So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『クル日もグルメ』 [☆☆]

・ウィーンと言えばカフェだ。トルコ軍が置き去りにしていったコーヒー豆から始まったと言われていて、300年以上の歴史を持つカフェ文化があるらしい。

・教訓でパン屋さんは早めに、「パンは急げ」という言葉が生まれた。

・ソムリエナイフで有名な、フランス・ライヨール地方。この地の男たちは子供の頃に授けられたナイフを生涯の友として、一生大切に使うのだとか。

・でも、今度でいいかと思いつつも忘れそうだし、またあらためて買いにくるなら今、買ってしまえば手っ取り早いと思い、すぐに車を止めて買いに走った。

・スポーツは録画では何とも味気ないし、聞かないふりをしてもどこかで結果が耳に入ってきてしまう。

・2-2になった後は何も面白くない。ピンチがこようが、チャンスが訪れようがドキドキしない。だって、どうせこれ以上スコアは動かないんだもん。号外のバカヤロー。試合はメールの通り2-2で終了。

・いつ、どこで、誰と何を食べた。このうちの1つでも状況が変われば味の感じ方が変わってきます。

・剛は、腹が満たされればいいといった感じなんだけど、その剛が「うまい」と言うと、なぜか「あ~ほんとに美味しいんだこれ」と思わせる不思議な説得力がある。

・「満月の日の海水から採った塩」ってナンダ? すぐにシェフを呼び止め、説明をしてもらうと、その地域の3層からなる海流が満月の日に月の引力によって混ざり合うらしく、その3層全てのミネラル分を含んだお塩なんだって。

・洋食はいいですよね。ある種のB級グルメですけど。

・デザートの一品で、携帯電話用のQRコードがチョコレートで描かれているんですよ。それをピーって読み取ると形態のホームページに飛ぶんです。

・わざわざお蕎麦を食べに長野まで?と正直すごくビックリしたんですけど、でも、その「わざわざ感」楽しそうだったので即答で「行きます!」と。

・遠い所に行くまでの道のりや時間がスパイスになって、出かけた先で食べるものは、より一層美味しくなる。

・ある中華料理のお店は、厨房からテーブルまでの距離によって、火の入れ方を微妙に変える。

・筋トレでも鍛える部分に意識を集中してやることで、筋肉の付き方が変わるように、食事も「太るかも」と思ったら体にそのような変化が現れるかもしれない。だから「太る」とか考えずに前向きに美味しく食べる。

・「美味しいね」って言い合える仲間がいた方が幸せだし、色々な感想を皆で言い合いたい。



クル日もグルメ

クル日もグルメ

  • 作者: 長野 博
  • 出版社/メーカー: M.Co.
  • 発売日: 2008/06/01
  • メディア: 単行本



nice!(0) 

nice! 0