So-net無料ブログ作成

『ストレスをリセットして、人生を変える。』 [☆☆]

・人は、「ゆっくり動く」ことを意識するだけで、呼吸も自然に深くなり、落ち着いてきます。すると、乱れていた自律神経のバランス、とりわけ下がっていた「副交感神経」の働きが自然にリカバリーされます。

・「今すぐ運をよくしたい! 変わりたい!」と思ったときほど、焦らないで、日常のすべてのことを、まずは普通の60%くらいのスピードで「ゆっくり動く」ことを意識してみてください。

・ただし、「ゆっくり」は、「だらだら」とはまったく違います。「ゆっくり」を意識し、自律神経が整った状態の人の動きは、じつは、焦ってバタバタ動いている人よりも早いのです。

・じつは、赤信号で渡っている人は意外に、事故にあうことが少ないのです。なぜなら、青信号で渡っている人の多くは、クルマが止まってくれるものだと信じていて、周りをよく見ていません。そんなときにクルマが突っ込んできて……。

・最悪の結果とは、どんなときでも、「自分の心や体が傷つく」と「自分が物理的に損をする」のふたつしかない。

・人は、調子がいいときよりも、どこかしら調子が悪いときのほうが、圧倒的に多いのです。それなのに、「いや、それじゃあダメだ、もっとよくしなくちゃ」と焦ると、その人の自律神経のバランスは乱れてきます。

・人とのつき合いは、「自分は本当に楽しめているか?」を基準にして、「YES」「NO」を選択してみてください。

・人は、自分の身に起こった出来事や、そのときに感じた思いなどを言葉にして「書き出す」だけで、かなりストレスをすっきりデトックスできる。

・「自分を好きになる」ことは、すべての自信の基本です。自分のことが好きな人は、ちょっとやそっとのことでは自信をなくさないですし、へこたれません。

・自分に自信がない人ほど、学歴とか肩書きとか地位とか持ち物とか……、そういうもので、張らなくてもいい見栄まで張ってしまいます。

・自信をつけるには、「7割の自己肯定」を意識することが有効です。

・医師の国家試験は、おおむね6割できていれば受かるとされています。けれども、6割どころか、7割、8割、9割できている人でも、残りの1割、2割、3割の「ダメだ、できなかった」という印象が自分の中でふくらんで、「自分は、今回の試験はまったくできなかった……」と、なくさなくてもいい自信までなくしてしまう。

・経験は何よりの宝、です。なぜなら人は、経験を積むことによって、「余裕」が出てくるからです。

・「余裕」と「謙虚さ」はじつはどんなアクセサリーよりも、その人を美しくおしゃれに、魅力的にしてくれます。

・嫌な人・苦手な人・意地悪な人と、自分を殺してまで無理してつき合ったとしても、その人が、自分をものすごく助けてくれることは、まずありえません。

・本人がいない場所でその人の話をしない、これは人間関係をよくするための絶対的なルールです。ただし、ひとつだけ、やっていいことがあります。それは、「かげで褒めること」。

・「この人と一緒にいると自分にプラスになるのか、マイナスになるのか」ということを、冷静に見極める意識をもつことをおすすめしたいのです。そして、プラスの人とは仲良くする。逆に、マイナスの人の場合は、「いい顔」も「ムダなつき合い」も、最短時間ですませる。

・人をプラス・マイナスで判断するというのは、一見、計算づくでずる賢い、悪いことのように感じるかもしれませんが、それはまったくの間違いです。あなたの人生を守るための、当然の権利なのです。

・相手に好かれようと自分を変える努力をするほどバカなことは、ありません。なぜなら、それは、いい悪いの基準が、自分ではなく相手にあるからです。

・初めての環境では、いつも緊張しすぎて失敗してしまう……という人は、そこにある椅子でもテーブルでも何でもいいから、何かひとつ物を決めて、帰ってからもその物の色や形がはっきり思い出せるくらいまで、黙ってゆっくり観察してみてください。すると、その「黙ってゆっくり観察する」という行為が、緊張によって乱れていたあなたの自律神経のバランスをリカバリーし、頭が真っ白になってしまったあなたを平常心に戻してくれます。

・とくに、人の話を否定するような、「でも」とか「だけど」が口癖の人。そんな人は、「ああ、この人には何を言っても仕方がないな」「つまらないな」と、周りからいい人が離れていってしまいます。

・会社で顔を合わせたときだけ、嫌な気持ちになる人のことが悩みの100%にまでも感じてしまうということは、その他の部分がすべてとても恵まれている、という証拠です。逆にいえば、病気とかケガとかお金がないとか、他がうまくいっていない人は、そんなことでは悩んでなどいられないのです。

・人間関係で悩んでいたら「自分は他に悩みがないほど恵まれているんだ」と、1日1回でもいいから意識する。

・「自分に正直で、自然体でいられる」というのと、「思ったことを何でも口にしていい」とか「感情にまかせて何を言ってもいい」というのは、決してイコールではありません。





ストレスをリセットして、人生を変える。: ”うまくいく女”のシンプル・ルール (単行本)

ストレスをリセットして、人生を変える。: ”うまくいく女”のシンプル・ルール (単行本)

  • 作者: 小林 弘幸
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2013/07/18
  • メディア: 単行本



ストレスをリセットして、人生を変える。(三笠書房 電子書籍)

ストレスをリセットして、人生を変える。(三笠書房 電子書籍)

  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2013/07/16
  • メディア: Kindle版



タグ:小林弘幸
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

トラックバック 0