So-net無料ブログ作成

『そこまでやるか!裏社会ビジネス 黒い欲望の掟』 [☆☆]

・裏風俗では、体を売って小銭が稼げればいいという個人事業が中心になっているわけです。大きなお金が動かないところには、警察もそれほど興味を示すことはありません。未成年売春や不法滞在者の売春のような地雷を踏みさえしなければ、完全にスルーされます。

・人生が詰んだ人とは、いわゆる下流の人たちで、その人たちを相手にしたビジネスも展開されています。近年、金のあるところから取るのではなく、金のないところから「搾り取る」と表現できるえげつないやり方が出現している。

・ガールズバーは、飲食店営業で届け出を出しています。テーブルについて接客すると、深夜営業のできない風俗業に区分されますが、カウンター越しでの接客であれば、深夜酒類提供飲食店営業として届け出るだけで運営できるのです。

・彼らは犯罪を自分たちの手で実行するよりも、やり方をレクチャーしたり、商品の売り手と買い手をつないだりして利益を得ています。まさに新たな犯罪を生み出す、本当の意味での悪人たちといえるでしょう。

・彼らはどこに所属するどのような人物なのかがはっきりすると、自分の立場を危うくしてしまう危険性があるので、あえてぼかしているところもあるのです。どこにも属していないので、仲のよくない人たちが仕事上提携する必要がある場合には、間に立ってバランスをとることになります。

・唯一実態があるものといえば、名刺ぐらいでしょう。

・オタクはウィキペディアをはじめとした、ネット上の裏社会情報が掲載されているサイトを次々と更新してくれる。しかも無償であるため、我々ライターにとってはライバル的な存在でもあります(ネタの精度や文章力で比べているのではなく、読む側が満たされてしまうので購買力が落ちるという意味です)。

・「吐いた唾は呑めぬ」。これは、「一度口にした言葉は取り消すことができませんので気をつけて発言して下さい」という意味です。

・裏社会で流れる時間は怖ろしく濃密なため、わずか半年で取り巻く環境が一変して、風貌から話し方まで一気に変わってしまう事もよくあることなのです。

・裏風俗とは一期一会。関係を持った相手との連絡先の交換など愚の骨頂。

・「未成年者との援交は現行犯でもないのに、どうして足がついて捕まるの?」との質問に、彼は次のように答えました。「それは、出会う手間を省いて次の機会を考えるからだよ。次も買うから安くしてくれとか頼むやつがいるんだよね。手軽にいいことをしようとして、電話番号やLINEのIDを教えてしまうの」。

・騙された自分を恥じて泣き寝入りし、「勉強になった」などと、強がって負け惜しみを言うのです。

・指名システムがあるということは、常連を生みます。

・それが新しい形の人身売買「個体識別情報の売買」です。「個体識別情報」とは、平たく言えば個人情報。クレジットカード情報やパスポートなど国際的に身分を証明するIDのことです。

・そもそも人を売買すること自体が目的ではなく、欲しいのはお金。それなら人間はいらないんじゃない? お金になる情報を売買できれば、管理が面倒な人間をさらう必要などありません。

・知り合いの医者から「ハーブに手を出すぐらいなら大麻にしておけ」って言われてさ。シャブとか大麻なら治療できるけど、わけのわからないものに手を出して死んでも知らないぞって。

・危険ドラッグに手を出す人たちは、お酒の代わりとか、ノンアルコールビールと同じような感覚で捉えているようなのです。

・「やられたらやり返す」は、裏で生きる者にとって絶対に譲れないプライドです。報復されてしまうリスクがあることは忘れないでください。

・自体があまりに複雑化したためネットユーザーの興味は薄れていった。本人と関係のないところで、勝手に注目して、過去を根掘り葉掘り調べた挙げ句に、急に離れる。

・完全に身を持ち崩した若い子が小金を持つと、ろくなことがありません。事件を起こして警察に補導される確率が非常に高くなります(お金があると引きこもらずに出歩いてしまうためと考えられます)。

・日本でカジノが解禁となったらどうなるでしょうか。おそらくは、マカオのような発展はないと思っています。というのも、マカオではマネーロンダリングで大金が落ちるのが前提であることに加えて、ホテルや周辺地域での売春も大きな産業となっています。

・女を買うことは、金持ちだけの遊びというわけではないのです。金を払うからこそ、相手にしてもらえる男というのは、世界中を見渡してみると、珍しい存在ではありません。

・問題というものは、薄くすれば周囲に溶け込んで何もないように見えます。

・ホームレスに限らず根本的な解決をしないと、追い出されただけ、別の場所に移動しただけです。

・性的マイノリティの差別反対という世界のムーブメントもあり、新宿二丁目のゲイタウンは、いまや日本を代表する観光地となっているのです。



そこまでやるか! 裏社会ビジネス ―黒い欲望の掟

そこまでやるか! 裏社会ビジネス ―黒い欲望の掟

  • 作者: 丸山 佑介
  • 出版社/メーカー: さくら舎
  • 発売日: 2015/02/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



そこまでやるか!裏社会ビジネス

そこまでやるか!裏社会ビジネス

  • 出版社/メーカー: さくら舎
  • 発売日: 2015/02/13
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ: