深く関わってきます。さらに話のテーマが深すぎるために、「雑談」ではなく「議論」になってしまう可能性があるのです。

・「Funny(笑える)」だけがおもしろいではなく、「interesting(興味深い)」だって「おもしろい話」になるのです。

・研修では「さしすせそ」のあいづちといって、次のようなものを紹介しています。「さ=さすがですね」「し=知らなかったです」「す=素敵ですね」「せ=センスがいいですね」「そ=それはすごいですね」

・「なるほどですね」「そうですね」はよくないあいづちだと言いましたが、これには何よりも大きな理由として「会話を止めてしまうから」ということがあります。

・ただ間を埋めるための質問をしています。こうした質問攻めが続くと、相手としては、まるで尋問をされているような印象を受けてしまいます。

・「ヘタな質問」にはわかりやすい決まりがあります。その一つが、「なぜですか?」と理由を問うような質問です。

・話がおもしろくない人の特徴は何かというと、「どうでもいいことをダラダラと話す」ということですね。あった出来事を一から十まで正確に伝えようとすると、どうしても話はダラッとなるものです。

・「雑談を嫌がる人」がいます。これは「コミュニケーションが苦手だから」ということではなく、「用件は何なのかさっさと知りたい」と思うタイプの人です。

・どれだけ長くても17秒以内で、できれば10秒で話せるとよいでしょう。17秒というのは耳から得た情報を記憶できる量の限界と言われており、あまり長すぎると相手の頭に残りません。

・「できていないことがわからない」人間は三流で終わり、「できない」ことを知り、あきらめる人間は二流で終わるが、できるまで、とことんやりきれる人間が超一流になれる。

・たとえ話とは、Aというものから連想されるキーワードを抽出し、それをまったく別のBの持つ要素とかけ合わせることです。

・多くの現代人は、あまりにも「人間関係を深める」「人と信頼関係を築く」ということに無頓着で、うかつな方が多い。10代の人も、20代の人も、彼らを指導する30~40代以上の人も、同様です。

・この人なら信頼できそうだなと、そう思われる言動が取れる人を、誰も見捨てません。仕事はもちろん、友人関係、家族親類の関係もしかりです。



超一流の雑談力

超一流の雑談力

  • 作者: 安田 正
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: 単行本



超一流の雑談力

超一流の雑談力

  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: Kindle版



タグ:安田正
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『人はいくつになっても、美しい』 [☆☆]

・老いはみんなに訪れるけれど、成長は望む人にしか訪れない。

・物事を真剣に受け止めすぎない鈍感さも、ときには必要。

・流行は追うのではなく、取り入れるもの。

・経験や知恵をもたらしてくれるものこそが、好奇心です。

・エレガンスとは、自分の体や体の動きを理解した上で、自信を持った立ち振る舞いができることだと言えます。

・英語には「get on with it」という表現があります。「前進あるのみ」「嫌なことは忘れてとにかく前に進め」という意味。

・「あなたのため」と誰かが用意した選択ではなく「自分のため」に自分が選んだ道を、自ら切り拓いていかなくてはなりません。



人はいくつになっても、美しい

人はいくつになっても、美しい

  • 作者: ダフネ・セルフ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/08/25
  • メディア: 単行本



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: