So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『西一番ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク12』 [☆☆]

・おれは別に少子化なんて気にしない。みんなが人口を減らした方がいいと決めたんなら、それはそれでかまわない。軍隊や工場で必要だから、「産めよ増やせよ」なんてよりは、まだましだと思う。

・まあ、ギャラリーの観客なんて、ぜんぜんいないんだけどな。アートで街興しなんていう行政の都合がひとり歩きしてるだけ。

・誰も見たことのないようなものをつくりたいと、真剣にチャレンジしているのだ。残念ながら、どれもこれもテレビかどっかで見た感じがするくらいのものばかりなんだが。

・人生の曲がり角で何かを真剣に選ぶ。その先に待っているのが吉か凶かは当人には絶対にわからないのだ。

・まあ、自分の子供に亜南瑠とか紗音流とか名づけるヤンキーのアホ親がいるくらいだから、別に驚きはしないが。頭の悪いやつがクリエイティブを気取るとろくなことにならない好例。

・旧型メディアは恐竜のように、スマホというネズミに打倒されつつある。

・人の最低と最高が同時に存在する。だから広大で無限で可能性に満ちたメディアなのだ。

・法的に同性婚は認めない癖に、世界で一番ゲイが出演するテレビ番組が多い不思議の国ニッポン。

・別に違法というわけでもないのだろう。21世紀世界に満ちあふれる間抜けがだまされて最後の1円までむしられるコメディの一幕。

・美容整形できれいになった若い女は、頭の悪い若い男と違って金になる。

・その場に垂直に落ちた。いいパンチが正確に急所を打ち抜くと、人は吹き飛んだりしない。ただその場に崩れるのだ。

・きれいでも、きれいでなくても、変化の中に美しさはある。生きものって、だいたいがそういうもんだよな。

・金を払うからってやたらいばる客がいる。日本人って店員に過剰サービスを求めすぎじゃないか。

・物価や給料が下がるのがデフレの悪じゃない。働く人間の価値がどん底まで落ちる。これが究極の悪なのだ。

・心の一番外側が、その人間の見てくれというわけか。



西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII

西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII

  • 作者: 石田 衣良
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/08/04
  • メディア: 単行本



西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク12 (文春e-book)

西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク12 (文春e-book)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/08/05
  • メディア: Kindle版



タグ:石田衣良
nice!(0) 
共通テーマ:

nice! 0