So-net無料ブログ作成

『入れたり出したり』 [☆☆]

・生まれる子供は少ないのに老人はたくさんいる、という少子高齢化の今の日本は、拒食症の人が便秘をしているようなものでしょう。

・ゴミ袋に入れられて、誰かに発見されてしまったバラバラ死体もあるけれど、ゴミ袋に入れられて捨てられ、発見されないままきれいに処理されたバラバラ死体の方が、この世にはずっと多いような気もします。

・「こう言っておけば老人は喜ぶだろう」とばかりに「お若いですねぇ」を連発するのは、お年寄りを尊敬しているようで、実はとっても軽く見た態度のような気がするのですが。

・「今日は自分のプレイができませんでした」と、さもたまたま運が悪かったかのような言い方をするけれど、自分のプレイというのはたいてい、相手が自分より弱い時にしかできないものであることを、彼等は忘れたフリをしている。

・誰のことも嫌いではないのだけれど、同じように誰のことも好きではないのです。だからこそ、不特定多数の人と交際することができる。

・何かに挑戦しようとする人は、最近みんな「誰かに何かを与えたいから、やる」という言い方をするのです。どうして素直に、「自分がやりたいから、やるんです」と言わないのか。

・一人でする旅行為は「一人旅」と言い、「一人旅行」とは言いません。対して複数人数での旅行為は、「団体旅」とか「修学旅」とか「新婚旅」とは言わないように、「旅」ではなくて「旅行」になる。

・すっかり大人になっているのに携帯に電話がじゃんじゃんかかってくるというのは、あまり格好良くないものです。それが仕事の電話である場合は、いまだに木っ端仕事から解放されていない無能な人、という感じも漂う。

・手帳にいくつスケジュールが書いてあるかじゃなくって、スケジュールが書いていない時間に何をしているかが、重要なのよね。

・たとえ洗濯したてでもアイロンがかかっていないシャツを着ている人は、三日目の着用であってもアイロンがかかったシャツを着ている人よりも、確実に不潔に見えてしまう。

・ジェーン・オースティンの「自負と偏見」の中に、女の馬鹿さ加減を示す事例として、「馬車を見て「あれは馬車だわ!」というような女」というのが出てくる。

・過去の告白をする人達の表情に、どこか得意気な空気すら感じて、鼻白んでしまったりもする。

・有名人の悪口など言わずとも、その人のことを「知らない」とさえ言えばいい。



入れたり出したり (角川文庫)

入れたり出したり (角川文庫)

  • 作者: 酒井 順子
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2003/11/01
  • メディア: 文庫



入れたり出したり (角川文庫)

入れたり出したり (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2013/02/25
  • メディア: Kindle版



タグ:酒井順子
nice!(0) 
共通テーマ:

『CIA極秘分析マニュアル「HEAD」』 [☆☆]

・私が犯したミスは、最初に事実から説明し、すべてのアナリストが一度はやる典型的な誤りにあっという間に陥ったことである。つまり、情報や専門的な分析さえ伝えれば、ブリーフィングを受けた側の人間はそれをもとにどう行動すべきかを判断できると思っていたのだ。

・問題を分析する人が意思決定者役に紛れ込むことを許していないか、意識すること。紛れ込んでいた場合、結果に利害がない状態を保てるかどうか疑わしい。

・分析と意思決定の混在は日常生活でいつも起きており、その手の混在を許容できないふりをするのは世間知らずだろう。

・沈黙が、単純な反応へと人を駆り立てる。「何か言え。なんでもいい。間をもたせろ」と衝動的に思ってしまう。

・インタビュー中、答える側が3秒以上黙り込んで答えに困る様子を見せると、人間の本能が自然に動き出す。わずか数秒の沈黙でも、人は居心地が悪いと感じるようである。

・批判的思考はいつの間にか自然に身につくものだと、私たちは考えている。文学の講義を二十数科目も受ければ、学生は知性を鍛えられ、分析できるようになるのだ、と。そうはならない。

・ピクニックを延期する必要があるかどうかを知りたかったとしたら、最初の二つの問いは、事実としては正しいが、誤解を与える答えを導き出しただろう。1、ハイ、明日は雨が降ります(午後ではなく午前中に雨が降りますが、あなたそれを問いませんでした!)。2、明日は雨が降ったりやんだりするでしょう(晴れるのはあなたがピクニックを予定していた午後ですが、あなたはそれを問いませんでした!)。3、はい、午前中は雨が降るでしょうが、昼には止むでしょう(ピクニックをお楽しみください!)。

・未来なんて予測できないんだから、本当に答えを知っている人は誰もいません。もし誰かが知っているふりをしていたら、そうした確信を持つからこそ、彼らの分析を懐疑的な目で見る必要がある。

・私たちはみな書くことよりも話すことの方が自然にでき、あなたの耳は、アイデアや文の中にある引っかかる言い回しや構造をすぐに聞きつけて取り除くだろう。自分が書いた文を読み上げた時に耳で聞いておかしいと感じたら、ためらってはいけない。文を書き換えるよう自分を追い込むこと。

・スターバックスは、カフェは他店同様にコーヒーを売る場ではなく、出かけるための場所だという考え方のもとにビジネスを構築した。

・コメンテーターを責めないでほしい。テレビ番組は展開の速い娯楽として設計されているのであり、時間をかける分析ではないのだから。

・優れたアナリストであるかどうかは、何を知っているかではなく、どのように考えるかによって定義される。彼らは第一にアナリストであり、専門家ではない。

・私たちの社会で勝利するのは、大胆で議論を呼ぶ予測を立てるハリネズミである。キツネばかりが出演するテレビのトーク番組がいくつあるだろうか?

・「ガラクタはガラクタを生む」という原則の典型的な例である。最初によい問いを立てることにエネルギーを使えば、最後に役立つ答えを生み出すだろう。しかし、最初に悪い問いを立てると、最後に悪い答えを生み出すことは、ほぼ確実に保証できる。

・私たちははっきり区別すべき二つの分析能力を混同している。一つは、豊富な専門知識や歴史の知識を用いて今日の出来事について説明する能力であり、もう一つはこうしたくびきから逃れて、これからのパターンが明日どこで変化するかを見極める能力である。

・専門家たちが昨日と今日に足を取られ、現在起きている幅広い変化に気づかない場合こそが問題である。

・誤りは、小さな手がかりを一つ見落としたことから生じるわけではない。批判的思考における基礎的な見落としから生じるのである。

・「私ならあんなことはしないだろう」とあなたは言うかもしれない。「いえ、あなたもするでしょう」と私は答えるだろう。

・成功の秘訣は、不確実性の低減にある。

・テロ事件は、攻撃の規模にかかわらず電波を独占する。

・テロリズムが社会にとって脅威か、という一般的な問いではなく、次のような問いを立ててはどうか。私は個人としてどれくらい案じるべきか?

・私たち人間は賢い一方で、毎日のように心に騙されており、人間の心の弱さに付け込んで莫大な富を築いている人は大勢いる。騙されていると「知っている」ときでさえ、私たちは餌に食いつく。

・二つの矛盾するものの見方を同時に持つことができる、人間特有の能力である。

・民族や宗教が対立する社会に彼がもたらした公共の安全は、アメリカによるイラク侵攻後に失われた。

・多くのイラク人はサダムを好きではなかったが、中には、彼が追放されたのちに享受した自由を、彼が日常生活にもたらした安全と取り替えてもいいと思っている人もいる。

・分析業界では、評価している存在や個人を自分同様に考えたり、行動したりするだろうと仮定することは鏡像として知られており、分析において最もよく目にする誤りの一つである。

・統計をよく知っている人、あるいはせめて楽に扱える人はごくわずかである。



CIA極秘分析マニュアル「HEAD」――武器としてのインテリジェンス

CIA極秘分析マニュアル「HEAD」――武器としてのインテリジェンス

  • 作者: フィリップ マッド
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/06/22
  • メディア: 単行本



CIA極秘分析マニュアル「HEAD」 武器としてのインテリジェンス (早川書房)

CIA極秘分析マニュアル「HEAD」 武器としてのインテリジェンス (早川書房)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/06/25
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ:

『誰も語らなかった防衛産業』 [☆☆]

・防衛予算をもっと削って装備品の生産が縮小された場合、これらの何千社にものぼる中小企業にとっては計り知れない打撃となるのだ。

・町工場はノウハウを持った「人」が存在し、注文があって常に機械が動いてこそ、血液が循環し呼吸をして、日本の心臓部となり得るのである。延命治療をしようにも注文という酸素を送り込まなければ、その行く末にあるのは「死」だけだろう。

・こだわりは大事だが、自分の考えだけに拘泥する気難しさがあると、物作りはできないという。

・一度製造をやめてしまったら、次に始めたい時には、もう技術者はいないということです。

・「戦車」を「特車」と呼んでいた時代もあった。世の中の軍事に対する無理解は、こうした誤魔化しの積み重ねによって、かえって助長してしまったのかもしれない。

・愛機の整備が済んでいないのに、自分だけくつろいで待つことに抵抗があるとも聞く。このあたりの精神性の違いは、常に戦争が身近にある国とそうでない国の差のようにも思える。

・よく若い人が仕事がないというけれど、本当にないわけではありません。やはりこういう3K職場に来る若者は少ないですよ。

・一種類の部品を百個作れれば工場は助かりますが、極端な話、今は百種類を一個ずつという状況に近く、時間ばかりかかって、非常に苦労しています。

・防衛省相手の仕事は審査が難しいというのは、防衛関連企業の共通した認識である。だが、その厳しさが果たして然るべきものであるかどうか、という指摘もある。

・そもそも日本の防衛産業は、規模として1.9兆円、工業生産額に占める比率は0.7%で自動車の20分の1に過ぎず、産業としての規模が小さい。

・政治家が武器輸出や、ひいては安全保障の議論をまともにすることもなく、「なぜこのような原則があるのか? なぜ必要なのか?」をまったく検証せず、下手にいじって騒がれたくないという思いと、官僚の前例主義が原因であろう。

・作り置きはリスクが高く事実上できない。製品を置いておくことは、お金を置いているのと同じで金利も税金も発生し、場所も取る。

・「思いやり」です。これは今の日本人に決定的に欠けているものです。そこで隊員たちには「自分の汚れを他人に与えるな」と教えています。

・トイレで自分の汚れをきれいに拭いたか? 風呂に入ってアカが一片でも浮いてないだろうか? ちゃんと体を洗ったか? そんな基本的なことすら、今の家庭では教えていないという。

・クラスター爆弾という、極めて短時間で「面」を制圧できる兵器は、四面環海で広い海岸線に囲まれたわが国にとって、敵の上陸を阻み、被害を最小限にとどめるために必要不可欠である。こうした国防上の利点を充分に理解せぬまま、安直なセンチメンタリズムと俗論に迎合し、国家を守るための兵器をみすみす捨てるというのは、それこそ「無駄使い」だと、私は思う。

・途上国に医療機器や精密機器を寄付したが、修理ができずに放置されているという話をニュースで聞いたことがあるが、どんなに良いものでも、メンテナンスや再生産の能力がないと無用の長物になるだけだ。技術あっての国力なのである。

・職人になるには知識と自信が必要です。教育することで知識は得られますが、実際に作るものがないと、いつまでも「自信」がつきません。

・よく「軍事産業は儲かる」と言われますが、世界の流通市場における規模は決して大きくなく、日本の防衛産業に至っては、コンビニ市場と比べても約4分の1であり、果たして「防衛産業」などと大仰に言っていいものか、という声もあるほどです。

・弾一個なくなっただけで大騒ぎになり、訓練後、薬莢をすべて拾い集めている軍隊は、おそらく世界中探しても他にないだろう。

・「技術」というものはハイテク機器やITといったものだけではなく、むしろ「同じものを同じように作る」ことかもしれない。

・自衛隊では使えなくなって処分する弾を「不用弾」と呼んでいた。ところがその呼び方は止めようということで、「退役弾」に改称したと聞いたことがある。耐用年数を経過してリタイアする装備品は「退役」と言われているが、なぜか弾だけは「不用」と言われたのを、弾に失礼だということでの配慮だったようだ。

・審査への対応が、企業の負担となっていることも否定できません。書類の量は莫大で、「森林が一つ消えるほど」という関係者の声もあるほどです。

・「契約額よりコストオーバーしたら余分な経費は企業持ちですよ。でも努力してコスト削減ができたら、その浮いた分は返してくださいね」という非常にユニーク(?)な仕組みです。

・リーマンショック後は、防衛産業は安定性のある分野と目されていますが、長期的に見れば「それ以上にも、それ以下にもならない」つまり成長の見込めない分野に変わりありません。

・わが国の防衛技術はもはやどこにも欲しがられていない――そんなことが言われるようになりました。防衛生産基盤の維持のために輸出をして量産に結びつけてはどうかというプランは、すでにその能力からして実現が難しくなっているのです。

・「私たちは真面目なんです」と胸を張る人までいるので、そんな時は返す言葉もない。これは、もはや真面目を通り越して、失礼な態度である。

・まだ「人を殺傷するものを輸出するのか」と言われることがある。武器は人を守るものでもあり、その点をしっかり議論しないといけないと思う。

・PKOも1か所だったが、今は2か所。その2か所に施設部隊が派遣されていて、万が一国内で災害が起きたときは、瓦礫の片づけがこの前のようにできなくなっている。



誰も語らなかった防衛産業 [増補版]

誰も語らなかった防衛産業 [増補版]

  • 作者: 桜林 美佐
  • 出版社/メーカー: 並木書房
  • 発売日: 2012/09/28
  • メディア: 単行本



タグ:桜林美佐
nice!(0) 
共通テーマ: