So-net無料ブログ作成

『彼女の色に届くまで』 [☆☆]

・本気で画家を目指すなら、、まず平凡に右に倣い、自分の作品コンセプトを充分に現実化できるだけの「普通の技術」をひと通り身につけなければならない。

・どんな斬新な発想があっても、それを他人に伝えるための努力と技術がなければ、子供のたわごとと何の違いもないのだ。

・「輝ける高校生活」は高校生になっただけで自動的に手に入るわけではなく、「仲のよい友達」の存在が必要条件だったのだ。

・「猥褻か芸術か」じゃなくて「芸術は猥褻」だし「ものによっては猥褻が芸術」なの。

・ああいうのを「権力の犬」って言うんだな。ご主人様に先立って吠えるのが自分の仕事だって、分かっているんだろうね。どうせそれ以外は期待されてないだろうし。

・せっかく「リンゴをピンクに描く」ことの面白さを発見した子供が「リンゴは赤です」と直されてしまっては自由な発想の芽が摘まれてしまう。

・むしろ日常気付けなかったあれこれの規則をぶち壊す快感こそがアートの楽しみだというのに。

・普段は普通に振る舞う天才も山ほどいるし、逆に現代では、「アーティスト」を気取ってわざと奇行をはたらく人間は大抵小物である。

・時折こうして、一部分だけ幼児のように常識が抜け落ちているところがあるのだ。

・肉体のモノ化、とりわけ商品として消費されがちな若い女性の肉体の食用化であり、衝撃の後に考えさせる深みのあるテーマだと思う。

・下手には耐えられるが幼稚はたまらない。

・平凡を平凡な方法で抜け出そうとする平凡、平凡を平凡だと批判する平凡な平凡。

・友達を作ることにあまり興味がない。他人より自分。他人が何者で何をやっているかより、自分の才能が世間的にはどこまでのもので、自分が何者になれるかで頭がいっぱいだからだ。

・不満を言うだけでは、僕自身が成長できない。自分より優れたもの、評価されているものに出会ったら、まずするべきは妬むことではなく、盗むことだ。

・プロになるにはそこからさらに「独創性」と「商品性」と「運」が必要で、こればかりは努力でどうにかなるものではないのだが、逆に努力次第でなんとかなる部分はすべて解決していて当然、というのが僕たちの認識である。

・自分の負けを状況のせいにしている人は、いつまで経っても成長しない。反省せず、勝っている人から学ばないからだ。

・「すごいと思う」などというプロの世界では何の保証にもならない確信ではなく、「売れると思う」「うけると思う」という、一般性を備えた、ハードルの高い確信である。

・平凡な人間は悔しがり方もまた平凡だ。

・僕のアドバイスや感想を受け入れるのは、僕が敵だと、同じジャンルで争うライバルだとは露とも思っていないからだろう。眼中にない、と無自覚のままに宣言しているに等しい。それが辛かった。

・商品の値段は需要と供給で決まるんです。美術品のオリジナルは原則的に供給が「1」しかない。対して人気が出れば需要は増えていく。美術品の顧客には富裕層が多いから、一億出しても、十億出してもいいという人が出てくる。

・今更それを話したって皆、信じたがらないでしょう。みんな「愛妻家」とか「良妻賢母」の物語が大好きだもの。事実をねじ曲げても気付かないくらいにね。

・この世には確かに「持っている人間」と「持っていない人間」がいる。だがそれは99パーセントの汗の後にようやく現れる1パーセントの差に過ぎず、「持っている人間」といえどもそれ以外の部分では普通なのだ。

・とにかく、思ったことを言うことにした。変な言い方をしてしまって恰好悪くなったり誤解されたりしたら、全力で言葉を足して言い訳をすればいいのだ。



彼女の色に届くまで

彼女の色に届くまで

  • 作者: 似鳥 鶏
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: 単行本



彼女の色に届くまで (角川書店単行本)

彼女の色に届くまで (角川書店単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: Kindle版



タグ:似鳥鶏
nice!(0) 
共通テーマ:

『手帳という武器をカバンにしのばせよう』 [☆☆]

・「手帳のキャパシティが=あなたのキャパシティ」。毎日の自分の予定がちょうど収まる大きさの手帳がベストです。

・マンスリーページ=「他人との約束」を書く。ウィークリーページ=「自分との約束」を書く。

・スケジュールを書き込み際、他人との約束……「14:00 会議」というように頭に時間を書いておく。自分との約束(=to do)「□経費精算」というように、頭にチェックボックスを書いておく。この2つを守りましょう。

・チェックボックスをつけることで、to doをこなしたかどうかの確認だけでなく、「実行した」という充実感、満足感を感じることができます。

・「メール仕分け」とは、返信しなければいけないメールと不要なメールを分けることです。

・返事が必要なメールは「下書き」の状態にして、下書きトレイに残しておきます。

・アドレス帳を整理する。この作業の際、悩むのが「どういう人を消すか、残すか」だと思います。それは、その人のことを思い浮かべると「ワクワク」するかどうかを基準にしてみましょう。「ワクワク」とは直観そのもの。

・アイデアのほとんどは既存のものの組み合わせか、不足を補う工夫から生まれます。日々の小さなアイデアの芽を、どれほど意識して自分に蓄積しているかが勝負なのです。

・「50の目標」で充実した一年が手に入る。たとえば趣味なら「DVDを50本観る」「映画を50本映画館で観る」「料理のレパートリーを50個増やす」。ビジネスなら「仕事に関する本を50冊読む」など。

・1年をかけて、50個の目標をクリアする。このことには大きな意味があります。一つは、「1年間かけて目標を達成する」という充実感を得られること。

・「他人目線で見る」ことをオススメします。その服を着ている人を、あなたはどう思いますか? 「ちょっとそれは……と思うかも」そう思えたなら捨ててしまいましょう。

・3行で自分の気持ちを書いていきます。これは自分の心の中を簡単に客観視するためのワークなので「プチ内観」と呼んでいます。1行目(行動)……××さんにミスを指摘された。2行目(結果)……自尊心が傷ついた。3行目(学び)……次回は十分にチェックして提出する。このように、3行目で「学び」をきちんと入れておくことが重要。

・「行動・結果・学び」この3つを書く中で、陥りがちな間違いが「学び」をネガティブに書いてしまうこと。

・手帳セラピーでは、「数値化できるもの=目標」「数値化できないもの=テーマ」としています。例えば「○万円貯める」は目標。「お金を大切にする」はテーマという具合です。

・自分都合で変更したものは二重線で、相手都合で変更したものは、×印で消していくのです。

・マンスリースケジュールには他人に見られたくないことは書かない。プライデートなことや目標、私的な思いなどはウィークリーページに書く。



手帳という武器をカバンにしのばせよう

手帳という武器をカバンにしのばせよう

  • 作者: さとう めぐみ
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2013/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



手帳という武器をカバンにしのばせよう (中経出版)

手帳という武器をカバンにしのばせよう (中経出版)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版
  • 発売日: 2015/03/20
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ:

『図解 一目でわかる! 世界の軍事力』 [☆☆]

・日本は戦争を放棄することや、戦力を持たないことを憲法で定めている。そのせいか、世界の国際情勢はおろか、日本を守る自衛隊のことすらよく知らないという人が多い。

・Sea(海)、Air(空)、Land(陸)の頭文字をとって命名されたのシールズは、その名の通り海から空から陸から敵を急襲し、殺害するか、生け捕りにする。

・中国軍は正式名を「中国人民解放軍」という。他国の軍隊と違うのは国家の軍隊ではなく、中国共産党の軍隊ということだ。

・巨大な純空母を保有・運用しているのはアメリカ、ロシア、フランス、ブラジルの4か国だけで、中国はまだ試験中。

・中国の核戦略の本気度は、第2砲兵軍という組織の存在からもうかがえる。第2砲兵軍は陸海空の3軍から独立した組織。

・陸海空3軍、第2砲兵軍の他に第5部隊としてサイバー専門の「網軍」を編成し、訓練を行なっているのである。

・台湾が危機に陥った場合、アメリカが黙っていない。中国の支配下に置かれれば、アメリカがこれまで提供してきた軍事技術が中国の手に渡ってしまうことにもなるから、アメリカ軍が軍事介入してくると予想される。

・共産党幹部の資産の多くはアメリカにあり、アメリカが資産を凍結すれば大打撃を被ることになるので、よほど追い詰められない限り、共産党は戦争をしないだろう推測している。

・韓国初のイージス艦である「世宗大王(セジョンデワン)」や強襲揚陸艦「独島(トクド)」などを配備。さらに潜水艦「安重根(アンジュングン)」も導入されている。独島、安重根といった名前にしたのは、日本を刺激する意図があるともいわれる。

・戦略核とは、大陸間弾道ミサイル、戦略爆撃機などに搭載・運搬されて、敵国を直接攻撃する核兵器のことをさす。

・戦域核とは、中距離弾道ミサイルや中距離爆撃機によって運搬される核兵器で、自国や基地周辺を攻撃する。

・戦術核とは、各種ミサイル、核爆弾、核地雷、核魚雷、核爆雷といった形であらゆる戦場において使用される。

・アメリカの民間軍事会社の場合、その要因は民間人ということで軍法の適用外、さらに戦場に派遣されていれば刑法の適用外にもなり、戦場でどんな問題を起こしても罰せられることがない。

・現代の戦争では世論操作やマーケティング・広告活動が重要な戦術として使われており、それを担う民間企業が存在感を増してきている。



[図解]一目でわかる!  世界の軍事力

[図解]一目でわかる! 世界の軍事力

  • 作者: ワールドミリタリー研究会
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2013/04/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0) 
共通テーマ: