So-net無料ブログ作成

『分断社会ニッポン』 [☆☆]

・アベノミクスを支えているのは自動車産業です。異次元緩和で円安による莫大な為替効果の恩恵を受けています。

・田舎にいると、特定の人物とビジネスが一緒になっているから、人間関係を崩したら牛乳が買えなくなる。肉が買えなくなる。

・北方領土は富山出身者が多いんですよ。だから、富山では北方領土返還運動が、非常に強いんです。

・「高齢者医療の無料化」を国がやったとき何が起きたか。まさに「検査漬け」と言われ、何本ものチューブを高齢者の身体につなげて「スパゲティ症候群」と揶揄されたように、さまざまな医療を施して病院が儲けるだけ儲けるという状況を作り出してしまった。

・病床数が多くなると、そこを埋めようと、本来であれば入院する必要のない人まで入院させることになり、それが結果的に医療費を圧迫する構造を生んだのです。

・生涯現役の理念を裏返せば、「労働力として使えないやつはみんな殺す」ということですからね。

・保険会社の利益を圧迫しているのは、被保険者の死ぬ5日間だというんです。このわずかな期間に、保険でまかなえる高額の保険金が全部使い切られる。

・今、里親制度は1割か2割を天理教が行なっているらしいですね。

・今までは学歴社会ではなく入学社会です。

・制度設計というのは、基本的に性悪説で行なわないといけないと思うんです。その代わり、制度の運用は性善説で行なう。往々にして我々のやり方というのは、制度は性善説で作って、運用が性悪説になる。

・多くの人が右派にも左派にもおぼえる違和感は、この「押しつけがましさ」なんじゃないかと思う。

・「俺は聞いてない」と言って怒って暴れる理由は、自分が信頼を寄せる人間が自分に報告してこないことが許せないからです。私が信じたはずの人間が、なぜ私を軽視するのか。

・「大きな物語」を拒否して、ポストモダン的なるもの、つまり「小さな差異」を重視していく。こうした知的に最先端の人たちの考え方。

・聖書の中に「我々の味方以外は敵である」という概念と、「我々の敵以外は味方である」という概念があるんです。

・思考には気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉には気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動には気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣には気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格には気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

・「百聞は一見に如かず」の後は「一見は一考に如かず、一考は一行に如かず」と続くんだ、「君、経験しただけじゃダメだよ。考えただけじゃダメだよ。行動しないと」。



分断社会ニッポン (朝日新書)

分断社会ニッポン (朝日新書)

  • 作者: 佐藤優
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/09/13
  • メディア: 新書



分断社会ニッポン (朝日新書)

分断社会ニッポン (朝日新書)

  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/09/13
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ:

『格差社会の結末 富裕層の傲慢・貧困層の怠慢』 [☆☆]

・高齢層では格差が拡大しやすい(年金だけで暮らす人もいれば、現役で高所得を得ている富裕層もいるなど、勤労世帯とは所得構成が大きく異なる)ことから、社会の高齢化とともに格差を拡大するというわけである。

・「市場の限界の補完」とは格差是正のことである。市場に委ねれば資源配分は平等にならない。勝者と敗者が生まれるのが市場の掟である。

・個々の子供の能力が大きく食い違う以上、どれだけ親の収入を平均化したとしても結果の平等は得られない。

・人手不足どころか人手が余りすぎた。それが団塊の世代の引退と景気回復でやっと人手不足経済が訪れようとしているのだ。

・参考になるのがキッシンジャーの「日本では大きな決断を下すのに15年間を要する」という指摘である。例えば、ペリー来航が1853年なのに対して1868年が明治維新。1945年が第二次世界大戦終結で1960年が左右両翼の対決後の池田内閣の誕生。



格差社会の結末 富裕層の傲慢・貧困層の怠慢 (ソフトバンク新書)

格差社会の結末 富裕層の傲慢・貧困層の怠慢 (ソフトバンク新書)

  • 作者: 中野 雅至
  • 出版社/メーカー: ソフトバンク クリエイティブ
  • 発売日: 2006/08/17
  • メディア: 新書



格差社会の結末 貧困層の怠慢・富裕層の傲慢 (SB新書)

格差社会の結末 貧困層の怠慢・富裕層の傲慢 (SB新書)

  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2006/08/16
  • メディア: Kindle版



タグ:中野雅至
nice!(0) 
共通テーマ:

『ケンカの流儀』 [☆☆]

・日本の官僚や政治家は、よく理解できない専門分野や、自分と関係のない外交秘密を何でも知りたがる傾向がある。

・一般国民の目線で判断するならば、それは結局、ワイドショーと週刊誌の論調で事件ができていくことになるよ。

・初期の段階では、例文を暗記し、それを口頭で復元できるようにし、文の要素になっている単語の一つ一つが、文法的にどのような機能を果たしているかについて、きちんと解析する作業が外国語の基礎力をつけるのに役立つ。

・「吾輩」は、捨て猫だ。捨て猫は、人間に保護されない限り、ほとんど生き残ることができない。野良猫と違って、捨て猫は、ある時期まで人間に保護されていたので、餌をとる、危険を察するなどの生きていく生きていくために必要なノウハウを母猫から教わることがないからだ。

・捨て猫が生き残るために必要とされる技法は、人間に保護される状況を全力を尽くして作ることである。

・社会人を10年経験して、どの派閥にも加わっていないという人は、能力が低くて相手にされないか、性格に極端な偏りがあるのですべての派閥から敬遠されているという場合がほとんどだ。

・日本国家と日本人の生き残りに直接関係しないような「ニャーは、間投詞か副詞か」という類の論争が多すぎる。

・無理を通そうとするから苦しいのだ。自ら求めて苦しんで、自ら好んで拷問に罹っているのは馬鹿気ている。

・すべてのカモメにとって、重要なのは飛ぶことではなく、食べることだった。

・憎むことは私を楽にはしたが、狭く窮屈な場所に閉じ込めた。憎めば憎むほど、その場所はどんどん私を圧迫した。

・ウェビント(Webint、Web intelligenceの略語)というインテリジェンスの業界用語がある。インターネットのウェブサイトを用いたインテリジェンス活動のことだ。

・ケンカをする場合、どこまで先読みができるかが鍵になる。腕力(国力)が強すぎる米国は、先読みがあまり得意ではない。

・自分じゃなくて他者の修羅場に直面したときにも、肝のすわり方試されるんですね。

・人間って、相手に想定を超えた対応をされると、対応できなくなる。

・ミサイルで木っ端微塵にしてしまうとターゲットが死んだのか、確認が難しいでしょう。五寸釘にセンサーを取り付けたような武器でぶすりとやれば、ちゃんと死体が残るわけですよ。



ケンカの流儀 - 修羅場の達人に学べ (中公新書ラクレ)

ケンカの流儀 - 修羅場の達人に学べ (中公新書ラクレ)

  • 作者: 佐藤 優
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: 新書



ケンカの流儀 修羅場の達人に学べ (中公新書ラクレ)

ケンカの流儀 修羅場の達人に学べ (中公新書ラクレ)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ: