So-net無料ブログ作成

『ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン』 [☆☆]

・君は迷っているんじゃない。ただ戻りたくないって駄々をこねているだけなんだよ。

・この世界とは相容れない存在は、自分以外のすべてによって否定される。

・たとえ邪魔な石ころを取り除くくらいの軽い気持ちで人を殺す者がいたとしても、それは殺意からではない。単に、人の価値というものを理解していない愚か者だけ。

・自殺ですら、自分が好ましい自分を少しでも長くこの世に留めたいという気持ちの裏返しであり、自己を押し潰そうとする現実に対しての異議申し立てに他ならない。

・特別だという人気者の彼らは、どうして特別でもない連中に、ああも執拗にチヤホヤされたがっているのか、それが理解できない。どうでも良い連中から褒め称えられないと気がすまないような奴らは、それだけでつまらない人間ではないか、そう思えて仕方がないのだった。

・君みたいな人間は、待っているだけじゃ何も訪れてはくれないって真実を、僕は知っているってだけだ。

・君は周囲が普通すぎて嫌になっているけど、君だってその普通の一部なんだぜ。君が何もしないのなら、当然、普通は普通のままでなにも変わりゃしないよ。

・君は仮定の話を全部否定するのか? だったらますます現在の普通からは一歩も外には出られないぜ。

・それがあなたの限界よ。何かを信じるということは、そこに線を引いてしまうことなのだから。信じてしまった時点で、そのことについて考えることをやめてしまうのが人間というもの。

・あらゆるものは常に疑いの対象であり、同時に頼らなければならない拠り所でもある。その困難を受け入れてこそ、初めて人は己の意思というものを持つことができるのよ。

・彼女が他人に対して言葉が少ないのは、その前に心の中で充分以上のお喋りを妄想で済ませてしまっているからだ。

・全部、前に誰かがやったことをなぞっているだけ。それがどんな馬鹿げているか、薄々勘づいているのに、それ以外のことを思いつけない。想像力ってもんがないのよ。

・あらゆる噂には広まるべき理由がある。大抵の場合、なにかが欠落している。世の中に欠けている要素を埋めようとして人は噂を広める。

・果たしてこの「死神」の正体はなんなのかという方向に噂はほとんど展開されず「あれはヤツの仕業」という事後の話で終始するのは、そういって納得したくなるような不条理が周囲にかなり存在するということで──。

・後生大事に抱え込んでいた想い出の数々は肝心の時にはちっとも役に立ってくれず、ちょっと忘れていたたったひとつのことで多くが台無しになってしまう。





ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン (電撃文庫)

ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン (電撃文庫)

  • 作者: 上遠野浩平
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2013/09/10
  • メディア: 文庫



タグ:上遠野浩平
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

トラックバック 0