So-net無料ブログ作成
検索選択

『生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害』 [☆☆]

・社会生活にしろ職業生活にしろ、決めることができないと次に進めない。生活自体が滞っていく。

・下手な鉄砲も数打ちゃ当たるではないが、撃つのをためらっていたのでは、当たりようがないことになろうか。

・社会で生きていく上で、重要なスキルの一つは、人に頼ったり、助けを求めたりするということだ。

・何事も面倒くさい人にとって、人に頼るのはひときわ面倒くさい。人に助けを求めることは、自分でやる以上に、面倒だと感じてしまう。

・回避性パーソナリティ障害は、自分への自信のなさや人から馬鹿にされるのではないかという恐れのために、社会とかかわることや親密な対人関係を避けることを特徴とする状態である。

・回避性の人が、人に会うのが億劫になってしまう要因として、人見知りが強く、会うと緊張し、うまく喋れないということもあるが、会った後まで、その時のことを引きずり続け、気持ちが動揺し、すっかり疲れてしまうということもある。

・シゾイドパーソナリティ障害とは、対人関係を持つことに喜びや関心が少なく、孤独なライフスタイルを好むタイプである。

・顔を合わせたりすること自体が面倒なので、わざわざ労力を用いてまで、会いに行こうとはしない。相手からの誘いには応じても、自分から誘ったり、電話を掛けたり、訪問したりということはしないことが多く、相手が働きかけるのを止めてしまうと、急速に交流も途絶えてしまう。

・傷つくこと、言い換えれば自分の世界が壊されることを恐れるということではないだろうか。

・チャレンジどころか、やれば簡単にできることさえも、とても難しいことのように思い込み、避けようとする。

・釈迦をはじめとして、偉いお坊さんたちは、みんな家族を捨てて、修行僧となり、愛着を断った。それで、そのお坊さんは救われたかもしれないが、捨てられた家族はどうなったのか。彼らは、見捨てられることによって愛着の傷を抱え、苦しむことになったに違いない。

ミルク一つ与えるのでも、時間が来たからそろそろ与えなければという与え方は、この応答性を無視したやり方である。赤ん坊が、おなかが空いたと泣いたときに与えるという与え方が、子供の主体性を尊重した、応答的な方法と言える。

インターネットスマートフォンが提供する溢れるような情報やゲームといった手っ取り早い気晴らしは、視野の狭窄を助けてくれる優れた装置だ。そこに眼差しを向けている限り、その間だけでも、自分が傷つくかもしれない嫌な現実を忘れていられる。

・どうせ自分はダメだという思い込みは、しばしば親の評価を映したものである。

・ことに、親が期待をかけ、口出しすることが、子供に愛情をかけることだと勘違いしている場合には、親の期待は、害しか生まなくなる。

・感情的になるような人は、もはや古いタイプのリーダーであり、新しいタイプの組織に居場所はない。

・回避性の人を動かしている最大のモーメント(動因)は、不安である。不安から逃れようとして、新たな負担や決断を回避しているのである。

・彼を支えていたのは、底抜けの楽天性で、彼の口癖は、「死なないことに決めている」というものだった。

・人生の扉とは、どこでどうつながっているかわからない。少なくとも扉を開けてみないまま素通りしたのでは、どこに行くこともできない。

・ああした方がいい、こうした方がいいという助言をすることは、何が正しいかということしか見ていない対応であり、本人が「正しいこと」をさせられ続けて、今の状況に陥っているという一番肝心なことを忘れているのである。

・それが正しいかどうかではなく、彼に今何が必要かという視点で対応することが求められていた。

・回避性の人は、やろうかやるまいか悩んだとき、いつもやらない方に逃げてきたことが多い。それで、チャンスが全部逃げてしまっている。そこを、やってみる方に変えるだけで、人生は着実に変わり始める。

・迷ったらやる。小さいことを一つやってみる。それを実践するだけで、人生は変わり始めるだろう。






生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害 (朝日新書)

生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害 (朝日新書)

  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/06/13
  • メディア: Kindle版



タグ:岡田尊司
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『恋愛しない若者たち』 [☆☆]

・今の若者にとって、恋愛は人生に欠かせない「必需品」ではない。あってもなくてもいい「嗜好品」、SNSやネットゲームと同じ、単なる趣味の一つなんだ。

・「超情報化社会」がもたらした功罪・恋愛の趣味化。膨大な情報開示による、ときめきとチラリズムのの消失。

・いつでもどこでも小腹を満たせば「お腹が空いた」とは感じにくい。

・バブル戦士の父親。総じてわが子には優しいのに、妻には上から目線で配慮が足りない。

・これだけSNSで人脈を拡げられる時代では、何にでも詳しい1人のマルチプレーヤーに頼るより、その道にだけ長けたセミプロやちょいエキスパートを何人もストックして使い分けるほうが、分野別に詳しい情報を得られる。

・母親の青春時代(おもにバブル期)は「三高」男性が理想とされたが、今の若い女性が望むのは、私が「三平」と呼ぶ男性像。すなわち平均的な年収、平凡な顔立ちで、平穏な性格。

・権力者や力で勝る人の側は、弱い立場の人々に「何か意見はない?」「本当にいいの?」と、意識的に聞きながら物事を進めねばならないだろう。

・努力が報われると思えば希望が生じる。でも努力しても無駄だと思えば、絶望が生じる。

・「ロールモデルの不在」は、対親だけではない。哀しいかな、職場や周りにも「ああなりたい」先輩は少なく、逆に「ああはなりたくない」上世代が多い。

・基本は、今の日本の若者のように「おうちデート」。男性が女性の自宅を訪ねる「夜這い(通い婚)」ばかりで、決定権は女性に合った。平安時代までは、男性が女性の家に婿入りする、「婿取り婚」だったからだ。

・よく男性は、結婚数年後から太り始め、「幸せ太り」とも言われるが、あれは科学者の間では、「生理的に代謝やテストステロンが減ることで、ゴツゴツしたセクシーな男らしさが失われ、太りやすくなるため」だとされている。

・恋愛と結婚は元来、相容れないどころか、相反するもの。極端に言えば、「混ぜるなキケン」なのである。

子供の頃からケータイやネットを通じ、周りとゆるくつながってきた彼ら。我々大人たちの何倍も、ひとりでいるのが怖いはずだ。

・彼らがデモで高々と掲げたプラカードは、プリント用のフォーマット(専用番号や画像)が若者らにツイッターで拡散し、コンビニの専用端末を介して大量に刷られたものだ。

・現20代の多くは、仲間うちで自分だけが孤立することを過度に恐れる。少数派の段階では「それは違う」と表明しにくいが、何かをきっかけに周りが声をあげ始めれば、「実ば僕も(私も)そう思っていた」と共鳴する。その数が、SNSのスピード拡散力も手伝って、アッという間に膨らむのだ。



恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)

恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)




恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)

恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)

  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2015/09/25
  • メディア: Kindle版



タグ:牛窪恵
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『下流中年 一億総貧困化の行方』 [☆☆]

・リベラルが力を弱めた原因もまさにそこにある。リベラル的な政策ってものすごく予算がかかるけど、でも今は国にもお金がないわけじゃないですか。

・2010年以降、恋愛結婚・出産を諦めた「3放世代」という言葉が流行りましたが、最近は諦めの対象にマイホーム、人間関係を加えた「5放世代」、さらには夢、希望まで追加した「7放世代」という言葉まで出てきている。

・個人の収入というのは個人のスキル(技能)に必ずしも根拠を持つものではないということだ。実際、戦後の日本は景気が良く、大きな需要があったために、粗製濫造であってもガンガン儲けることができたのである。

・貧しい人というのはむしろモノを多く持っている。ミニマムどころか、不必要なほどにモノが溢れている。

・シンプルな生活をできる人というのは、身の回りにモノがないということに、不安を抱かない人たちである。なぜ彼らが不安を抱かないかといえば、必要になったらいつでもモノを買えるだけのお金を持っているからである。

・社会は失った人にはその補償をしようとする一方で、それを元々得られなかった人にはまったく補償しようとしない。

・理不尽に子供を失った人と、理不尽に子供を最初から得られなかった人――。その両者はどちらも「子供がいない」という同じ状況にありながら、前者は手厚く同情され、補償を得られるが、後者である我々にはまったく何もないのである。

・保険会社が掛け金を多く支払った人に対して多くの補償をするのは仕方がないが、国や行政が多く多くを持っていた家に対しては多くの補償をし、家を持っていない人には家を提供しないのはおかしな話ではないか。

・東日本大震災が起きた時に各地の避難所でホームレスが追い出されたという話を聞いたことがある。「家がない」という状況は、家を失った人も、そもそも家がない人も同じであるはずなのに、資産があった側は保護され、最初から資産を持たない人は追い出された。

・結局「持っていた人が失う」ことに対する同情は強くとも、「そもそも持っていない人」に対する同情が足りないのが、今の日本の現状なのである。

・当然のことだが残業代は割高なので、残業手当が元々の年収に届くような長時間の時間外勤務を強いるくらいならば、プラス1人を雇って残業代を少なくした方が安く済む。

・多くの人たちが、自分たちの「家」や「家族」を守ることよりも、会社という「神」を守ることを優先してしまう現状が存在している。

・「働く」という言葉が掛かる場所はすべて会社である。会社のために働くことこそ「働かざるもの食うべからず」というときの働くという意味なのである。

・そもそも憲法は国に対する命令であり、憲法に書かれている勤労の義務は、国が国民に対して労働を提供する義務を指すのである。

・会社が神である原因は、会社が「賃労働として認められる仕事」を独占しているからだ。

・よく「単純労働が機械に奪われる」という話になりがちだ。そしてそういうことを言うのは、たいてい経営者という人種だ。彼らは末端で単純労働に就く人たちを代替できる労働力だとみなしているから、そういう発言になるのだろう。

・単純労働というのは人工知能はもちろんのこと、人工知能の判断をフィードバックする「人工肉体」が必要であり、人間を超える肉体の開発は人工知能の開発よりは物理的制約が強いために、人工知能が人間の知能を超えるよりも後であると考えられる。

・いずれは人工肉体も完成するだろうが、少なくとも頭を使うだけの仕事よりも先に代替できるようになることはないだろう。

・一部の職人は希少化によって存在価値を大きくしたが、一方で多くの凡庸な職人が仕事を失っていった。

・ホームレスの人と話していると、廃棄されたコンビニ弁当を食べるときには、人間としてのプライドを捨てなければいけなかったと聞きました。自分のプライドや自己肯定感を捨てざるをえない――それが相対的貧困の本質です。

・社会のために行なわれるボランティア活動でも、組織として動いていくとなると、やっていることは会社と同じであり、しかも報酬がもらえない。ある意味では究極のブラック企業とも言える。



下流中年 (SB新書)

下流中年 (SB新書)

  • 作者: 雨宮 処凛
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/04/06
  • メディア: 新書



下流中年 一億総貧困化の行方 (SB新書)

下流中年 一億総貧困化の行方 (SB新書)

  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/04/05
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ: