So-net無料ブログ作成

『文学少女見習いの初恋』 [☆☆]

・わたしはバカで子供だった。二人の恋に、完全に打ちのめされた。わたしの恋なんて、憧れの域を出ていなかった!

・うちの学校は、受験に失敗した生徒たちが集まるおちこぼれ収容所で、制服をだらしなく着崩し、髪を奇抜な色に染めた、ろくでなしの馬鹿どもが、我が物顔で校内をうろついていた。

・だって、この世で一番確かな愛の形は、一緒に命を終えることでしょう?

・恋に恋してるだけじゃないの? 恋をしたいと思ったときに、たまたま現れたのが、ぼくだったんじゃないか?

・「観音様って、どうしてみんな目を伏せているんでしょう」 「わたしたちが助けを求める声に、じっと耳を傾けているからよ」 「耳を傾けるだけで、なにもしてくれないんですね」 職務怠慢だ。政治家と神様は、どこか似ている。

・ふぅん……おたくは他人のことには勇ましいのね。そういう性格って、損するわよ。

・本来なら、きみはそれ以上、関わる必要はなかったはずだ。後ろめたさを感じながら、目を閉じて、背中を向け、知らないふりをすることもできたはずだ。

・現実は常に不条理で残酷だ。真面目に生きていても、通り雨みたいな災いに遭うこともある。世界が真っ黒な悪意に満ち、牙をむいて襲いかかってくることも――。そこに理由なんて、ひとつもない。

・もう一度世界を見渡してみたら、案外広々としていて生きやすかったかもしれないじゃないですか!

・はじめて「怖くない相手」に出会い、一人ではなく、二人になったの。



“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)

“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)

  • 作者: 野村 美月
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2009/04/30
  • メディア: 文庫



タグ:野村美月
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

トラックバック 0