So-net無料ブログ作成
検索選択

『MORI LOG ACADEMY 1』 [☆☆]

デザインの語源は「削る」という意味である。不必要なものを消して、最適なものを選ぶことだ。決して「足して飾る」ことではない。

・かつてのウェブサイトには「他人に利益をもたらそう」「情報を共有しよう」という意志が強く感じられた。他人の役に立つものが何か一つくらい自分にもあるはずだ、という前向きな姿勢があった。

・迷惑メールは、選挙運動の宣伝カーが煩いというのと同じレベルである。

・設計が「創る」であり、工作が「作る」である。両方で「創作」になる。

・「わかってもらいたい」という動機がなければ、文章は決して良くならない。

・動詞を繰り返すような言葉、「繰り返す」「叩き割る」「押し上げる」「練り混ぜる」などでは、それが動詞として使われる場合の表記はこのままだが、名詞の場合は「繰返し」「叩割り」「押上げ」「練混ぜ」のように最初の送り仮名を消す。

英語で最後が「er」や「or」になる単語で、カタカナにしたとき3文字以上になるものには長音をつけないというルールが、JISで決まっている。

・子音+yで終わる英単語は「ィ」を用いる。

・学術論文では、ほとんどの主語のあとに「、」を挿入して書く。

・数学は、現実の問題を数式に置き換える、という抽象化こそが重要だ。

・X^2を微分すると、2Xになる。逆に、2Xを積分すると、X^2になる。Xの積分は1/2*X^2になる。X^2を積分すると1/3*X^3になる。これらが、三角形や円錐の公式に出てくる係数だ。

・0以外の任意の数字を0で割ると、答えは∞(無限大)である。n÷0=∞。お金が50円ある。1日に5円使えば50÷5=10で、10日でなくなる。1日に0円使えば、50÷0=∞で、無限大日後になくなる(いつまで経ってもなくならない)。

・n×0=0から、左辺の0を右辺へ移項した、n=0÷0が、任意のnについて成立するので、解は「不定」になる。

・木と鉄は火に弱い。鉄は400℃くらいで強度が半減するため、事実上、木造と同じくらい火災に弱いといえる。RC造だけが火事に強い。

・適当なものを糸の先に結びつけ、その糸を25cmほどにして揺すると、だいたい1秒で往復する。この糸を1mに伸ばすと、だいたい2秒で往復する。振り子時計は、この25cmか1mの振り子を持つものが多い。

・水面に浮いている氷の、水面下に沈んでいるのが、もともと水だった時の体積であり、水面上に現れているのが膨張して増えた分の体積である。

・凝固した時膨張する物質は珍しい。水以外の例として、炭素がダイヤモンドになる時などがある。



MORI LOG ACADEMY〈1〉 (ダ・ヴィンチ ブックス)

MORI LOG ACADEMY〈1〉 (ダ・ヴィンチ ブックス)




タグ:森博嗣
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『遅読家のための読書術』 [☆☆]

・レゴで遊ぼうと思ったら、一定の数のブロックがないと楽しめませんよね? 「読書がなかなか楽しくならない」という人は、そもそもの手持ちのブロックが少なすぎて、そこから新しいものが組み上がっていく醍醐味をまだ味わえていないのです。

・音の配列をすべて記憶しているとか、楽器で完璧に再現できるとか、歌詞を暗記しているといったことは、音楽を聴く本来の目的ではないはず。そうではなく、聴いた結果として自分の中に生まれたものが、その音楽の根本的な「価値」なのです。

・いくら線を引いても、本の価値は「外の世界」に出てきません。本の中に眠ったままです。

・打ち合わせを効率的に進めるための最良の方法は、その直後に別の予定を入れることだそうです。次のアポがあると、ダラダラと打ち合わせをしているわけにはいきません。

・むしろ、これまで関心がなかったはずの本に感動するという体験こそが、読書の醍醐味の1つではないでしょうか?

・たしかにDJは音楽をかける人なのですが、もっと突っ込んでいうと、音楽をかけることで「場の空気」を作るのがDJの基本的な役割です。

・いまはインターネットで探せますから、「二度と手に入らない本」などというものは、よっぽどの稀少本でない限りまずありません。

・「なくてもいいもの」だということを前提にした上で、「音楽があると、生きていくことはもっと楽しくなる」という感覚を持つほうが大切だと考えているのです。

・たくさんの音楽を聴くうちに、ジャンルアーティストの名前やその他の蘊蓄をため込んだ「音楽マニア」になる人がいます。音楽そのものを楽しむというよりは、音楽について知ることが目的になっているような人です。



遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣




遅読家のための読書術

遅読家のための読書術

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/02/25
  • メディア: Kindle版



タグ:印南敦史
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『MORI LOG ACADEMY 2』 [☆☆]

・間違いだとわかるのは、正しいものを知っているからだ。したがって、誰が見ても明らかな誤植は誤解がなく、実害もない。

・良い仕事とは、最後の最後まで運を天に任せなかった結果、達成できる。

・悪口を言う人は自分が悪口を言われることをもの凄く恐れる。だから、他者に対しても悪口が効くだろうと思っている。

・誰でも、金を払う奴の言うことはきくものだ。

・プロは、アマチュアでも確実にできる方法で作り、アマチュアはプロでも難しい方法で作ろうとする。

・たまに大きな一歩を進めないと、細かい一歩が進められない状況になる。

・受動的な楽しみで時間をつぶすことしかできない人を、西欧の文化人は軽蔑している。

・大切なのは「仕様」ではなく、発揮すべき「性能」である。

土地の値段が上がらないのは、景気が悪いからではない。もう使わない土地、もうすぐ廃虚になる土地が沢山余っている。






タグ:森博嗣
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ: