So-net無料ブログ作成

『いまどきの子を「本気」に変えるメンタルトレーニング』 [☆☆]

・視点を一点に定めると、集中力を取り戻すことができます。実は、脳には、視点が定まらないと集中できなくなり、逆に、視点が一点に定められると自然と集中してしまう、という特徴があるのです。

・「緊張しやすい子」には、「ゆっくり動く」ことを意識させる。

・呼吸は、脈拍や体温などと違い、自律神経の中で唯一意図的にコントロールできる方法です。

・いろいろ「言い聞かせる」より、普段通り「明るく接する」。引きこもっている子に、暗い表情で何を言っても、追い詰めるだけでしかない。

・明るい雰囲気の家庭で、子供がおかしくなっているという話を聞いたことがありませんよね。これって、「うまくいっているから明るい」のではなく「明るくやっているからうまくいく」ということです。

・「何を考えているのか分からない」と思うより、「表情」に注意を払う。「何を考えているのか分からない」のは、「何も見ていない」から。

・自分で考えられるようになるには、話を聞いてくれる存在が必要。私達は、誰かに自分の考えていることや感じていることを存分に話すことによって、頭の中の考えが整理されていきます。また、自分の言葉を自分の耳で聞くことにより、気づきが促されていきます。

・同期や先輩と比較して「自分には何もない」と自己肯定感が低くなっている社員をよく見かけます。そんな社員でも、研修等で共通点探しを行なってみると、「何だ、けっこうみんなと共通点があるんだ」と自己承認できるようになります。

・まず「やらないとどうなるか」と考えてもらいたい、次に「やるとどうなるか」を考えてもらって、ワクワク感を感じてもらう。コーチングの基本ですね。

・「声をかける」という行為は、「相手の存在を認める」という意味を持ちます。

・自分の存在を認めてくれない相手には、自分からなかなか声をかけづらいですよね。

・自分のことを肯定的に思えていないと、他人や物事の否定的な面にばかり意識が向く。

・周りの目を気にして、自分らしさを見失っている子には、「憧れの××さんだったどうする?」と聞いて、視点を変えさせましょう。

・やる気がないわけではないんですが、欲がないんです(正確には、「欲」より「損する恐怖」が勝ってしまうんですね)。

・役割を与えれば、積極性が生まれる。「役割を果たせない=自分の価値が下がる」ということになりますので、損を極端に嫌がる子であっても、「自分の価値が下がる」という損失を避けるために積極的に行動して、その役割を果たそうとします。

・「ちゃんとやれ!」ではなく、具体的に伝える。言っても行動しないのは、具体的に何をすればいいか分からないから。

・「ちゃんとやれ!」と怒鳴るだけで、選手のモチベーションを下げる監督。

・「誰かがやらなければならないことは、自分がやる」という考えを習慣づける。

・子供は、親の言う通りにはならず、やっている通りになる。部下は、上司の語る言葉ではなく、やっている行動を見ています。

・私達の脳は、行動の影響を受けるため、スイッチとなる動作を使えば、心を整えることができます。



いまどきの子を「本気」に変えるメンタルトレーニング

いまどきの子を「本気」に変えるメンタルトレーニング

  • 作者: 飯山 晄朗
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2016/07/30
  • メディア: 単行本



タグ:飯山晄朗
nice!(0) 
共通テーマ:

『ヤバすぎる経済学 常識の箱から抜け出す最強ロジック』 [☆☆]

・政府の役人の大部分にとって、実際にテロを防ぐことより、テロを防ぐ努力をしているように見えることのほうがポイントが高いのだ。

・もしも今から図書館なる制度を一から作ったとしたら、それはこんにちの図書館の姿とはぜんぜん違ったものになるでしょうね。

・有権者は好きなだけ何度でも投票できる。でもアイディアのキモは、投票するたびにお金を払わないといけなくて、払う金額は投票した回数の2乗の関数で決まることにある。1票目には1ドルかかるとしよう。2回目の投票には4ドルかかる。3票目は9ドル、4票目は16ドル、なんて調子だ。

・本拠地でのナイターを、午後7時11分に始めると発表した。なんでかって? セブンイレブンが50万ドル払ってそうさせたからだ。

・悪いのは仕組みだ。何はなくともまずお金と利益、という仕組みである。

・資格を持ち続けるために9か月ごとに試験を受けないといけない外科医がどれだけいるだろう? 航空会社のパイロットは受けないといけないのだ。

・完璧であれなんて言わない。でも素晴らしくありなさい。

・人にできる一番危ない営みの1つを突き止めた。千鳥足だ。データを見ると、酔っ払い歩きで1マイル行くのは酔っ払い運転で1マイル行くのの8倍危ない。

・めったにないことばかりはやし立てるマスコミ。

・デブが急にたくさん湧いて出たのは、大部分、とても安くてとてもおいしい食べ物が幅広くいきわたったからだ。

・デブは大きな波みたいにこれからアメリカ全土を覆って砕け、どこまでも続く泥沼のような問題を医療や経済にもたらす。

・彼のすごいところは、考えてみるとまったく当たり前なんだけれど、彼がそう言うまでなぜか誰も気づかなかったことに、ちゃんと気づけるところだ。

・アメリカでは、知っている相手に殺された人の、知らない相手に殺された人に対する割合は、だいたい3対1だ。

・ほとんどの人間の営みはインチキがついて回る。インチキは経済の基本原則に基づく行動だ。出すものは少なく、もらうものは多く。

・人は、自分がどんな種類の人間であるかについての何らかの考えを持っていて、その考えに外れることをした場合、とてもイヤな気分になるという考えだ。そういうものがあるために、人は一見、短期的には自分にとって一番いいとは思えない行いをすることがある。

・プリウスの見かけがトヨタのカムリとかトヨタのカローラとかと同じだったらあんなに大人気になっていない。

・セラピストの収入も、自分はこのセラピストに好かれているなってお客に思ってもらえたほうが、たぶん多いでしょう。仕事ってほとんどそういうもんでしょ。

・自分の娘ががんで亡くなるのをただ見ているしかなかった。この分子生物学の時代に、一番価値のある薬は鎮痛剤なのだ。つまり、200年近く前から使われている薬なのだ。

・アメリカだとだいたい1人でやる仕事に、中国ではだいたい5人が携わっている。

・将来、「災害マーケティング」みたいなものができて、支援団体は寄付をしてくれる人の関心を集めるために、それを織り込んだ作戦を採るようになるんだろうか。

・イヌイットのことわざが言う通りだ。「鞭で犬が育つように、贈り物で奴隷が育つ」

・追い求めるべきなのは大きな目標、つまり追い求める間には何度も失敗することになる、そんな目標だ。そういう目標こそ追いかける価値があるんじゃないか。



ヤバすぎる経済学

ヤバすぎる経済学

  • 作者: スティーヴン・D・レヴィット
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/04/15
  • メディア: 単行本



ヤバすぎる経済学―常識の箱から抜け出す最強ロジック

ヤバすぎる経済学―常識の箱から抜け出す最強ロジック

  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/04/15
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ:

『「自分は自分」でうまくいく 最強の生き方』 [☆☆]

・他人の期待を満たすために生きるな、自分自身のために生きろ。

・自分に立ち向かおうと理性と手を組んでも必ず負け戦になる。理性が歩兵なら、本能は戦車といったところだろうか。

・野心家もいれば、そうでない人もいる。皆が皆、ナポレオンのようだったら、この世は死体だらけになってしまう。

・自分を理解できていない子供は、十中八九、まわりに流されたり、自分に合わない道に惹かれたりしてしまう。

・若者はたいてい、自分には何か大きなことが成し遂げられると思っている。だがそれは、親にそう思い込まされているからにすぎない。お腹を痛めて生んだ我が子が「平凡」だなんて認めたくない、それが親の心理というものだ。

・確かに挑戦するのは素晴らしいが、自分以外の何者かになろうともがくのは意味がない。

・風や潮に身を任せるように、ありのままの自分で仕事ができている人こそ、真に自分の人生を歩み、人生を楽しんでいると言えるのだ。

・最初は「時間を大切にしよう」と思っていただけなのに、いつの間にか「無駄にしたくない」と思うようになり、最後には「無駄にできない。無駄にしている自分が許せない」と感じるようになる。

・習慣の奴隷だった人には、純粋な興味というものがない。習慣は、行動だけでなく思考をも蝕む。

・将来のために今を生きても、その将来が「今」になったとき、決して楽しめない。

・本当に無駄なのは、完璧を求めることだ。時間もお金も、完璧を求めるほど無駄になる。

・いつもこう考えてしまうというような、考え方の癖はないだろうか? それが曲者だ。思考パターンができあがってしまうと、偏ったものの見方しかできなくなる。

・休まないという習慣が、いつの間にか絶対に休んではいけないという固定観念を作り上げたのだ。つまり、それだけでしか自分の善し悪しを判断できなくなってしまったのだ。

・子供が、小さな昆虫を捕まえて、脚をちぎっているのを見かけたことはないだろうか? もし自分がこの虫だったら、と逆の立場に立って考えられないのだ。この想像力のなさこそ、若者の最大の欠点だ。

・「子供にだって想像力はあるはずだ。だって、ソファを無人島に見立てて遊んだりはできるもの」あなたはそう反論するかもしれない。しかしそれは想像力とは呼ばない。ただの空想だ。もし本当に想像力があれば、そもそもそんな遊びはしない。ひとりで無人島に取り残されたと想像したところで、ちっとも愉快でないからだ。

・たいていの人は、五粒飲んで元気になる薬なら、十粒飲めばその倍元気になるはず、と考えるだろう。だが、それは間違いだ。同じように、一時間悩むより二時間悩んだほうが倍いいアイデアが浮かぶと言えば、そんなことはない。

・川が町にあわせるのではなく、町が川にあわせるもの。つまり、大学が学生に合わせるのではなく、学生が大学に合わせていかなければならないのだ。

・学校は学びの玄関に過ぎない。学校を出てからが、本当の学びの始まりだ。

・頭のきれる新人には用心しろ。そういう新人には、場を乱してまで他の人より抜きん出ても、上司から気に入られはしないということに気づかせるべきだ。

・人生を心から楽しめない人は、基本が抜け落ちている。つまり、皆がやっている本当に単純なことができないか、皆が慎重に避けていることに突っ込んでいっているかのどちらかだ。

・たとえ微々たる額でも、貯めるのをやめてはいけない。大切なのは、いくら貯められるかではなく、貯める習慣をつけることだ。

・人生で大きなことを成し遂げられるかどうかは、日々の些細な積み重ねにかかっている。

・社会の中で自分の思い通りにならないことに直面しても、「仕方がない。だってぼくは一個人である前に、社会の一員なんだもの」と自然に思える。

・好きなだけ文句は言うくせに、じゃあどうすれば良くなるだろう? とは考えない。ただ不満をぶちまけているだけなのだ。

・多くの人が何かを起こそうと行動に出てすぐ諦めてしまうのは、数日や数年で結果が出ると勘違いしているからだ。

・社会のために何かしたいと考えるとき、ぼくたちが想像する社会は非常に狭い。

・自分が動けば、社会はただ単に良くなるだけでなく、自分の思いをその中に反映させられる。



「自分は自分」でうまくいく―最強の生き方

「自分は自分」でうまくいく―最強の生き方

  • 作者: アーノルド・ベネット
  • 出版社/メーカー: 興陽館
  • 発売日: 2017/01/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0) 
共通テーマ: