So-net無料ブログ作成

『機動戦士ガンダム U.C.ハードグラフ[小説] ジオン公国軍編』 [☆☆]

・30年という年月は過去の悪夢を美化するのに充分な時間だったようだ。従軍した元軍人たちを英雄扱いし、兵器スペックに一喜一憂する戦後世代。

・地面にめり込もうとする重い車体を、軌道を無限に敷き続けて支えながら移動し、いかに敵を狙い撃つか――。まるで恐竜が進化するように、それだけを重力の下で研ぎ澄ましてきた兵器が戦車だ。

・空気のない宇宙空間では、遠近法がなくなるから、MSとノーマルスーツとの区別がつきにくいという現象は、入隊後の座学で学んだ。

・あれほど硬くまっすぐに見える砲身も、じつは重力によって「垂れて」いること、太陽に照らされる上側と陰になる下側との温度差によって歪むこと、生産工程によるクセなど、ただ無機質な鉄の筒ではないことを思い知らされた。それらとどう向き合うかが火砲技術者のテーマなのだ。

・小さい頃から物を作ったり絵を描いたりしてきたこの指しか僕には頼るものがなかった。この指が握り、押すことでいろんな機械が僕の想い通りに動く。

・別の軍艦に救助され、別の場所に連れて行かれたんだと信じることにした。未来に向けてできることは、たとえ「信じること」であってもしようと思った。

・空気というのは恐ろしい。吸ってしまっただけで、政治家も軍人も市民も等しく戦争に組み込まれてしまうのだから。

・もしかしたら彼は、この地でゆるやかな死を待つよりも、何かに挑んで殺されたかったのかもしれない。

・30年という年月は大戦の生々しさを削ぎ、「体験談」から「ノンフィクション」へと姿を変え、「歴史」という形となって本棚に収まるほどの時間であった。

・周囲にあふれるメカ(兵器)への思いを強くしてゆく。それは強いものへの憧れと同時に、唯一自分が制御できるという開放感からだったのではないだろうか。



機動戦士ガンダム U.C.ハードグラフ [小説] ジオン公国軍編

機動戦士ガンダム U.C.ハードグラフ [小説] ジオン公国軍編

  • 作者: 吉祥寺怪人
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2012/05/26
  • メディア: 単行本



タグ:吉祥寺怪人
nice!(0) 
共通テーマ:

『今を生き抜くための70年代オカルト』 [☆☆]

・2020年東京オリンピックののち、日本をさらに過酷な不景気が襲うことになるだろう。2020年オリンピックを予言した大友克洋の『AKIRA』の荒廃した未来像は、もはや現実となりつつあるとさえいえる。

・UFO現象とは、人は自分が思うもの、信じるものを見てしまうという認識の問題であり、極論をいえば、人間の頭の中の妄想が現実的な現象と符合してしまうこともあるかもしれないとしている。

・科学者や考古学者の保守的な態度に対して攻撃的な姿勢を貫くのは、アマチュアならではだが、そこがまた面白い。

・グレイタイプに替わって、宇宙人肯定派に近年、人気が高いのが爬虫類型異星人レプティリアンである。

・人工衛星から地球上のどこでも監視することが可能となり、ネットや携帯による遠距離コミュニケーションが瞬時にできるようになってからは、さすがに古き良き超能力のイメージは色あせる。

・戦後の高度経済成長期に「人間蒸発」という言葉が流行してたのは事実だ。経済成長による生活の激変で自分の居場所を失った人たちが、突如として行方をくらましたといわれていた。

・フィラデルフィア海軍工廠には、のちにSF作家として知られることとなるロバート・A・ハインライン、L・スプレイグ・ディ・キャンプ、アイザック・アシモフが働いていた。

・『ミステリーゾーン(原題:トワイライトゾーン)』の冒頭には、「五次元の世界、それは未知の世界」というナレーションがあった。海外では、縦、横、高さ、時間の四次元を日常とした上で、未知の領域を五次元と称することが一般的だった。

・僕らの日常に偏在する霊を何気ない記念写真の中から見つけ出し、そんな心霊写真こそが心霊現象の証であるとアピールしたのだ。

・最近では、悪魔はヘヴィメタルやゴスなどのアイコンとなって消費され、神を忘れた現代社会をあざ笑うかのごとく、悪魔的なものこそが恰好いいファッションとなっているのだ。

・小さな極移動は、2004年のスマトラ島沖地震でも起こっており、地球の地軸自体が固定されたものではないことは科学的な事実である。

・プリンストン大学の心理学者ロジャー・ネルソンは、世界50か所以上に乱数発生器を設置して、24時間データを取り続けることで、人間の集団としての無意識が乱数発生器に影響を及ぼすことを調べる「地球意識プロジェクト」を推進している。

・80年代には、21世紀のポストモダンの時代には国家の壁が融解され、世界が平均化された非中心的なネットワークが成り立つような、中世に似た状況になることが予想された。さらには、それは過去に暗黒時代と呼ばれたような悪しき中世の再来となるかもしれないとも指摘されたのだ。



今を生き抜くための70年代オカルト (光文社新書)

今を生き抜くための70年代オカルト (光文社新書)

  • 作者: 前田 亮一
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/01/19
  • メディア: 新書



今を生き抜くための70年代オカルト (光文社新書)

今を生き抜くための70年代オカルト (光文社新書)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/01/20
  • メディア: Kindle版



タグ:前田亮一
nice!(0) 
共通テーマ:

『失敗の研究 巨大組織が崩れるとき』 [☆☆]

・記者の価値は、駆け抜けた距離に比例するんだ。

・大学入試の偏差値では20くらい低い大学からも院生を集める。その多くは学歴に箔を付けることしか考えていない。でも、教授も人数合わせで採用しているから、教育するつもりがない。

・理研のやり方は、203高地の乃木将軍のようだ。兵(若手)を突撃させるが失敗して撤退、するとまた次の兵を送り出す。結果的に、多くの犠牲者を生み出す。それでも、乃木希典は203高地を一度は奪取した。理研の問題は、その攻めるべき頂さえ見えていないことかもしれない。

・「芸者、学者、易者」。予備校講師に求められる資質をそう表現していた。学問的に優れている講師ばかりでなく、人を引きつけるエンターテインメント性を持つ人も必要とされた。

・私は「戦後」が福武を伸ばしたと思うんです。当時の日本人は、学歴がないと子供が戦場に出されるという恐怖におびえていた。受験戦争なんて、戦争に比べたら何てことない。その心理をうまく突いた。

・マスコミに流れている情報くらいしか知らないで説明にやってくる。しかたなく謝っているという態度で、当事者意識が感じられない。

・幹部社員も、免震ゴムについて、「売上高比率は0.2%。円グラフにしたら線にしかならない」と表現する。そんな当事者意識の欠如が、偽装を1年以上にわたって放置する温床となった。

・「国産」主義への政策転換は、国内に閉じた事業構造を作り上げ、国内メーカーは国際競争から取り残されていくことになる。

・国産至上主義の果て。日本人から「善意の献血」を受け、日本メーカーの配って生産するものが最高の品質だと信じて疑わない。だが、高齢化と人種の多様化が進む日本で、献血に頼った安全神話はどこまで持ちこたえられるのか。

・巨体だった時のレガシーコスト(負の遺産)を抱え、組織縮小や人員削減によるモラール低下が懸念される。組織の膨張(肥満化)は、それが弾けた後に大きな負担と歪みとなって、組織にのしかかってくる。

・「新規事業」や「多角化」という名の下に次々と組織を立ち上げ、さらには買収によって組織体を大きくしていく。だが、それぞれの組織は積み木を重ねただけで、有機的に動かない。

・飽きない商品が、商いの基本。

・書類作成には「イロエ」という不文律がある。誰でも分かりやすいように、色と絵を使って文書を作れ、という意味だという。それも、できるだけ用紙1枚にまとめる。文章は「小学生でも分かる」が基本だ。

・一日中、挨拶とお辞儀の練習をさせる。体に染み込ませるわけだ。「お客さんだから、挨拶をしよう」と頭で考えているようでは、どこかでボロが出るという。そこで、人に会ったら挨拶をする癖をたたき込む。強固なルールを体に染み込ませ、考えるよりも先に行動する。

・安全は、長く続くと「不安全」になる。事故を回避することを考えなくなるからだ。

・フルモデルチェンジといっても、エンジンや部品は同じままで、外観だけを変える。消費者をバカにしたようなクルマ作りが横行し始めた。見た目は大きくて立派だが、中身は貧相――。それは、ビッグスリーの企業体そのものだった。

・モノ作りの情熱を失った現場は、待遇改善ばかりを求める集団となっていく。レガシーコスト(負の遺産)が、ビッグスリーの体内に堆積していった。

・海外の自動車メーカーは、米国でしか売れないピックアップトラックに乗り出してこない。

・ピックアップトラックは、大型エンジンを積んでいる割には、内装が少ないために価格が安い。米国人は、それが割安だと考える。

・ビッグスリーでは、「社歴の浅い者からレイオフの対象となる」という原則があった。だが、仕事をせずにほぼ満額の給与が手に入るため、「若いヤツにそんなおいしい思いはさせられないと言って、ベテランの従業員が、レイオフに自ら手を挙げていた。

・労使の協約が、職場を官僚化させて、作業改善を阻んでいった。決められた仕事以外の作業は、規定外の行動としてマイナス評価にしかならない。

・長年、同じ仕事だけを繰り返してきた従業員に、複数の仕事をさせようとすると、不良品の山になる。だから、日本の自動車メーカーは、どんなに安くても、ビッグスリーの工場を買収しない。ゼロから立ち上げる方が、よっぽど楽だと知っているからだ。

・ビッグマックを1個買うための価格が米国で3ドル、日本で360円ならば1ドル120円が為替の適正水準になるということになる。労働賃金も同様で、1つのビッグマックを買うために、何時間働けばいいのかを算出して、賃金水準を比較する。



失敗の研究 巨大組織が崩れるとき

失敗の研究 巨大組織が崩れるとき

  • 作者: 金田 信一郎
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2016/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



失敗の研究 巨大組織が崩れるとき

失敗の研究 巨大組織が崩れるとき

  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2016/06/24
  • メディア: Kindle版



タグ:金田信一郎
nice!(0) 
共通テーマ: