So-net無料ブログ作成
検索選択

『ありがとうの神様』 [☆☆]

・太陽が昇ることにも、月が沈むことにも、私たちは文句を言いません。でも、「人がしたこと」に対しては、寛容になれないときがあります。

・ヒトの目にだけ、ある特徴が見て取れます。それは、「白目」を持っていること。人以外の霊長類には黒目しかなく、白目が見当たりません。

・「お金を貸してほしい」という頼まれごとは、お金に用があるのであって、その人に用があるわけではありません。

・托鉢では、「貧しい人々」の家を回りなさい。貧しい人々は、自分が貧しいと思い続けて、他人に施しをしてこなかった人たちです。他人に施しをすることで救われるのだから、救いに行ってあげなさい。そのための托鉢です。

・自分で努力をしてお金を貯めるよりも、「お金を貸してくれる仲間」を増やす。

・電話1本で「100万円出してくれる人」が100人いたら、1億円のお金ができます。

・すべて自分の力だけでやる、という考えは、「自惚れ、驕り、高ぶり、傲慢」です。なぜ、人を当てにしないのですか?

・本当のお金持ちは、「いかにお金を貯めるか」ではなく、「いかにお金を使うか」を考えている人たちらしい。

子供は、感情的な大人を嫌う傾向があります。子供は、自分の感情をコントロールできない大人を、「大人とは認めない」のです。

・18歳のときから」、体系も体重も変わっていません。その秘訣は、「私、何を食べても、どんなに食べても、〇kgまで痩せちゃうのよね」と言いながら食事をすることです。

・痩せたいのであれば、「太る」という言葉を使わないことです。ただし、「何を食べても痩せる」と言い続けていると、70kgの体重が極端に減り、35kgくらいにまで落ちてしまうこともありますから、「私、何を食べても〇kgまで痩せちゃうのよね」と、「具体的な体重」を入れておくと、その理想体重まで痩せるようです。

・最近、不思議なことがわかりました。知的障害を持つ人の中で、ガンになる人は少ない、ということです。その理由は、おそらく、「ストレスを感じることが少ない」からでしょう。

・「人格が病気をつくっている」のだとしたら、自分が今まで否定してきた人格や、対極に位置する人格を(社会に迷惑をかけない範囲で)演じてみる。そうすると、病気にかかりにくくなるかもしれません。

・自分で自分を好きになる重要なポイントは、「いかにバカバカしいことがやれるか」に尽きると思います。「バカバカしいこと」とは、「やっても何の得もない(ように見える)こと」です。トイレ掃除は、その典型と言えるでしょう。

・「できないことにがっかりして落ち込んでいる」としたら、それは「完全主義者」だからです。完全主義者でない人は、うまくいかなくても、落ち込みません。

・「悩み」や「苦しみ」を突き詰めていくと、本質的には「迷い(選択できない)」であることがわかります。

・AとB、どちらを選ぶかで迷ったとき、その2つが自分にとって同じ価値なら、コインを投げてみればいい。コインと投げる前に、「Aになるのはいいけれど、Bになるのはちょっと……」と思ったとしたら、答えは出ています。「Aの方がBよりも重い」証拠なので、Aを選べばいい。



ありがとうの神様

ありがとうの神様

  • 作者: 小林 正観
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/02/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ありがとうの神様

ありがとうの神様

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/02/13
  • メディア: Kindle版



タグ:小林正観
nice!(0) 
共通テーマ:

『仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。』 [☆☆]

・メモはいい仕事をするうえで大切な5つのポイントに関わっています。その5つとは、整理(仕事の条件や要点を整理する)、設定(課題を見つける。目的を決める)、考察(何が有効な解決策か考える)、発見(新しいアイデアへたどり着く)、指示(部下やチームに役割を伝える)、のこと。

・いつでも、メモを見るだけでその時の発言やポイントが思い出せて、何を考えるべきかが、すぐにわかるメモ。

・未来の自分に、考えるきっかけを残すメモを書くべきなのです。

・「まったく何も覚えていない未来の自分」が読み返すことを想定して、メモで何を書けばいいか、何を残せばいいかを考えるのです。

・1年後には、大きな違いが生まれる。1.01と0.99という「微差」も、それを365乗すると、大きな違いが生まれるように、ほんの少しのことでも、こつこつ続ければ、大きな成長につながるのです。

・情報は、まとまると「武器」。まとめないと「ゴミ」。

・ルールがあると、人は考えやすくなります。「自由に素敵な絵を描きなさい」と言うと、ちょっと困ってしまうのですが、「3色だけ使って素敵な絵を描きなさい」と言うと、どうしようかと考え、驚くほど素敵な絵を絵を仕上げたりします。

・帝国ホテルでは、すべての従業員たちが、お客様から「さすが、帝国ホテル」と言われるようにと考え、行動しているのです。

・橋をデザインしろと言われても、橋をデザインしてはいけない。「橋を渡ること」をデザインしなければいけない。

・世の中の不満を解決するアイデアがあれば商品は売れます。

・「I LOVE NEW YORK」というニューヨークの観光活動で始まったアイデア。当時開発されたロゴマークの権利を一部開放して、誰でも使えるようにしたことが始まりとされています。そして、「くまモン」もこの手法に倣った。

・国会の答弁がちっとも理解できないのは、聞き手の理解を意識せず、「伝える」だけで終わることが原因なのです。

・20代が最も聴きたい音楽のジャンルは、なんと「流行っている曲」だった。

・人の興味は「疑問と解決」の間にあります。「なぜなんだろう? ……そうか!」の間に興味は生まれる。

・「フェルメールを見たか?」と問われたので、つい「見てませんが……見たほうがいいんですね」と思いました。これが「呼応」。つまり、呼びかけと応答です。人は、呼びかけられると、無意識に答えたくなるのです。

・ノームコアとは「究極の普通」と訳されるファッション用語のひとつ。スティーブ・ジョブズのように、毎日、同じような服を着ることで逆に個性化するというスタイルを指します。

・一切光のない夜の景色をさして「これが本当の夜景だ」と言う。正直、そうか! たしかにそうか! と思っちゃいました。



仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。




仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。

  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2016/01/18
  • メディア: Kindle版



タグ:小西利行
nice!(0) 
共通テーマ:

『iPadすいすい仕事術』 [☆☆]

・クラウドサービスを中心に使うなら16GB。電子書籍や映像をダウンロードして保存するなら32GB、iPodとしても利用するなら64GBが妥当な選択だ。

・仕事ができる人には、インプットは多い、アウトプットが速い、コミュニケーション能力が高いという三つの条件が揃っている。

・多面的な情報を頭の中に入れる。その際に大事なのは、情報との対話である。情報から刺激を受けて、普段あまり考えないことを考えれば、それが自分の知的な財産になる。つまり、読むことは、考えることと限りなく近い。

・速く読むより考えながら読むことが大切だ。

・iPadでは、ホームに戻ることとアプリを終了することが同義だ。実際は終了しているのだが、キャッシュが残っているため、同じアプリを開くと、同じ画面から再開する。



iPadすいすい仕事術

iPadすいすい仕事術




iPadすいすい仕事術 (中経出版)

iPadすいすい仕事術 (中経出版)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版
  • 発売日: 2010/09/01
  • メディア: Kindle版



タグ:深川岳志
nice!(0) 
共通テーマ: