So-net無料ブログ作成
検索選択

『ニュースで学べない日本経済』 [☆☆]

・今の日本企業は350兆円を超える内部留保を持っているため、銀行から資金を借りることはなく、金利が低くても反応しません。

・ダレスはこの席で、沖縄返還の条件として、「ソ連に対して北方四島を一括返還するよう要求しろ」と迫ったとされています。それ以降、日本政府は「北方四島は日本固有の領土です」と公に発言するようになった。つまりこの考え方は、アメリカの圧力を受けて外務省が作り出した新しいシナリオに基づいているわけです。

・途上国日本が1964年にオリンピックを開催したときは非常に景気がよくなりましたが、先進国になればなるほど、オリンピックのたった2週間のためにそんなに金を使うわけにはいかないよね、ということになります。

・ロシア人は冬になると3つの国に行きます。エジプト、トルコ、タイです。これらの国はロシア人に対してビザを要求していない、もしくは渡航の手続きが非常に簡単です。

・最新情報を基に効率よく移動する「スマホ時代の難民」。

・スマホというのは世界中どこへ行ってもiOS(アップル)とAndroid(グーグル)のシステムを使っています。どこの国へ行っても、世界共通のシステムで動くのです。ですからUberのようなサービスは、新たにサービスを展開する国や地域で、現地に会社という建物を作って展開する必要がありません。

・今、特に先進国ではものが溢れています。一方で、その操業度が不足している。つまり、ものばかりたくさんあって、それを使う人がいない状態なのです。

・世界市場では「その他」の日本のトップ企業たち。

・日本のビールメーカー各社の販売量は世界的に見るとかなり少なく、世界市場全体で見ると地ビールレベルと言ってもいいでしょう。

パソコンの世界シェアを見ると、日本のメーカーはここでも「その他」です。東芝、富士通VAIOを合わせてやっと4.2%です。

・日本企業は国内ばかり見て国内競争に一喜一憂し、日経の記者が来るとニコニコ笑いながら解説してあげる。そんなことをやっているから世界が見えなくなるのです。

・60歳以上の9割が家を持っている。どんな計算をしても、家は持つより借りるほうが得です。それにもかかわらず、9割の日本人が家を買います。

・日本では未だに企業と大学が「新卒採用開始時期を6月にするか8月にするか」などと何十年も揉めています。そんなことは何の意味もないことです。

・大学を出るまで鉛筆1本すら売ったことない人間を必死になって採用してどうするのか。そんな人間をたとえ20人集めたところで企業にとって何のメリットもないどころか、へたをしたら会社が潰れます。

・愛媛県の今治市などは、これから今治タオルを日本発の世界的ブランドにしていくと言っていますが、せいぜい100億円の規模にしかならないでしょう。世界を相手に100億では規模が小さすぎます。

・アイルランドの人口は460万人程度ですが、アイリッシュと呼ばれる人は世界中に7000万人以上もいるのです。人口の約15倍もの人が海外に出てしまっているのです。

貯金の目的を聞いても「いざという時のため」。生命保険も年金も同様です。「いざという時」の具体的なイメージがないから、同じ目的のために貯金・年金・保険の三重投資をしているわけです。



ニュースで学べない日本経済

ニュースで学べない日本経済

  • 作者: 大前 研一
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/04/14
  • メディア: 単行本



ニュースで学べない日本経済

ニュースで学べない日本経済

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版
  • 発売日: 2016/04/18
  • メディア: Kindle版



タグ:大前研一
nice!(0) 
共通テーマ:

『Chaina 2049 秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」』 [☆☆]

中国を研究するアメリカ人の多くは、中国を西洋帝国主義の気の毒な犠牲者とみなしがちだ。それは中国の指導者が、積極的に後押しする見方である。

中国語をわかりにくくしているのは、音節の少なさである。英語には1万の異なる音節があるのに対して、中国語の音節は405しかなく、多くの言葉が同じように聞こえる。

・アメリカ人は傲慢にも、すべての国はアメリカのようになりたがっている、と考えがちだ。

・孫武の兵法書『孫子』から毛沢東の著作まで、中国の書物は一貫して、軍事理論よりも策略を強調してきた。

・中国の策略は、敵を不利な行動に導くことを目的としており、それが高潔であるかどうかは二の次にされる。

・「過去100年に及ぶ屈辱に復讐すべく、中国共産党革命100周年にあたる2049年までに、世界の経済・軍事・政治のリーダーの地位をアメリカから奪取する」というものだ。この計画は「100年マラソン」と呼ばれるようになった。

・嘲笑を込めて「パンダハガー(パンダを抱く人)」と呼ばれる親中派の穏当な見方を認めようとすれば、それに矛盾するいくつもの事柄や、中国のタカ派の声を無視しなければならない。

・毛は農民を助けようと、穀物をついばむスズメを軍隊に命じて駆除させた。偉大な指導者は、スズメが害虫を食べてくれていたことを知らなかった。その結果、バッタやイナゴが大量に発生し、穀物生産は壊滅的な被害を受けた。

・中国で非常に人気が高く、よく研究されている『戦国策』は、戦国時代の逸話をまとめた書物である。

・「鼎を軽重を問うな」という教えは、中国ではよく知られる。これはつまり、十分な力を備え、敵に対峙できるようになるまでは、自分が敵であることを悟られてはいけない、ということだ。

・勢の重要な要素、あるいは特徴は、「無為」で、自分は何もせず、代わりに他者に仕事をさせることを意味する。

・中国の指導者が書き換えた過去の歴史と同様に、彼らが描く未来図の憂慮すべき点は、アメリカについて嘘八百を並べていることではなく、それを描いた人々が自らのプロパガンダを事実だと思い込んでいることである。

・悪魔の最大の策略は、この世に悪魔はいないと人々に信じさせたことだ。

・最高の騙しは、騙しがあったことをさえ隠す。

・『超限戦』は、直接的な軍事行動をとらなくても、法の戦争(国際法、国際機関、国際法廷を利用してアメリカの活動や政治的選択の自由を制限すること)、経済戦争、生物・化学戦争、サイバー攻撃、テロリズムによって、アメリカのような強国を倒すことができる、と説いた。

・アメリカは呉の王、夫差と同じく、嘘つきか、愚かな助言者の言葉を信じ、ライバルの真意を知る人の警告を無視している。共産党の指導者は勾践そのもので、西洋に協力と忠誠を約束し、機が熟すまでへつらい続ける。中国政府は勾践のように密かに行動し、偽りの約束をして真の動機を隠している。

・売上の成否を左右するのはビールの品質ではなく宣伝の量だという。

・中国を研究する学者たちはかねてより、中国に関して最も正しいことを述べているのは、中国への入国ビザ発行を拒まれている学者、記者、著者だと知っていた。

・1958年の「スズメ駆除作戦」は、中国の農業経済を20世紀に相応しいものにするという強い願望から生まれた。この作戦は大成功を収め、1959年までに中国のスズメはほぼ全滅した。中国当局が気づいていなかったのは、スズメは穀物だけでなく、昆虫も大量に食べていたことだ。1958年から1961年までの間に、中国では3000万人以上が餓死した。

・中国は日常的に人権擁護団体やNGOのコンピューターシステムに侵入している。その狙いは「反対者の間の信頼を揺るがし……コストを引き上げ、恐怖を誘発する」ことだ。

・検閲は非常に広範囲に及ぶので、6月4日(天安門広場抗議行動の記念日)は皮肉たっぷりに「インターネット・メンテナンスの日」と呼ばれている。

・中国沿岸海域の水質汚染が深刻化し、国の水産業の多くが、東シナ海、南シナ海、太平洋といった領海争いが激しい海域に移った。

・力の大きさが変わる時点は、普通に見ていてはわからない。力を増しつつある者は、己の力を実感しておらず、それを確信することもない。そうした確信は、後に成功体験からもたらされるものだ。

・彼らの思考の中心にあるのは、植民地化とそれがもたらした搾取や屈辱の前の、彼らの世界である。中国に何らかの民主主義革命が起きると信じているのなら、それは間違いだ。中国の人々が求めているのは復活した中国である。

・批判を避けるのは簡単だ。何も言わず、何もせず、存在を消せばよいのだ。

・中国の戦略に、精密なロードマップや、タイムテーブル、詳細な青写真といったものはない。態勢を整えておいて、好機が訪れたらそれを逃さない、というのがその本質だ。



China 2049

China 2049




China 2049 秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」

China 2049 秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」

  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/09/03
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ:

『結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる』 [☆☆]

・行動こそが現実を変容させる最も効果的な手段です。

・偉そうなことをいくら言っても、体力がなくちゃダメだ。だから体を鍛えなさい。

・実際に、時間は見ることも触ることもできません。時計の針という物質の移動を計測しているに過ぎず、時そのものを見ているのではありません。

・「時間をやりくりする」とは言いますが、実際にやりくりしているのは「時間あたりの行動」です。行動のみ、マネジメントすることができるのです。

・心に余裕があるのは良いことです。しかし、時にそれが致命的になることもあります。たとえば「いつでも行動できる。今じゃなくてもいい」という思い込みです。「いつでも行動できる」と思っていると、今すべきことを先延ばししてしまう可能性が生まれます。

・苦手な分野でのあなたの活躍を望んでいる人がいるのでしょうか。もしいたとしても、それに応える必要があるのでしょうか。

・(1)自分が好き(自己受容)、(2)他人は信頼できる(他者信頼)、(3)人の役に立っている(貢献感)、この3つの条件が満たされないと、人は本当には幸せを実感できない。

・面倒くさいとか、億劫だとか理由をつけているが、心の奥のどこかで「小さな恐怖」を感じてしまい、行動できないことがあります。

・「予想」とは、結果が出る前に環境の変化に対応すべく「備える」ための行為です。

・「予想」をするだけで、「備える」ことをしないと、「不安」がむくむくと頭をもたげてきます。

・あなたがあなた自身の将来を想像=創造しないで、誰が想像=創造するというのでしょうか。

・「今年はどんな年になるだろう?」と思わずに、「どんな年にしようか?」と考えてワクワクしてください。

・調べたいことは、「調べたいノート」を作って、記録していきましょう。そして「調べる」と決めた時間になったら片っ端から調べていくようにするのです。

・ある瞑想指導者は、その日の新聞をぱっと開いて、無作為に指したところの言葉を繰り返し唱える瞑想を実践しているそうです。その指導者は、意味のある言葉を唱えるのも、意味がわからないお経をひたすら読むのも、瞑想の効果としては変わらないという立場をとっていました。



結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる

結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる




結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる

結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる

  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • メディア: Kindle版



タグ:藤由達藏
nice!(0) 
共通テーマ: