So-net無料ブログ作成

『ビブリオパイカ 斎藤環書評集1997-2014』 [☆☆]

・おそらく「何のために生きるか」という設問自体が、偽の問題なのだ。その疑問、その分析そのものが、人を自殺へと動機づける。

・強迫傾向の強い人は、極端な潔癖症の側面を持つ一方で、信じがたいほど不潔な行為を平然と為すことがある。

・所詮バーチャルな苦労は人を成長させない。

・一般に感受性の豊かさとは、最も微妙で弱い刺激を感知する能力である。しかし、こうした過敏さはむしろ、中程度の刺激に対する鈍感さにつながるものだ。過敏な分裂気質者が、対人関係においては驚くほど鈍感であるのがその良い例である。

・狩猟採集民の社会においては、微妙な兆しや変化に敏感な分裂病親和者が、農耕社会においては貯蔵、整頓、支配を重んずる強迫症親和者が、近代社会においては秩序と立て直しの技術に優れたうつ病親和者が「主役」となった。

・一般に新書の機能とは、学問の体系を教養として消化させるところに重点がある。

・テレビに関する「感想文」はいくらでもある。しかし、それを批評にまで高めたのは、ナンシー関のほとんど独占的な功績だった。

・資本主義に感染した場所には、構造的必然として貧富の差が生まれ、格差は必然的に増幅される。このとき貧困層の悲惨さを救済するのが、貧しき者の死後の栄光を保証するキリスト教だ。このセット販売は実にうまくできている。

・もう一つのグローバリズムがある。それは貧困のグローバリズムであり、それは端的に「われわれと共に苦しめ」というグローバリズムである。

・忘却と知的怠惰に過ぎない薄っぺらな幸福。

・サバルタンとは、貧困層や女性、黒人などのような、下位で屈辱的な立場の人間を広く指す言葉。

・カウンセリングは現実に存在する問題から目をそらさせ、すべてを個人の内面的問題にすり替えてしまう手段なのだ。

・思想や著述は永遠の「副業」であるべきだ。文筆専業は真の天才を除いては人を堕落させる。

・開館直後から、噂が噂を呼び、全国から若者たちが押し寄せた。山田かまち現象のはじまりである。そう、ある精神科医がいみじくも指摘した通り、天才とは一種の「集団現象」なのだ。

・金星人は、具体的対象に惑溺しがちな博物学的知性、火星人は、明晰かつ抽象的な対象のみを思考する数学的知性を指す。

・「死ねばいい」と誰かに思われながら生き延びることが、「そう思われても仕方のない人間」を生み出してしまうということ。

・恐怖の形とは、本当は自分自身のはずなのに、まるで自分自身ではないようにみえる形のことだ。そう、恐怖はいつも、人の形をしている。それに比べれば、お化けや妖怪は、実はそれほど怖くない。

・「知」や「情」から生まれる「目的」によって汚染された人間存在は、それが理解可能であるがゆえにさほど恐ろしいものではない。凶悪犯罪に接した時、われわれが何を措いても「犯人の動機」を知りたがるのは、動機がわかれば恐怖がいくぶんかは薄れること知っているからだ。

・絶望と希望が等価であるということ。生き続ける限りにおいて、絶望は希望の索引であり、希望は絶望の兆候だ。その際限ないフーガを超えることなど、誰にもできはしない。

・漫画的手法とは、セリフによって時間を駆動させる表現形式のことである。フキダシひとつが一漫画時間、といった具合に進む世界。

・地獄じゃなくて、更地を作るんだよ。

・自分が「キミ」に対して親切という暴力を振るっている可能性にすら自覚的だ。

・実験に失敗はない。どんな結果も有益な情報である。

・アスペルガー障害の人たちは、私たちにとって自明と思われる認識や行動が不得手だ。たとえば、自分の空腹感や気温の高低や、疲労感をうまく感じたり、適切に対処したりすることができないのだ。

・他者の他者を想像すること。それが「狼」を「人間」に変える、ほぼ唯一の方法だ。

・大人がしっかり問題設定しつつ言語化しなければ子供は学習できない。

・現代においては悪意や愚かさ以上に「思慮の欠如 thoughtlessness」こそが災禍の原因だ。

・彼の饒舌は「グーグル」のように正確で空疎だ。

・「コラテラル・ダメージ」とは、もともとは軍事用語だ。特定の軍事行動がもたらす、予期せぬ巻き添え被害を意味する。

・殴り合いが起こらないのは、常に一発で相手が斃れるからだ。われわれは旧来の映画やドラマにおいて、相互性のある暴力、いわば「親切すぎる暴力」に慣らされてきた。だからこそ、徹底して一方的な北野映画の暴力描写は、見たこともないほど斬新だったのだ。

・母による娘の教育は、そのほとんどが身だしなみや所作といった身体的訓練であり、規範的なものはありうるとしても男子に対するそれに準ずる。つまるところ多くの娘は、母から「貴方自身の欲望を放棄し、欲望される身体を獲得しなさい」という訓練を受けて育つのだ。

・医療業界では「命の価格」は高騰している。たとえば「訴訟リスク」という形で。

・わかり合えない他者を前提とした「対話」よりも、気心の知れた者同士の「会話」ばかりを大切にしていないか。

・空気を読み合う「協調性」よりも、他者と交渉するための「社交性」の大切さを強調する。

・「雑談力」とは何だろうか。それは、「無意味な会話をいつまでも続けられる能力」のことだ。

・弓の名人に弓が不要であるように(「不射之射」)、雑談名人は話題すら必要としない。

・雑談が伝達するのは、情報ではなく情緒なのである。相手の情緒をうまくキャッチし、肯定的な情緒とともに返球すること。

・カルトによって救われるのは、騙されやすく内省もしない「鈍感な健常者」ばかりである。

・うどんのだし汁を絶賛する彼の描写は、「もぎたての豆のように甘く」だ。新しい語彙は私たちの味覚を豊かにしてくれる。

・「行為が意図に先立つ」ことを証明してみせた1980年代のベンジャミン・リベット。

・よく言われるようにオタクは「敵に回すと恐ろしいが味方にすると頼りない」存在です。



ビブリオパイカ

ビブリオパイカ

  • 作者: 斎藤 環
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2015/06/23
  • メディア: 単行本



ビブリオパイカ---斎藤環書評集1997-2014

ビブリオパイカ---斎藤環書評集1997-2014

  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • メディア: Kindle版



タグ:斎藤環
nice!(0) 
共通テーマ:

『戦争と虚構』 [☆☆]

・そこにあるのは新たな「戦前」――その場合の「戦争」が何を意味するかはいまだ不透明であるとはいえ――の空気であり、災厄の予兆に満ちた気配である。

・五感を研ぎ澄ませて、時代の空気に沈潜することで、ありうべき最悪の道筋を先取りし、それに抵抗するための道を発見する。それが時評の意味だろう。

・監督やスタッフによっては決してコントロールのできない風景や背景、あるいは無意識のうちに捉えた細部などが画面の中に映り込むことがある。そのことが映画の豊かさを支えてもきた。

・教育的監督や、無理強いして真理の道へ向わしめるのではなく、娯楽を集団教育の武器とすることができるし、しなければならない。

・人々の脳の意識構造を決定しているにもかかわらず、本人がそのことを自覚できない領域を「潜在認知」と呼び、潜在認知を動かす原理は「情動」であると述べる。

・今や、メディアやネット上の人々の正義感や懲罰的な感情をうまく刺激し、情動を煽ってコントロールし、カスケード的な炎上政治を広がせていく、などの戦略も当然のように行なわれているわけである。

・第二形態が「より現実に近い虚構」だったとすれば、第三形態は「より願望に近い虚構」である。

・プリヴィズとは、「プリ・ヴィジュアリゼーション」の略であり、映画本編の実制作の前にあらかじめ簡易な映像を作り、視覚化していく工程のことである。

・私たちは忘れる。何もかもを忘れながら幸福に生きていく、何を忘れたかもわからないままに忘れていく。

・たとえ「世界を変える」ことはできなくても、「世界に変えられない」ための戦いを続けるということ。「まとも」で「当たり前」でい続けるために。

・この世界には今も、戦争や内戦が溢れている。しかし、日本国内の空気の中では、戦争についてまともに思考することすらできない。

・ありうべき戦場には、きっと、フェイクな優等生的なお友だちなどではなく、君にとっての本物の同胞=戦友たちが待っているだろう。

・大人として生きるならば、多かれ少なかれ、何らかの組織のメンバー(犬)になるしかない。

・完璧に自由な一匹狼にもなれず、組織の飼い犬にもなりきれないのであれば、せめて、無力さに負けて不満と絶望を吐き散らす負け犬にだけは墜ちずに、「永遠に彷徨う犬=野良犬」であり続けよう。

・その方法は「パッケージング」(視聴者が強い関心を抱く映像情報の編集)や「洪水による操作」(視聴者を釘付けにできる映像情報を大量に流すことで、メディアの独自取材を封じる)である。

・情緒のみに流れ、心情的に共感されてしまったのでは元も子もない。覚醒させたいのであって、酔って貰っては困るのである。

・ゲーム的世界を生きる戦闘美少女たちの「アサルトガールズ」。

・「何かを愛でることでかろうじて自分の魂=ゴーストを維持する」ことでしか生きられない人々の心理を、激しく撹乱する。

・僕は自分の日常生活をキープしつつ「戦争反対」と叫ぶのは違うと感じて、市民運動からは早々に去った。

・カフカの「君と世界との戦いでは、世界に支援せよ」という有名な言葉。

・バセットは本質的に「コントロールできない犬種」なのだという。それはいい意味で「馬鹿」であり、訓練が通じないから、何をするかわからない、という意味である。

・私たちはきっと、他人の自己犠牲が大好きなのだろう。あの人たちは、国民の幸福のために自己犠牲してくれている、と――逆に言えば、被害者や犠牲者が何かを自己主張しはじめれば、過剰なバッシングの対象となっていく。

・日本は確かに雑種文化かもしれないが、それはむしろ「雑居」というべきものである、「異質的な思想が本当に交わらずにただ空間的に同時存在している」に過ぎない。

・PTSDの症状の一つとして、トラウマとなる出来事の再演や再演技化(リイナクトメント)と呼ばれるものがある。たとえば性的虐待を受けていた人が、のちに、自主的にセックスワークの仕事に就いたりする、というケースである。かつて回避も抵抗もできなかった暴力を、半ば無意識に再演し反復することで、状況をコントロールしうるものへと改変し、傷を乗り越え、生きる力を回復するということ。

・インドネシア当局から、被害者や犠牲者への接触を禁じられてしまう。そこでやむなく、取材対象を加害者たちの側へと変えた。すると、驚いたことに、ジェノサイドの加害者たちは嬉々として、過去の自分たちの殺人行為を再演し、再現してみせたのである。これが映画『アクト・オブ・キリング』(2012年)として結実していく。

・せめて、人間らしい罪悪感くらいあってくれ。

・多くのハリウッド映画を観て、そこから人間の殺し方や残酷さを学んだのである。映画以上に効率的な殺人法を自己流で編み出していった。映画の中のスター以上のスターでありたい。そうした映画的な欲望があった。

・ハンスが殺されたことが悲劇なのではない。むしろハンスでも誰でもよかったこと、つまりハンスが殺されなかった「かも知れない」ことこそが悲劇なのだ。

・見たいものだけを見がちなインターネットは今や、従来の人間関係(強い絆)を強化する「階級を固定する道具」になりかねず、むしろ観光旅行やモノとの偶然の出会い(弱い絆)によって、自分が属する環境を書き換えていくべきだ、と主張する。

・何かをつかむことを学ぶ子供がボールにも月にも手を伸ばすように、いまや集団の神経を隅々まで働かせようと試みる人類は、手近な目標を目指すだけでなく、さしあたってはユートピアと見える目標をも、視野に収めるものである。

・しかし周囲は、出来事が終わった後になって、機長のミスを執拗に粗探しする。最近は家族環境に問題はなかったか、夫婦仲はどうだったか、という疑いすらかけられる。まるで乗客を救ったことが間違いだった、とでもいうかのように。

・周りの人々は事後的な視点から「こうしていればよかった」「あり得たかもしれない選択肢」によって責め立てる。



戦争と虚構

戦争と虚構

  • 作者: 杉田 俊介
  • 出版社/メーカー: 作品社
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: 単行本



タグ:杉田俊介
nice!(0) 
共通テーマ:

『日本人失格』 [☆☆]

・世間から浮いた存在でなければいけないはず。その浮いた部分に、世間は関心と期待を寄せてくれるのだ。

・自分のいる場所がしんどくなってきたのなら、一旦、そこから離れてしまえばいいと思う。執着する必要はどこにもない。

・「この笑い、面白いよね?」っていう「面白協定」に付き合うのはまっぴらごめんだから。答え合わせができないものこそ面白いという感覚が持てない人たちと飲んでいても、建設的な意見は出てこないし。

・成功例を受け継ぐだけでは新しい発想は生まれてこないし、「成功の縮小再生産」にしかならない。結果的にジリ貧になっていくだけだ。

・これこそが日本人の弱点だと思うんですが、みんな一緒、みんなと一緒であることが心の平和だと思い込んでいる。それは絶対的な間違いであり、人の成長を止めます。

・売れている理由は、吉本の社員が彼らを売ろうと努力して、あっちゃこっちゃ率先してテレビ局を回ってくれてたからだ。

・人間的には最低じゃんと思う人には、社員は近づかないし、誰も味方になってくれないよ。

・ひとりひとりが光ろうとするのを否定して消そうとする、いわば「闇族」みたいなのが、それに当たると思う。

・「何をしていいのかわからない」を免罪符にして、現実に何もしていないから、いつまで経っても何もわからないんだよ。

・1日1回、刺激を探したり見つけたりするだけで、1か月で30個の刺激を得られるんだよ。その1日1個も見つけようともしない連中が、「何をどうすればいいか」なんて言い出すのは、ホント、おこがましいわ。

・現実の社会じゃ誰も相手にしてくれんから、余計につながっていたいんだろう。そうしないと不安で不安でしょうがないんじゃないか。

・上京する際に、ひとつの覚悟として「東京で友達は作らない」と決めてきたのだ。東京には「テレビに出る人」になるために出てきたわけで、友達を作ることが目的じゃなかったからね。

・たとえ誰かに裏切られたとしても、そんなことはすぐに忘れちゃおう。すがったりするのは時間の無駄。

・そもそも、人間死ぬ時は、金も宝石も家も土地も持って行けない。だったらお金は、自分でいろんな経験をすることに使ったほうがいい。

・学校の勉強だけできたヤツ、要は言われたことをきちんと処理することしかできないヤツは、使えなくなっていくと思う。

・お城を見上げ、その瞬間、天守の向こうに広がる蒼い空に自分は何を思うかのほうが、お城のウンチクより大切なんじゃないかなと思ったりして。その景色の記憶が、その人の宝物になることもあったりするわけだし。

・善意ってのが、悪気がないだけに始末が悪いんだよなあ。断りづらいし、下手に断ると逆ギレされかねない。

・こういう人たちって、残念ながら自分で自分のルールを作れないんだな。小さい時から誰かに言われることに合わせてきた「いい子」だったから。大人になっても自分なりのルールの作り方がわからない。



日本人失格 (集英社新書)

日本人失格 (集英社新書)

  • 作者: 田村 淳
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: 新書



日本人 失格 (集英社新書)

日本人 失格 (集英社新書)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/02/22
  • メディア: Kindle版



タグ:田村淳
nice!(0) 
共通テーマ: