So-net無料ブログ作成

『疲れない!! 楽しいを感じて、話して、書けば人生は◎』 [☆☆]

・波に洗われた砂地に棒きれさえあれば、そこは立派な自由書の舞台です。

・ネガティブなことを言えば言うほど、大変さが身に染みてどんどん疲れてくるし、ポジティブなことを言えば言うほど、活き活き、溌溂。

・アントニオ猪木さんは「元気ですか!」と問いかけ口調。矢沢永吉さんがよく口にする「アー・ユー・ハッピー?」が問いかけ口調なのも、考え方はまったく一緒でしょう。問いかけ口調ってポジティブだし、すごくかっこいいんです。

・手紙の書き出しも「お元気ですか?」ですし、英語で「元気ですか?」は「ハウ・アー・ユー?」で、どちらもやっぱり問いかけ口調ですね。

・自分だけに目を向けた「心配」に「り」をつけて、まわりに目を向けた「心配り」に変えてみる。

・面白いことが見つからなくても、「何かないかな」とワクワクするだけでも成功だと僕は思っているんです。

・「面白い」人生を過ごしているから面白いわけではなく、「面白い」にアンテナを張り巡らしているから、面白くなる。

・何でも「面白い」とくっつけると、「嫌味な性格が面白い」「やたら上から目線なところが面白い」「部下にミスの責任を押しつけて面白い」となり、まるでゲームかアニメのネガキャラみたいに思えてくるから不思議です。

・もし一番嫌いなものから食べると、次に食べるものはその次に嫌いなものを食べることになる。そうやって、その人は常に数ある食べ物の中で一番嫌いな食べ物を選び続けているというわけ。これが逆だったらどうでしょう。選択肢の中から一番好きなものを選び続けることになります。

・嫌いなものを選び続けるより、好きなものを選び続けたほうが、誰だって楽しく、幸せなはず。

・嫌いなものを、あえて「好き」と書いてみよう。書くことで、そのものを意識することになり、好きと嫌いの気持ちがひっくり返る。

・今の気分にピッタリの言葉を造語する。

・どこがいけなかったか分析するのが今の日本人の「反省」。本来の意味は客観的に自分の言動を振り返るもの。



疲れない!! 楽しいを感じて、話して、書けば、人生は◎

疲れない!! 楽しいを感じて、話して、書けば、人生は◎

  • 作者: 武田 双雲
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/07/27
  • メディア: 単行本



疲れない!! 楽しいを感じて、話して、書けば、人生は◎ (幻冬舎単行本)

疲れない!! 楽しいを感じて、話して、書けば、人生は◎ (幻冬舎単行本)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/07/26
  • メディア: Kindle版



タグ:武田双雲
nice!(0) 
共通テーマ: