So-net無料ブログ作成
検索選択

『プレッシャーに負けない方法 「できるだけ完璧主義」のすすめ』 [☆☆]

・「ここまできた。さらによいものにしていこう」 それこそが、「プラスの完璧主義」の原点です。つまり、「足し算の姿勢」です。

・「マイナスの完璧主義」では、「できていない部分」にばかり目がいきます。

子供の世界には、「テストがいつも100点」など、「完璧」に見えるものが確かに存在します。しかし、大人になるにつれ、物事はそんなにシンプルではなくなってきます。

・もともと自己肯定の上に立つ「プラスの完璧主義」では、「他者からの評価」はつけたしのようなものです。自分の成果に自分で満足していれば、「他者からの評価」は、まあ、「あれば嬉しい」程度のものでしょう。

・自己否定の上に立つ「マイナスの完璧主義」では、「他者からの評価」は生命線とも言えます。

・「自分がどう見られているか」を気にすると不自由になる。

・人望のない、協力者のいない人が成功することは、まずあり得ないと思います。

・「他者の評価」を気にして、感謝してほしくて行なっているのではなく、「したい」という美意識から主体的に行なっているのだ、と認識できれば、「自分についてのよい感じ」が持てると思います。



プレッシャーに負けない方法 ―「できるだけ完璧主義」のすすめ

プレッシャーに負けない方法 ―「できるだけ完璧主義」のすすめ




プレッシャーに負けない方法

プレッシャーに負けない方法

  • 出版社/メーカー: さくら舎
  • 発売日: 2015/03/11
  • メディア: Kindle版



タグ:水島広子
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: