So-net無料ブログ作成
検索選択

『日常を探検に変える ナチュラル・エクスプローラーのすすめ』 [☆☆]

・探検家であるからにはしなければならないことがふたつある――発見すること、そしてその発見を人々に伝えることだ。

・探検の主眼が、われわれが旅する大地の新たな面を発見することから、艱難辛苦や探検家個人の栄光へと移り変わった。

・屋外を見るときには、本を読むのとは逆向きに視線を動かしていくのも有効だ。われわれ西洋人の場合、世界を左から右へと見ていくと、どうしても、ひとつの場所から次に意味をなす「言葉」なり物体なりへと目が飛んでしまう。逆に右から左へ見ていくと、自然と注意深くなる。

・青や黄色を見る感覚は全員に同じように組み込まれているのだが、これはまだ海の中にいたわれわれの遠い先祖が、自分のいる深度を保つために青や黄色を見分ける必要があったからだ。緑と赤を知覚するようになるのは進化の上ではかなり新しい段階であると考えられる。

・知覚というものを生態系になぞらえて考えてみると、視力はいわば頂点の捕食者で、他の感覚を全部押さえつけて情報源のすべてを喰い尽してしまう。

・味覚は普段、嗅覚の出来の悪い弟分でしかなく、その地位を抜け出して堂々たる五感のひとつに昇格するのは、何か食べている間くらいのものだ。

・土壌の中で最も粒が大きいのは砂であり、砂の一粒一粒は、砂混じりの土を指でこすれば見ることができる。シルト(土粒子)は砂よりも細かく、最も細かいのが粘土だ。粘土の粒子は粉末に近い。

・たしかに蚊にもブヨにもこの世における使命があろうことは承知している。このものたちの使命は、肉眼では見えないほどの微小な虫の数を抑えることであろう。しかし蚊やブヨが有益なのは幼虫の時代である。ウジの姿にとどまっていればいいものを、何ゆえ蚊帳を持たぬ罪もなき傍観者を煩わすのか。

・将来の世代から見て、現代の思考のどのあたりがお粗末に映るのかはわからないけれども、確実にいえるのは、お粗末な部分は必ずあるということだ。

・石は、一般に対流によって、土中から上がってくる。土の中の水分が凍ってまた融けると、下方の水分は上方の水分より密度が低くなり、上へ上がろうとするが、このとき一緒に石を連れてくるのだ。

・「エレファント」を数えて稲光を見てから雷鳴が聞こえるまでの時間を測り、雷までの距離を初めて割り出したときのことを、大人になっても忘れられない人はたくさんいるだろう。ワン・エレファント、ツー・エレファント……という具合に雷鳴がとどろくまでの秒数をゾウの数で数え、それを三で割れば雷までのおおよそのキロ数、五で割ればマイル数になる(「エレファント」というのにおよそ一秒かかり、ゾウの数が秒数を表す。音が三秒で一キロ、五秒で一マイル進むため、そこから距離が得られる)。

・言葉は生きていて、ちょうどペットと同じく、それを守っている人々がどんな世話をするかで健康の度合いも違ってくる。言葉と表現は、生み出され、育ち、年老いて死滅する。

・パイオニアの多くは、性格的にどこかしら不器用だ。たぶん大勢の中にいてもちっとも居心地悪く感じない人間には、わざわざそこから離れて何百マイルも出かけていく必要がないのだろう。

・都会人は「相手を打ち負かせないなら仲間にしてしまえ」とモットーにするかもしれないが、だとすれば単独行の旅人のモットーはさしずめ、「相手の気持ちが推し量れないなら、捨てておけ」というところだろうか。

・探検家は何かしらの発見をしたなら、少なくともそれを伝えようと努力する責任がある。でなければその人は探検家ではなくなってしまうし、人生をもう一度、旅行者として送っていくしかない。

・私たちは誰しも、この世になんの足跡もしるせずに死んでしまうことへの恐れを、わずかにせよ抱いているものだ。だからこそ日記というものがあるのだろう。

・誰にだってうぬぼれはあるのだ。虚栄心のかけらもないと自負しても、それはそれで、ある意味自分の特別さを際立たせようとしているともいえる。



日常を探検に変える――ナチュラル・エクスプローラーのすすめ

日常を探検に変える――ナチュラル・エクスプローラーのすすめ




nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『「英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣』 [☆☆]

・アクセントは「音の強弱」と言われますが、この説明でわかりにくければ、「音の長さ」だと思ってください。

・動詞であるsuitという単語を発音するときに、かなり高い音で、かつ、音の長さを十分に保って「スゥゥート」と言わないとわかりにくいようです。日本人が話すと「スゥト」や「スット」と聴こえるらしく、外国人に「?」という顔をされます。

・話せる人は音読を習慣にし、挫折する人は面倒と言う。

・面白いことに、日本語でも英語でも、回りくどい言い方、そして「疑問文形式」の方が丁寧度が高いとされています。「~してください」よりも「~してくださいませんか」が丁寧です。

・もともと英語の動詞は「eat=食べる」「drink=飲む」「study=勉強する」のように「言い切り」の意味しかありません。日本語のように「食べない、食べます、食べるとき、食べれば」といった動詞活用をしないということです。そこで助動詞の出番。助動詞は動詞の世界を鮮やかに彩ってくれるスパイスで、英語でのコミュニケーションで重要な役割を果たすものです。

・「瞬間英作文トレーニング」という方法があります。中学校レベルの単語、文型の英文を「日本語を見てすぐに英語にする」英語の筋トレです。「「よくわかっていること」を「できること」に変える」トレーニングなので、単語の意味を考える必要がない、やさしい英語でやるところがポイントです。

・私たちは習慣でできている。だから、卓越とは行動ではなく、習慣なのだ。

・話せる人は日本語文法を学び、挫折する人は「述語って何?」と言う。

・英語を理解するには、日本語文法の知識も学びつつ勉強した方がわかりやすい。

・形容詞とは、名詞を修飾する(=飾る)言葉です。対して副詞は、名詞「以外の」すべての要素を修飾できる言葉です。つまり、動詞でも形容詞でも副詞でも文全体でも構いません。

・時制の使い分けができるかどうかで、私たち英語のネイティブスピーカーは話し手の知性を判断します。



「英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 (Asuka business & language book)

「英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 (Asuka business & language book)

  • 作者: 西 真理子
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2015/07/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:西真理子
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『国際スパイになるために スパイ学』 [☆☆]

・CIAのSAD(特殊活動部)(SOGとPAGに分かれる)は、敵戦線の状況をひっくり返す役割を持つ。

・SOG(特殊作戦部隊)に属するスパイは、敵戦線の情報を得るために潜伏する。

・PAG(政治行動部隊)のスパイは、戦時下の工作技術に長けている。人々の意見を変えさせたり、ニュース記事になるような行動を促したり、敵側の銀行を混乱させたり、サイバー攻撃を行なったりするのが、得意だ。

・Google Mapsを見るとき、映し出される画像のすべてを、NGA(国家地球空間情報局)が提供していることを思いおこしてほしい。諸君は部屋の中にいながらにして、スパイができるのだ。

・国家公務員の間では、MI5は今日でも「ボックス500」として知られている。これは、第2次世界大戦当時の私書箱のアドレスからきているもの。

・西側陣営の各国内では、自国民に関する情報を収集することは違法とされる。しかしながら、外国の友人に依頼して自国民の情報を入手してもらうとすれば、それは止めようがない。ということは、もしGCHQがロンドンに住むターゲットの電話やEメールを傍受したければ、彼らがすべきことは、アメリカのNSAにいる友人に電話してスパイを依頼するだけだ。

・SWORDFISH(メカジキ):マルクス兄弟の古い映画の中で使われたパスワード。それは歴史を生き続け、多くの映画やゲームで、何かを選ぶときのパスワードとして登場することになる。

・DNAは、個人に固有のものであり、髪の毛、血液、つばなど、体のあらゆる部分から判明する。鼻がムズムズしてもくしゃみをしてはいけない。するときにはハンカチなどで口を覆うように。エチケットのためではない。くしゃみをするとつばの中の大量のDNAが、まかれるのだ。

・情報を記したものは、丸めて小さくし、ストローのような細いチューブに入れるとよい。

・イギリス政府は32羽のハトに対し、勇敢な動物に対する功労賞であるディッキンメダルを贈った。第2次世界大戦全体で、18匹のイヌ、3頭のウマ、さらに1匹のネコにもその賞が与えられた。



スパイ学 (lonely planet kids)

スパイ学 (lonely planet kids)

  • 作者: アンディ・ブリッグス
  • 出版社/メーカー: 今人舎
  • 発売日: 2016/09/12
  • メディア: 単行本



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: