So-net無料ブログ作成
検索選択

『希望の資本論』 [☆☆]

・社会主義が力を持っていると、いつ労働者は革命を起こすかもしれない。それを恐れた資本主義国では、社会保障や社会福祉に力を入れ格差の是正にも努めてきました。

・長期のゼロ金利が示すのは、資本を投資しても利潤の出ない資本主義の「死」であり、日本はその最終局面にいち早く立っている。

・新聞社に対して文句があるのなら、投書をするといった手段があるのに、新聞社の前に行って喚き散らして暴れるような状況が日常的に起きるなどということは、やはり教育の問題なんですよ。

・イスラム原理主義は、共産主義やファシズムと比べた場合、決定的な違いがあるんですよね。生産の哲学がないんです。

・生産の哲学がなくて、分配の哲学しかない。だから、どこかから取ってくるというように常に外部を想定していなければならない。

・山岳チェチェン人と平地チェチェン人では、山岳チェチェン人の方がエリートなんですね。それは、基本的に山岳チェチェン人というのは、平野のチェチェン人から略奪してくるわけです。

・宗教のために命を捧るという決意をして、そのために本当に死んでもいいと思うようになると、人の命を奪うことに対するハードルがものすごく低くなるわけです。だから、大量殺人というのは、大体「人類救済計画」が立っていないとできない。

・いま、日本の一般社会と比べて日本の論壇が極端に右翼化しているし、政治エリートも右翼化している。その右翼の人たちは、自分たちが真ん中にいると勘違いしている。数学上の特異点になってしまっているのに。

・反知性主義者は、知性を憎んでいる。だから、知性の言葉が通らない。

・人間は自分が嫌いで意味がないと思っていることの記憶は絶対に定着しないんです。

・毎年センター試験の問題はきちんとやって、常に9割はキープしておく。

・「なぜ」という動機づけを学生にするのが教師の仕事だと思います。

・ある社会の構造というのは、その社会における男の女に対する対応を見ればわかる。

・本当に虐げられていたり貧困の中にいたりする人たちは立ち上がれない、少し余裕のある人たちが立ち上がりことができる。

・そもそもすぐれたテキスト、長く読まれているテキストって、実はいいかげんなのです。だから首尾一貫した形での複数の読み方が可能になる。そういう蓄積が山ほどあるから、聖書も、コーランも、法華経もみんな面白いんですよ。

・太平洋戦争中に敵であるアメリカのことを学ぼうとすると「敵性語を学ぶな。英語勉強する奴は非国民だ」と言われたのと論理は同じだなと思いました。この反知性主義というのは、いまも根強く出てくるんだなと思いましたね。

・ISの画像は、本当に首が切られて血が飛び散っているといった凄惨な状況はあまり出さないんですよ。切られた首が胴体の上に乗っているという形にする。演劇やテレビドラマの手法で、見られる範囲なんですよ。こんなのがあるよと言って転送しても人格は疑われない範囲のものに、彼らは演出してやっているわけですよ。

・大体30年ごとにバブルが起きる。しかし人間は自分の経験から学ぶことはできるけれども、歴史から学ぶことができない。バブルが始まってしまうと、みんな空前の好景気と思って、バブルがはじけて初めてあれはバブルだったと思うわけね。バブルの最中にはバブルだと気がつかない。

・問題なのは特異な能力を評価する時、評価する側は凡人だということです。

・評価できるようなものは、最新鋭のものではないわけです。



希望の資本論 ― 私たちは資本主義の限界にどう向き合うか

希望の資本論 ― 私たちは資本主義の限界にどう向き合うか

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/03/30
  • メディア: 単行本



希望の資本論 (朝日文庫)

希望の資本論 (朝日文庫)

  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/06/07
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ:

『ミニマリストという生き方』 [☆☆]

・マキシマリストは、幸せを感じるアンテナが低い。いつも不足感がある。

・家を持つよりも好きなときに好きな土地で暮らす「家を持たない暮らし」っていいよね。

・必要になればすぐに買える仕組みが整っているから、持っていなくても安心して暮らせる。

・現代は、モノの機能を超えて記号だけ消費していく社会になっていますよね。食品偽装はまさにそうで、食材の銘柄とか産地とかはどうでもよくて、東急ホテルズという記号を食べていたということですよね。

・モノがモノとしての本質を失って、付加価値によって消費されていく。

・好きなことに意味がある方がおかしいですよ。好きなことに理由づけできる方がダメだと思います。

・片づけてすっきり暮らしたいというのと、モノを減らして迷わないで暮らすのとは、根本的に違うのかもしれませんね。

・人から「いいよ」と薦められたものよりも、自分で発見したものを愛でるタイプなんですね。

・「分相応」とか「身の丈に合った」という言い方は、ほとんどもう耳にすることがない。

・政治家や企業家が、誰もが家を持てる世の中を目指すのはよいことかもしれないが、結果は、誰でも安心して住める世の中ではなく、住宅ローンを組める世の中になっただけだった。

・住宅ローン破産が耳慣れたものになっても、いくらファイナンシャルプランナーが「返済額は収入の2割を目安に」とアドバイスしても、20代30代の若い人が借入限度額を目安にローンを組んで家を買っている。

・日本は、長い戦後を生きているのだなあと思うことがある。世界は根本的には第二次世界大戦後の体制を維持し続けているのだから当然のことかもしれないが。

・承認欲求は、食べなければ死ぬ・地雷を踏めば死ぬのと同じくらいのダメージを与えるほどの、「低次の」欲求になっているということだと思う。

・その人の所得が低いから貧困になるのではなく、その人がその人の生活において取りうる状態や行為ができないと貧困になるのだ。

・60歳になるまで自分の身の回りのことを自分でする潜在能力を発揮できなかったのは、仕事のせいか、彼自身または妻の価値観のせいか、いずれにせよ、彼は潜在能力を生かす機会を奪われた生き方をしてきたということになる。

・モノに執着するのも、モノを粗末にするのもかっこ悪い。日々使っているモノを大切に扱うかっこよさを身につけよう。

・モノの扱い方は、食べ方と同じ意味で、その人の育ちを表す。

・世間は社会ではなく、自分が加わっている比較的小さな人間関係の環である。その世間あってこそ、自分が何者であるかが自他ともに了解できるのだ。

・承認というと聞こえはいいけれど、もうひとつの呼び名は嫉妬だろう。

・あるときはたと気づくのだ。いま、ここに、この体をもって生きているということそのもので、生きるとは十分なのだと。

・家事だからといって、主婦雑誌的な「ていねいな暮らし」をイメージしない方がいい。職人が目の前の仕事をこなしていくような、禅僧が日常の作務を行なうような、そんな作業をやっているイメージだ。

・日本人は、深刻さに欠けている分だけ、より幸せなのである。

・野心やこだわりを野暮と呼び、飄々とした粋を好む。



ミニマリストという生き方

ミニマリストという生き方

  • 作者: 辰巳 渚
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2016/02/12
  • メディア: 単行本



タグ:辰巳渚
nice!(0) 
共通テーマ:

『速さは全てを解決する 「ゼロ秒思考」の仕事術』 [☆☆]

・日本のホワイトカラー生産性の低さの三大要因は、「自分で決定し、推進しきれない多くの経営者や部門長」「部門内外の調整につぐ調整」「それにともなう膨大な・過剰な書類作成」だと考えている。

・仕事が遅い理由のかなりの部分が、実はスピードの問題よりも、「すぐに着手しない、着手できない」ことに起因する。

・部下に曖昧な指示しか出していないのに、自分の意に沿うものが自然にできあがることを期待している上司がどれほど多いことか。

・プレッシャーに弱い人は、結果をものすごく気にする。結果だけではなくて、人が自分のことをどう思っているのか、など人目も気にする。さらに失敗したあとのことも心配する。

・仕事のスピードを上げていけば、プレッシャーを感じている暇がなくなる。「プレッシャーを感じる」というのは、大体において少し暇というか余裕があるのだ。

・「上司が部下に対してどのように指示をして最高の結果を出すようにすべきか」というノウハウが、日本企業にはほとんどない。

・少しずつの積み重ね、特別な努力の積み重ねで大きな差がつく。しかも、この努力は精神的にも非常によい。自分が明らかに人と違う次元の努力をしていることが励みになるからだ。

・仕事を速く進めるうえで重要な点は、できるだけ全部前倒しすることだ。

・半歩でもいい。他の人より少し前を歩くだけで、俄然リーダーシップを発揮できる。人は、少し前を行く人にどうしてもついていってしまう性質がある。

・自分と同じ年齢、5年上、10年上、5年下でそれぞれ最低2人、何でも相談できる相手を見つけておくと、情報収集力、現場感、判断力が大いに強化され、視点も格段に広がる。

・聞く力を強化するには、会話量が圧倒的に多いテレビドラマのDVDを繰り返し観るのがよい。聞き方は、一度目は日本語字幕で、二度目は英語字幕で、三度目は字幕なしで耳で追う。



速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術




速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術

速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/01/22
  • メディア: Kindle版



タグ:赤羽雄二
nice!(0) 
共通テーマ: