So-net無料ブログ作成

『佐藤オオキのボツ本』 [☆☆]

・レタスを野球ボールくらいのサイズに縮小することで、結果的に味や栄養価を1.5倍に凝縮させるというアイデアです。「朝、コンビニや駅などで購入して、小腹が空いたらそのままかじる」という、今までにないライフスタイルを提案できそうです。

・カッとやトリートメント、カラーなど習得しなければならない技術が多岐にわたるうえに、利用客と2時間近くコミュニケーションをとれる能力も必要。若い人の多くは、育つ前にやめてしまうとのことでした。

・昔と比べて、理美容室の利用頻度は減ってきています。理美容店に通える頻度が低くなれば、世の人々の「美しさ」のラインも下がるのではないか。

・ショービジネス化が進んでいる米国のスポーツ界では、ユニフォームも試合を魅力的に見せる要素の1つだと考えられています。

・優れたスローガンにはチームがどのような形で勝利を目指し、ファンに何を見てほしいかという姿勢を表現したもの。

・ぼやけたクリエーティブは人の心には刺さらない。

・「こんなリスクがある」という知識は、失敗しないためには大切です。ただそのリスクが本当に「問題」なのか、というところから捉えなおす。捉え方によってはこれまでリスクと言われていたことが魅力になるということもあるのです。



佐藤オオキのボツ本

佐藤オオキのボツ本

  • 作者: 佐藤オオキ
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/12/09
  • メディア: 単行本



佐藤オオキのボツ本

佐藤オオキのボツ本

  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/12/09
  • メディア: Kindle版



タグ:佐藤オオキ
nice!(0) 
共通テーマ:

nice! 0