So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』 [☆☆]

・自分を高める努力はしないけど、他人の足を引っ張る努力はする。社畜サラリーマンの妙な特性だ。

・あなたには誰も興味がない。「困っている」と声を上げないことには、いくら本当に困っていても、気づいてもらえない。

・そもそも、この国のほとんどの人間が情報弱者だ。何もしらない。

・情報商材に引っかかる人は、儲け話を聞いた人の全体の5%ぐらいだと指摘していた。5%の人は救いようがないアホだ。指示された行為をなぞることで、何かを得たような感動を覚える。

・悪い意味で真面目な人は、信じたことを疑おうとしなくなる。

・物事に疑いを抱かない人の趣味嗜好は、実に乏しい。

・目先の100万円を得るために、闇金しか思い浮かばないという思考が短絡的すぎだ。カネについての正しい知識がないから、カネの工面の仕方が思い浮かばないのだ。

・思い込みの無数の連続が、人の膨大な記憶を形づくっている。自我も同様の構造で、成立している。自分は自分であるという連続した思い込みの積み重ねによって、自己の認識が可能となっている。

・相手の方はまったく信頼も繋がりも感じていなかったケースは、多々あるだろう。つまり、裏切られた側が「裏切られた」と定義づけているにすぎない。

・経理の知識も、法律の知識もないサラリーマン上がりのド素人が、老後の楽しみで起業したところで、失敗することはほぼ間違いない。

・裏切るという行為は、人はいつも同じ状態にはないということの証明だ。

・復讐心にとらわれると、なかなか抜け出せない。報復が済むまで心は安らがない。

・復讐心を持つというのは、過去に生きることだ。

・私の人生のポリシーに、「自分が責任を取らされる」というのはないのです。私は提案と助言だけをして、旨味を食い尽くしてきました。責任を問われる事態になっても私は決断をしていないので責任を取らされないですし、もし取らされそうになったらトンズラすれば良いのです。

・正社員が夢という子供に今の大人がなんの夢を与えられるというのでしょうか?

・人間は最悪な状況下で現実逃避ができる知能が高い動物です。なので、追い詰めれば客観性を失い都合よく物事を捉えるので、騙されてる事に気が付けなくなるのです。

・絆というより、誰かが都合良く助けてくれる、居心地のいい逃げ場が欲しかっただけだろう。

・せっかくSNSを利用しても繋がるのは近所に住んでいる友だちばかり。刺激がなく、成長もしない。

・多少の利益があるから我慢して、気持ちにそぐわないものとずっと一緒にいる人は、自分に嘘をついている証だ。嘘つきが、信用されるわけがない。

・そもそも、人間関係がうまくいっていない人は、誰にでも好かれようという気持ちが強すぎる。

・金が全てじゃねぇが、全てに金が必要だ。



ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!

  • 作者: 堀江 貴文
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/09/03
  • メディア: 単行本



ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/09/06
  • メディア: Kindle版



タグ:堀江貴文
nice!(0) 
共通テーマ:

『3億円つかってわかった資産のつくり方』 [☆☆]

・家やクルマなど、金額の大きいものにお金を使う際は、リセール(売却)を常に意識することが大切になってきます。

・普通の新築マンションは1年後に価値が10~20%下がり、その後、毎年2%ずつ下がっていくといわれています。

・1人1000円の寿司屋と10000円の寿司屋があったとします。その2つの店のクオリティや満足度にはかなりの差があります。でも、1人10000円の寿司屋と19000円の寿司屋では、同じ9000円の差ですが、クオリティと満足度に劇的な差はないものなんです。

・身の丈にあったものだけにお金を使っていては、いつまでたっても価値の低いものしか買えないので、資産は目減りする一方です。

・友人ができたとしても、その後の成長度合いが異なれば、だんだん疎遠になっていくのが自然な流れだと思います。

・商売でも人付き合いでも、「相手の求めているものを出す」のが基本中の基本です。

・初めて会った人にできることって、せいぜい相手の話をよく聞いて、笑うことくらいです。だけど、そんなシンプルなことこそが、相手に「コイツいいな!」って思わせる唯一にして最大の武器だったりする。

・ゲンを担ぐと、担ぐ対象がなくなった途端に調子が崩れる。

・10億円以上の資産を持つ富豪層の3分の2が企業オーナーで、その企業オーナーの多くは、中小企業のオーナーで、「年商3億円規模のニッチ製造業」の経営者が多いといいます。

・市場規模が3億円程度というと、大手にとっては屋台骨にはなり得ない利益しか出ないので、市場が小さすぎて参入してこないのです。

・年商3億円の規模だと、飲食店なら月商400万円のお店を6~7店舗くらい持っている人に相当します。

・正社員を雇って毎月何十万も支払うくらいなら、月に5日来てもらって20万円という契約にした方が、社会保険料や各種の福利厚生もかからないので、人件費の節約になります。一方、働く立場としては、1社あたり5日で20万円もらえたら、5社と契約すれば、月25日の稼働で100万円になります。

・覚えておいた方がいいのが、5万とか10万とか、「少額しか出さない人ほど、口うるさい」ということ。

・仕事を任せられる人間の条件を「頭がよくて、動ける奴」と挙げていたそうです。

・頭がよくて行動しない奴はダメだし、よく行動するけど頭が悪い奴もダメ。

・日本特有の「恥の文化」は、江戸時代、幕府に反旗を翻して失敗した者を、公衆の面前で辱めることで生まれたといわれています。



フェラーリはクラウンよりも安かった!  3億円つかってわかった資産のつくり方

フェラーリはクラウンよりも安かった! 3億円つかってわかった資産のつくり方

  • 作者: 鬼頭 宏昌
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2016/09/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:鬼頭宏昌
nice!(0) 
共通テーマ:

『最強の成功哲学書 世界史』 [☆☆]

・「歴史に学べ」です。ここで注意すべきは「歴史を学べ」ではない、ということ。

・コネがあって初めてチャンスが与えられ、チャンスが与えられて初めて「実力」が発揮できるのです。

・努力が無駄になることはありません。努力することをやめた瞬間、それまでの努力が無駄になるだけです。

・なりふり構うな、手段は選べ。

・小人は、己の浅知恵で推定し、勝手に「失敗」という答えを導き出して、やってみもしないで諦めてしまう。

・幸運は四葉のクローバー。探せば見つかりますが、探さなければ見つかりません。多くの人は、探しもしないで努力もしないで「どうせ駄目だ」と諦める。これが多くの人に幸運が訪れない大きな理由です。

・「戦って勝つ」など、どうしてもそうしなければならない状態に追い込まれたときの「最後の手段」にすぎない。常に、如何にして「戦わずして勝つ」かに腐心する。それこそが名将である。

・成功の対義語は何か。それは「行動を起こさぬこと」。行動を起こさなければ、成功できないどころか、失敗すらできません。

・うまくいかない人は「物事を深く掘り下げて考える」習慣がない。

・何をやっても駄目な人というのは、すぐに手段を目的と混同し、本来の目的を見失ってしまうのです。

・[戦略]最終目的を達成するための大まかな計画方針。[作戦]戦略を成功に導くための個別的・具体的計画。[戦術]作戦を成功に導くための現場での手段・方針。

・軍事用語に「一般方向」というものがあります。これは、細かい経路は軽視し、全体的方向性だけを重視する考え方。

・「讒言」というものは、必ず無能者の保身から発せられる言葉なのですから、「発言そのもの」ではなく、「発言者の立場と心理」を読めば、これを見極めるのは難しくありません。

・「10万の英霊」とやらに執着したために、日中戦争、太平洋戦争と戦禍を拡げる結果となり、ついには300万もの英霊を出すことに繋がっていったのです。日露戦争の「10万の英霊」は、日露戦争の時点での国難を回避するために払った犠牲であって、満州を維持するためではありません。

・無能なくせに働き者は、使い物にならないどころか、生かしておけば害しか及ぼさないから、殺すより他にない。

・「敵を殲滅すること」より「自軍の損耗を最小限に抑えること」が最終的に生き残る極意となるのです。

・繁栄は砂城、妬みは津波。

・何よりも警戒すべきは、「強大な敵」よりも「周囲の嫉妬」なのです。

・得たものはなくなり、与えたものは増える。

・自分の懐に入れておいてもどうせ消えゆくのですから、消えてしまう前にどんどん周りの人に感謝を込めて与えてしまうのです。

・勝とうとする敵を倒すのは比較的容易ですが、「負けまい」とする敵を倒すのは容易なことではありません。

・知識の蓄積で満足してしまう人はたいへん多い。よく「年に数百冊の本を読む」と自慢げに口にする人がいますが、そうした人はこの典型と言ってよいでしょう。

・理解したことは、必ず行動となって現れるものであり、行動に現れないということは、その者は知識はあっても何もわかっていないという証である。



最強の成功哲学書 世界史

最強の成功哲学書 世界史

  • 作者: 神野 正史
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/02/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



最強の成功哲学書 世界史

最強の成功哲学書 世界史

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/02/04
  • メディア: Kindle版



タグ:神野正史
nice!(0) 
共通テーマ: