So-net無料ブログ作成

『森博嗣の浮遊研究室3 宇宙編』 [☆☆]

・建築が創るものとは、「もの」が何もないところ、つまり、「空間」なのです。壁や柱で、その空間を創り出しているのです。

・録音した音声を倍速で聴く訓練をすると頭の回転が速くなる。

・マスコミは、事実や情報を伝えると言いながら、判断まで伝えようとするので、受け取る側にこそ取捨選択が必要なんです。

・嬉々として他人を非難している様って、みっともなくて下品です。

・あちこち、ちょっと押してみたり、叩いてみたりすると直る、というレベルで直らないときは、もう耐用年数を超えたと思うしかないかも。電子部品の耐久性がとても短かったりする。

・大きな悪が現われると、そこに隠れるかのように小さな悪が沢山生まれるのが、社会のメカニズムである。

・多くを語れば、より正確に近づくと信じているとか。

・「あなたの夢は何ですか?」に答えることは簡単ですが、「その夢が叶ったあと、どうしますか?」が重要であることは、言うまでもありません。



森博嗣の浮遊研究室〈3〉宇宙編 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

森博嗣の浮遊研究室〈3〉宇宙編 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本



タグ:森博嗣
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: