So-net無料ブログ作成

『ダマシ×ダマシ』 [☆☆]

・急かさず、自分から話すのを待った方が良い。人間は、自分が話したいことを探して言葉にする。自分の意思で、そのハードルを越えること、その決断が、その後の自信になるし、言ったことの責任も感じる。

・たとえ騙されていた偽りの時間であったとしても、彼女にとって、それはまちがいなく良い思い出なのだ。

・将来のことを考えた。この先、自分はどうやって生きていくのか。それは、何がしたいか、という問題ではない。どんな仕事をして、何で金を稼げば良いのか、という手法の問題だ。

・若いときは、五年あれば、見違えるほど自分を変えられたものだ。人間というのは、歳を取るほど、成長が苦手になるということかもしれない。

・突飛なことを考えてはいけない、というのではない。考えないよりは考えた方が良い。それを思いつかないことが危険なのだ。

・必要なときだけ雇うのが効率が良い。しかし、緊急に人が欲しいときに困る。

・生きているとき、自分が知らない彼があったとしても、知りたいとは思わない。それらはむしろ、自分が知っている彼の時間を薄めてしまう効果しかないのではないか。

・自分の周囲には、沢山の謎があって、それが自分を生かしている、とも思えるのだった。考えることがなくなってしまったら大変だ。それこそ、生きるか死ぬかという究極の謎に考えが行き着いてしまう。

・なんでもかんでも、隅から隅まで知り尽くすことが良いとは限らない。そういうのは学問だけに限られる方法だ。

・人は、あるところで好奇心のスイッチを切る。新しいものを見て、新しい楽しさを探すために必要なスイッチなのだろう。

・普通の詐欺でも、なんらかの夢を見させてもらっていると思います。投資をすれば儲かるとか。儲かるぞって考えていた時間は、たしかに幸せかもね。そうしてみると、詐欺師って、夢を売る商売なんだ。

・残業が多すぎ。途中でやめた人もいたんだから。だから、ますます、しわ寄せが来るっての、幸せじゃないよ、しわ寄せだよ。



ダマシ×ダマシ (講談社ノベルス)

ダマシ×ダマシ (講談社ノベルス)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/05/08
  • メディア: 新書



ダマシ×ダマシ Xシリーズ (講談社ノベルス)

ダマシ×ダマシ Xシリーズ (講談社ノベルス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/05/03
  • メディア: Kindle版



タグ:森博嗣
nice!(0) 
共通テーマ: