So-net無料ブログ作成
検索選択

『僕たちの居場所論』 [☆☆]

・身体不調をだらだら訴えることができるメディアって、今までなかったじゃない。だから、僕はツイッターを心身の不調を訴えるメディアとして限定使用しているんだ。

・人生の決断というものは、小さいことは朝から珈琲を飲むか紅茶を飲むかについては十分に悩んでもいいが、人生の大きな決断は瞬間で決めるべきだ。

・昔は日本列島が有縁社会だった。ムラ社会というのは。だから、無縁社会というのがその中にポツポツとできた。縁切り寺ができたり、市場ができたりしたでしょ。グローバリズムになって、全部が無縁社会になっちゃったんで、今度は小さなコミュニティが、本来、あそこは無縁の場所だったんだよ。それが、縁結びの場として逆転して……。

・複数の人間が絶えずランダムに出入りしていて、外から中がよく見える建物が一番警備上は安全なんです。

・僕は本に囲まれて自分の部屋にいる時が一番幸せです。書斎は脳内のレプリカだから。

アーティストって、どっか褒められたら「このままでいいのか?」っていう葛藤みたいなのが、なんとなくあるじゃないですか。

・博打の才能がある奴っているでしょ。大体、博打で身を滅ぼすわけ。だから、才能は使っちゃダメなんですよ。それに乗っかっちゃったらダメなんですよ。

・デノテーションで相手にわからせるっていうのはフォースでも何でもなくて、積み上げなんですよ。論理をいかに精巧に組み立てるかなんだけど、コノテーションは一発でわかるんですよ。

・禅の公案なんか、みんなそうですよね。わけのわからない「右から入れ」みたいなことを言うわけだけど、それは何かっていうのはわかる人には一発でわかる。それはまぁ、自分の聞きたい言葉がその中にはあるわけですよね。

子供の教育っていうのは、集団の存続のための最優先事項だから。学校教育が成立しないと、集団は一世代で滅んじゃう。

・集団の存続に不可欠な仕事は「誰でもできる」という条件じゃないといけないんだと思う。教育も医療も裁判も、その気になりさえすれば誰でもできるっていうふうにしておかないと。

・「方違(かたたが)え」という言葉があるが、物事に行き詰ったら場所を変えるという手段は、思っている以上に効果を発揮する。

・無数の要因がフランス革命の原因なんだけれど、それくらい多くの変数を処理できるだけの演算能力のない貧しい知性は、これを「単一の秘密集団」による陰謀だと考える。

・世界の出来事を理解したいのだけれど、頭が悪いから複雑な演算ができない。陰謀史観は、中途半端な知性が陥るピットフォールなんだ。

・排外主義者たちは、グローバルなネットワークは作れないと思う。主な敵は、国内にいる「非国民」たちだから。

・人間には暴力性があり、他人の苦しみを快とする邪悪な側面がある。だから武道があるんだと思う。これは人間の中に潜在している攻撃性や暴力性を適切にリリースするための非常に効果的に設計された装置ではないかという気がするんだ。

・性善説って、ある種、危険な説だと思う。自分の中に他人を抑圧したり、支配したりする欲望があるということを認めない人たちは、善意に基づいて人を傷つけることがあるという可能性をまったく吟味しないでしょう。だから、「いい人」がふるう暴力性って、節度がないんだよ。

・ハラスメントって、相手から送られてくるメッセージをその多様な解釈可能性のうちで「最も不愉快な意味で解釈する」という形で起きているんだよ。

・ハラスメントの被害者になりがちな人ってやっぱりいて、それは人が言った言葉をシステマティックに「自分にとって最も不愉快な意味で解釈する」というタイプの人なんだ。複雑なメッセージを複雑なまま送受信するという能力が欠けている。

・相手のメッセージに自分にとって最も不愉快な解釈を与えることができるという権利を行使すれば、さまざまな場面で相手の表現行為をハラスメントとして告発することが可能になる。

・長男は、集団の中にいても所属はしていないということですか。仕切っているだけで、所属はしていないということですか。

・論破すればするほど結局恨みが募って、結局その人は孤独になっていくだろうと思いますね。

・「型」って、「殻」なんですよ。型の中にいると裸になれるという。その中に入ると、武装解除できる。自分から出るために、型の中に自分をはめ込む。

・機動性の高い人たちが一番強いの。どこにも帰属していなくて、守るべきものを持たず、面倒をみなければならない係累もなく、ひたすら超高速で飛び回っている「ノマド」型の人間が最強なんだ。

・自分の攻撃に対して、まわりにいる人間がひるんだり、おびえたり、恐怖心を持ったりすると、その時だけ自分は「食う側にいる」という一瞬の幻想が見られる。それにすがっているんじゃないのかな。


僕たちの居場所論 (角川新書)

KADOKAWA/角川書店 (2016-05-10)
売り上げランキング: 176,861


nice!(0) 
共通テーマ:

『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』 [☆☆]

・結論は、「人はストレスだけでは死なない」ということでした。ストレスを受け、さらに「ストレスは健康に悪い」と考えていると、死亡のリスクが高まるのです。

・物事についてどう考えるかによって、その物事から受ける影響は変化する。

・患者にプラセボ効果のトリックの仕組みを説明し、あえて引っかかってもらった場合でも、プラセボ効果の威力は減らないどころか、かえって高まります。

・ストレスを感じた時、私たちの体内ではコルチゾールとアドレナリンが分泌されます。それは「ストレス反応」と呼ばれる生物学的変化の一部で、ストレスの多い状況に対処するのに役立ちます。

・トラウマ経験をした時に、体に強いストレス反応が起こった場合の方が、長期的な回復につながる可能性が高いことがわかりました。実際、PTSDの予防や治療に、現在最も効果が期待されている方法のひとつは、ストレスホルモンの投与です。

・ストレスの少ない生活を送っている人たちは、意外にもあまり幸せを感じていないことが、研究によって明らかになっています。

・冬休みの間日記をつけることになりました。ひとつのグループの学生たちは、自分にとって一番重要な価値観は何か、そしてその価値観に結びつくようなどんな活動を行なったかを、日記に書くように指示されました。もうひとつのグループの学生たちは、その日にあったよい出来事を日記に書くように指示されました。すると、自分の価値観に関することを日記に書いた学生たちは、他の学生たちに比べて健康状態がよく、精神的にも調子がよいことがわかりました。

・日記をつけることで、日々の些細な出来事が、実は自分の大切な価値観と結びついていることに気づいた学生たちは、それまでならばイライラしてしまったはずの出来事にも、自分なりに意味を見出せるようになったのです。

・あなたもぜひ、一番大切な価値観を思い出すためのものを作ってみましょう。ブレスレットキーホルダーに限らず、携帯電話にステッカーを貼ったりするのもいい方法です。

・ストレスを感じたらいつでも、あなたの大切な価値観を思い出し、それに従って、今自分にはないが出来るだろう、と考えてみましょう。

・マインドフルネスというのは、リラックスしたり、その日のストレスを忘れたりすることではありません。マインドフルネスとは、自分の中に湧き起ってくる考えや、感情や、感覚に注意を払い、受け入れることです。

・ひたすら快楽のみを求め、痛みを避けようとする人には、深みや意味に欠けた、仲間のいない人生しか手に入らないのです。

・最も重要な目標は「自分よりも大きなもの」に貢献することだと考えると、同じ努力をするにしても、自分をやる気にさせる動機が変わってきます。

・乗客と目を合わせて「ハロー」と挨拶をするのです。運転手が一人ひとりの乗客にきちんと接することで、公共の場での犯罪を助長する「匿名性」が低くなります。

・苦しんでいるときには、どうしても悪いことしか目に入りません。難しいのは、悪いこと以外に目を向けることなんです。

・日頃メディアで見かけるニュースは、健康に大きな影響を及ぼしています。40%の人々は、ニュースを見たり、読んだり、聞いたりすることが、生活の最大のストレス源になっていると答えました。

・ニュースのせいで感じるストレスは、生活によるストレスと違って、絶望感をもたらすという特徴があります。

・ある特定の研究やストーリーを思い出せなかったとしても、新しい考え方というのは、頭よりも心の中にひっそりと根を下ろすことが多い。


スタンフォードのストレスを力に変える教科書
ケリー・マクゴニガル
大和書房
売り上げランキング: 5,049


nice!(0) 
共通テーマ:

『本物の大富豪が教える金持ちになるためのすべて』 [☆☆]

・現代においては、税引き後の現金資産や換金性の高い資産――公開株式、銀行手形など──を基準にして、それらが100万ポンド(およそ1憶4000億円)を超えるあたりから「金持ち」ということができると思う。

・衣食住がまかなえるだけの金があれば、両親が金持ちでも貧乏人でも、子供は気にしない。彼らが気にするのは、無条件に愛されているかどうかだ。

・金持ちになりたければ、心に鎧をまとう必要がある。ただ、信頼できる人々などからの真っ当な批判や助言が見えなくなるほど、鎧を分厚くしてはならない。

・捕食する側になる。殺し屋だ。獲物である日々は終わりにしよう。恐れに屈しなければ、他の人々があなたを恐れるようになる。

・金持ちになれない人は、「他人が金持ちになること」も望まない。

・彼らがほしいのは、現状維持による見せかけの安心と馴染みの感覚なのだ。

・新しい市場や技術はあまり知られておらず、誤解されている。これがいいのだ。その分野の概念や用語をさっと身につければ、あっという間に「専門家」になれる。そして、資本を持っている連中は、専門家が大好きだ。

・我々は小さい頃や若い頃に(親や兄弟、友達の影響を受けたりしつつ)自分のイメージを作り上げ、そのイメージに現実を接ごうとしてしまう。このような接ぎ木は根づかず、苦しんだりがっかりしたりすることが多い。

・金持ちになりたいなら、心の声を見失わないこと。「ここ掘れワンワン」――この声を見失ってはならない。

・恥をかいてもいいと覚悟を決めており、かつ、本気で行動する用意がある人――それこそが「幸運な人」であり、すべてが終わった時、たくさんのお金を手にしている人なのだ。

・信じられないかもしれないが、世界には金があり余っており、多すぎる資本が少なすぎる投資先を求めているのだ。では、余っているはずなのに資金を見つけるのが難しいのはなぜなのだろう。たぶん、思い描いている額が少なすぎるのだ。

・人を動かすのは言葉じゃない、金だ。

・ピラミッドを作ったのは誰なのだろう。ファラオか技術者か。有能な人材を見つけて雇おう――昔のファラオがしたように。

・別に社交好きなわけではない。それどころか、ひとりが一番だと思っているくらいだ。だが、他人の話を聞かなくなるというのは、学ぶのをやめるに等しい。

・アップルのiPod発売後にやるべきだったのは、すり切れた古いかごを守ることではなく、新しいかごを編むことだった。

・イギリスのとある出版社は、2年ほどでインターネット事業に5000万ドルを投じる計画をしていた。こんな計画が推進された理由は、ただ、インターネットがどういうものかまったくわかっていない機関投資家の不安をやわらげるためであった。

・幸運とは、準備が機会に出会ったとき生まれるものだ。

・障害や壁にぶつかるたび、方向を転換して運を変えようとする。スタミナがないわけではない。エネルギーやスタミナなら彼は山のように持っている。だが、「進み続ける」ことをしない。その代わり、もっとましな領域を探す。こういう「戦わずして逃げる戦略」は、捕食する側ではなく捕食される側の行動だ。

・とにかく、やる。許可を得るより謝る方がずっと簡単である。

・こちらの語りはなるべく少なくすべきであるし、彼らが求めているものにはなるべく言及すべきでない。

オークションは絶対に避けること(ものを売る場合は別)。オークションで競り勝った場合、まずまちがいなく、普通だったら買わない値段で買うことになる。

・沈黙を上手に活用すること。沈黙は人を動揺させる。沈黙に遭遇すると、普通の人は、何でもいいからしゃべって沈黙を消そうとする。そして、その過程で自分の立場を弱めることが多い。

・交渉中に同意したことは、どんなことでも守ろう。誰も、嘘つきやペテン師と取引などしたがらない。

・非上場企業は利益と内部留保で生きていく。非上場企業は成長を目標としない。意味がある場合にのみ成長すればいいのだ。

・いばることしか能のない人々はいたるところにいる。彼らが群がるのは、権威的ではあるが高いスキルを求められない職場だ。

・従順な者が受け継ぐのは大地であって鉱物の採掘権ではない。

・ライバル会社の悪口を言うのは、弱虫と愚か者だ。何かコメントすれば、遅かれ早かれ彼らの耳に入るものだ。反感を持たれるようなことは避けた方がいい。

・資産をいい値段で売れるチャンスがあったら、売ってしまおう。ものの価値が上がり続けることはない。

・死んだときに金を手放すのに気骨はいらない。勇気もいらない。だが、死ぬ前に稼いだ富の大半、何億ドルもの金を手放すのは難しい。

・マクドナルドで有名なレイ・クロックの出色な点は、「ファストフード」というアイデアを思いついたことじゃない。ささっと食事をするなど、人類が大昔からやってきたことにすぎない。

・クロックは、アメリカ人が欲しているのが素晴らしい料理でもなければおいしいハンバーガーでもないと直感的に悟ったのだ。必要とされているのは、どこでも同じ味という安心感、清潔感、迅速性だった。

・実は、正直に話せば親切にしてくれる仕入先が多い。彼らが怒るのは、嘘をついたり誤魔化したり、逃げたりするからだ。電話に出ず、折り返しもせずで、彼らの時間を無駄にするからだ。

・会社は自分の「子供」ではなく、富を集める手段だ。頂点に達する前に売った方がいい。買い手がつき、どうしても欲しいと高い値段を示してくれるには、さらなる成長の可能性がなければならないからだ。

・そんな本、売れるはずがないだろう。みな、夢を買うんだ。現実なんて買いたがらない。簡単だよって言われたいんだよ。真っ当なヤツなら約束できないような約束を欲しがるんだ。

・退くな。弁ずるな。やりとげろ、ほえづらをかかせろ。

・プロフェッショナルとは「いろんな大事なものを捨てちゃってる人」である。自分が目標とする以外はふり捨てるくらいでないと大きな目標は達成できないのだろう。

・金持ちになっても幸せにはまずなれない。幸せな金持ちになど会ったことがない。幸せを感じるのはお金などなくてもできることをしているとき。


本物の大富豪が教える金持ちになるためのすべて
フェリックス デニス
文響社
売り上げランキング: 3,785


nice!(0) 
共通テーマ: