So-net無料ブログ作成

『400のプロジェクトを同時に進める佐藤オオキのスピード仕事術』 [☆☆]

・フォルダは「Now」「Later」「Maybe」の3つだけ。「Now」には3日以内程度のスパンでやるべきことを入れておきます。「Later」に入るのは、切迫感はないけれど、放っておくと危機的な事態を招く可能性がある仕事です。そして「Maybe」には、やってもやらなくても大丈夫だけど、それをやることによって長期的にメリットがありそうなこと、少しでも暇な時間や余力があったら取り組みたいことなどを入れています。

・スイッチをオンにする習慣は、一つだけではなく複数あった方がいいでしょう。一つしかないスイッチを使い過ぎると、スイッチがうまく働かなくなってしまいます。

・実際の納期より早く締め切りを設定して仕事を進めるようにしています。たとえば3週間後が納期なら、まず「1週間で仕上げる」と目標を設定するのです。

・プロセス重視派は、どちらかというと「優等生」に多い気がします。

・日本では、ホームレスになっても痛風や糖尿病になるくらいの生活ができる――そのことを目の当たりにすると、怖いものがあまりなくなってしまったのです。以来、私の中には、いつも「死ぬのは恐いけど、その手前ぐらいまでなら行けるな」という感覚があります。

・ビジネスの場では「いくらお金がかかったか」に目が向きがちで、「どれくらい時間がかかったか」を同じレベルで常に考えている人は多くない。

・アイデアの発想は、算数の問題を解くようなものです。1週間かけて解いても5分で解いても答えが同じなら、5分で解いた方がいいに決まっています。かけた時間によって、答えの質が変わるわけではありません。

・アイデアは「思いつく」ものではなく、ロジカルに「考えつく」もの、という感覚です。

・まれに「まったく不安感がないまま迎えるプレゼン」があります。しかしこれは裏を返すと、「リスクを想定できていない」ということです。

・「既存商品を基準に、どうブラッシュアップするか」というものづくりでは、新しいマーケットへのチャレンジは難しいでしょう。

・「他人が頑張らないところで一生懸命やる」というのは、投資効率を上げるという観点では大きなポイントかも知れません。



400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術

  • 作者: 佐藤 オオキ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 単行本



400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術 (幻冬舎単行本)

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術 (幻冬舎単行本)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/02/09
  • メディア: Kindle版



タグ:佐藤オオキ
nice!(0) 
共通テーマ:

nice! 0