So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『知の仕事術』 [☆☆]

・議論はない。その代わりに罵倒の応酬がって、それで事が決まってゆく。

・金の場合、原石1トンにつき0.5グラムが採算分岐点だそうだ。同じように本も大量に刊行されるものの中から、最小限の手間で必要な本を選び出さなければならない。

・書評は本を選ぶアンテナとして役に立つ。年間に8万点出る新刊を、数百点まで圧縮してくれるわけだから。

・誰か厳密に計らなければ世の中は聖者だけになってしまう。

・名詞の複数形とみれば「諸」をつける愚劣さ。それで英文を読んだと錯覚する鈍感さ。マルクス関係の本の翻訳に出てくる「諸価値」を「価値観」と、あるいは価値体系と訳してごらんよ。諭旨がどんなに大きく変わり、筋が通ることか。

・新刊書店には、古い本でいいものはほとんど置いていない。この傾向は年々強くなっている。

・古本屋は、店舗がなくても成り立つ商売になった。客に店まで来てもらう必要はもうない。古本を仕入れて分類して、値をつけて、インターネット上のマーケット「日本の古本」に出しておけば、日本中から注文が来る。

・読書にカリキュラムはないし卒業もない。永遠の留年状態。

・イギリス人は非常に伝記が好きなのだ。イギリスの書店に行くと、「F」(フィクション)と並んでバイオグラフィーの「B」という分類の棚がある。そのくらい好き。

・いいエッセーの条件の一つは適量の生活感が入っていること。適量という点は大事で、多すぎるとおばさんやおじさんの投稿になってしまう(「……と思う今日このごろである」とか、「……と思うのは私一人ではないだろう」のたぐい)。

・いきいきとした日常生活のエピソードから出発して、2、3回論理の宙返りを経た上で説得力のある結論に至る。これが優れたエッセーの基本形です。

・ぼくは本は私的な所有物であると同時に公共財であるという意識から逃れられない。だから、ぼくはどんな本でもいずれ手放すと意識をして扱う。

・買ったら買いっぱなし、読んだら読みっぱなしでは書棚は更新されない。

・最初から数を限るなら、それは本ではなくて工芸品でしょう。

・昔、教養とは知識のストックであった。頭の中に過去の偉人たちの言葉がたくさん入っていれば、それだけ人格がみがかれ、いざという時にも知識は身を助けると人は信じていた。

・農業を始めて、穀物という備蓄可能な食糧を得た。備蓄可能はすなわち強奪可能だから戦争というものが始まった。

・我々の生産は技術によって支えられている。だから技術、つまりテクノロジーが変わったら、生産方法も変わらなければならない。

・最もアイディアが湧くのは、実は書いているときだ。書くというのはすなわち考えること。

・『ニューズウィーク』の日本版サイトをときどき見る。ここは、アメリカ的偏見はあるかもしれないが、日本の週刊誌的偏見はないから。

・コンピュータが使われ始めたとき、「ペーパーレス」という表現が流行った。結果的には、これは間違いだった。プリントしやすくなり、むしろ使用量は増えた。

・「税」について、「納税者とは、国家公務員試験を経ないで連邦政府のために働く人々である」。これはなんとレーガン元大統領のお言葉。

・印刷が可能になって、人々の手に1冊ずつでも渡るようになった。だからプロテスタントは信者が自分で聖書を読むようになったんです。カトリックの世界では、聖書は自分で読むものではなかったんです。

・グーテンベルクの発明によって「音読の世界」から「黙読の世界」になった。それまで神父さまの手元にのみあって、集団で大きな声で読むしかなかった本が、印刷されるようになると一人一人が自分の部屋で声を出さずに目で読まれるようになる。これは大きな変化でした。

・トーキーが盛んになったことで弁士たちが困り、一方では声があまりにひどいので生き残れなかった映画俳優たちもいた。

・素晴らしいクオリティの写真です。しかし、印刷ではそれをいまひとつ出し切れなかった。今回の電子版で見る方がきれいだと思います。

・写真というメディアの場合は「フィルムで撮って印画紙に焼いて1枚1枚見る」が、「デジタルで撮ってディスプレイで見る」に変わった。

・『ティミッドとティンブクツーのあいだ』という小説があります。「ティミッド」は臆病という意味ですね。「ティンブクツー」はアフリカのマリの、サハラ砂漠の真ん中の地名。「ティミッドとティンブクツーのあいだ」とは何なのかというと、百科事典でいく「Time」という単語のことなんです。

・エッセイなどで「ぼくは……」と書いても、その「ぼく」はいわば仮想のものだった。一つの話題を提供するための台としての「ぼく」。



知の仕事術 (インターナショナル新書)

知の仕事術 (インターナショナル新書)

  • 作者: 池澤 夏樹
  • 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル
  • 発売日: 2017/01/12
  • メディア: 新書



タグ:池澤夏樹
nice!(0) 
共通テーマ:

『稼ぎ続ける人の話し方 ずっと貧乏な人の話し方』 [☆☆]

・ずっと貧乏な人は、相手によって態度を変える傾向があります。

・人はストーリーにひかれて、モノを買います。だから、稼ぎ続ける人は、いつも商品を説明する時に、「過去→現在→未来」のストーリーを語ります。一方、貧乏思考な人は、スペックなどの「現在」ばかりを語りがちです。

・ずっと貧乏な人は、「公平」を重視する。

・「えこひいき」されて、うれしくない人はいない。

・ずっと貧乏な人は、「で」でイメージを下げる。稼ぎ続ける人は、「が」で自分の意思を伝える。

・人の話を取ってしまうタイプの人には共通の特徴があります。それは、「僕は」「私は」「うちの会社は」というように、会話の主語を自分にしがち、だということ。

・ずっと貧乏な人は、あれもこれも説明して、結局魅力が伝わらないのです。

・ずっと貧乏な人は、「礼儀正しく」お願いする。稼ぎ続ける人は、「礼儀正しく+図々しく」お願いする。

・バカな奴は単純なことを複雑に考える。普通の奴は複雑なことを複雑に考える。賢い奴は複雑なことを単純に考える。

・「すみません」という口ぐせは、「稼ぐ」という観点からいってもマイナスです。なぜなら、言われた方は「すみません」という言葉を聞いて、反射的に悪いことをされたような気分になるからです。本来、「すみません」は謝罪の言葉ですから、当然といえば当然です。

・「すみません」ではなく、「ありがとう」を使うのが適切です。お客様は感謝された方が、「すみません」と言われるよりも何倍もうれしいものです。

・人に与えた分は、等価交換では返ってきません。3割返ってくれば御の字。ビジネスでも同じです。

・ずっと貧乏な人は、自分がしてあげたことに執着し、先方からリターンが返ってくることを期待しています。しかし、そうした態度は、必ず相手に伝わり。まわりから人が離れていきます。



稼ぎ続ける人の話し方 ずっと貧乏な人の話し方 (青春文庫)

稼ぎ続ける人の話し方 ずっと貧乏な人の話し方 (青春文庫)

  • 作者: 松尾 昭仁
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2014/05/10
  • メディア: 文庫



タグ:松尾昭仁
nice!(0) 
共通テーマ:

『「本当の自分」を見つけて武器にする』 [☆☆]

・「うまくいかない」理由が2つあります。まずひとつは、「自分の個性を無視して方向性の違う」努力をしているケース。2つ目は、相手の個性を理解せず、自分の方法論を通そうとして、失敗しているケースです。

・「相手も自分と同じように考えるだろう」という前提で物事を進めようとしても、コミュニケーションにギャップが生まれるのは当然なのです。

・「エマジェネティックス(EMERGENETICS)」は、emerge(発生)とgenetics(遺伝的特徴)という2つの単語を組み合わせた造語です。

・アメリカでも日本でも、学校での学習指導のフォーマットは「左脳タイプ」に合わせたつくりになっているようです。

・人間は、思考のみならず、行動にもそれぞれの特性があります。同じ思考特性の持ち主でも、行動特性の違いによって、表面に表れる印象が違ってきます。

・それまでのプロファイリング手法を研究したところ、そのほとんどが「思考」と「行動」を混同して考えていることがわかりました。「こう考えている人は、こういう態度だ」と、頭の中(思考スタイル)と、人との接し方(行動スタイル)を、同じ土俵で扱っていたのです。

・分析型の人は、「頑張ってるね」というほめ言葉にも魅力を感じません。極端に言えば「(目的のために)努力するのは当たり前」くらいに考えているのです。

・分析型の人は、5W1Hでいえば「WHY」(なぜ?)の人。「なぜやるのか?」が明確でなければ、行動に移そうとしません。

・構造型の人は、5W1Hでいえば「HOW」(どうやって?)の人。「どうやって(モノを)作るのか?」「どうやって(ゴールに)たどり着くのか?」というプロセスに関しては、計画性や経験則を駆使して、確実に作業をこなしていくことができるはずです。

・「何か?」ではなく「誰か?」が大事。社交型の人の思考には、必ず「誰か」が存在します。

・社交型の人は、5W1Hでいえば「WHO」(誰)の人。「(自分は今この仕事を)誰のためにやっているのか?」を考えることで、力が発揮できるのです。

・コンセプト型の人は、5W1Hでいえば「WHAT」(何)の人です。仕事においても、プライベートにおいても、重視するのは「何をやるか」ということ。

・車の運転も、初心者は「自分は運転に慣れていない」と自覚して、注意しながら慎重に運転すれば、事故を起こさないものです。自分が得意でないことは注意する――これだけで十分です。

・自己主張性は、自己表現性と混同されがちです。両者の違いは、自己「表現」性の強い人が自分の意見を「口や表情に出すだけ」なのに対して、自己「主張」性の強い人の場合は、自分の意見を「通そうとする」ところにあります。つまり、自己「表現」性に強い人は「他人は関係ない」のに対し、自己「主張」性の強い人は「他人を従わせたい」ということです。

・柔軟性とは、「他人の考えや行動、または状況の変化を受け入れようとする意思」のことです。

・「無から有を生む」のではなく、「1を100にする」という考え方です。



「本当の自分」を見つけて武器にする

「本当の自分」を見つけて武器にする

  • 作者: 中村 泰彦
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2013/04/06
  • メディア: 単行本



タグ:中村泰彦
nice!(0) 
共通テーマ: