So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『公正的戦闘規範』 [☆☆]

・俺にとっては椅子を暖めて時間給を貰う仕事の一つでしかない。

・全ての仕事に陳のような天才が必要なわけではない。古いコードを再生するエンジニアは必要だ。

・トリリンガルは珍しくもないが、日、中、英で日常会話と専門分野、ビジネスプロトコールを全部こなせる彼は本物のエリートだ。

・知らないだけ――そんな単純なことで、あんな苦労をしているということなのか。

・与えられた目標を達成するために、手段を選ばず、倦まず弛まず邁進するこいつは、理想的なエンジニアではないだろうか。

・デスク兼CEO「被災者の声」を足せ、と求めてくるだろうが、無視するつもりだ。既に被災者自身がウェアラブルのカメラで撮影した「生の」映像が無数にアップロードされている。わざわざ足す必要はない。

・救援物資を空中配送する八枚ローターの無人機はセブ復興の象徴でもあるが、不心得者の狩猟の対象でもある。

・すぐ自分のせいだって考える。自然災害の規模なんて予測しようがないじゃない。百年に一度の災害に備えるなんて無駄よ。十メートルの防潮堤でセブのビーチを囲っちゃう? 唯一の観光資源よ。ありえないわ。

・すべての量子アルゴリズムは可逆なんだ。二という出力があれば一足す一の結果なのか、二掛ける一なのかは必ずわかる。時間の矢に縛られていないからね。

・善意だけでは続かない。同じような災害が別の場所で発生すれば、支援の手と注目は急速にセブから離れていくだろう。

・遅れや休みを「Bahala na!(なるようになるさ)」と受け流していた人々。

・高度なインフラは、住民にとって完全な「ブラックボックス」だ。このインフラを次の繁栄につなげるためには、次の社会を担う子供たちへの教育が欠かせないはずなのだが、手は足りない。

・中国政府が「全民接続」の名の下に、経済的に恵まれていない地域で配布した高性能スマートフォンだ。小さなケースに詰め込まれていた声紋、指紋、虹彩認証が政府の生体情報収集のためだったことは軍に入って対テロ出動するようになってから知ったのだが。

・自爆テロが減ってるのも、八十ドルやそこらで確実に人を殺せるキルバグの方が、麻薬や暴力を使う洗脳よりも圧倒的に安いからだよ。

・何もいいことのなかった村だった。話したい人など誰もいない村だった。六年帰らなくても気にならない村だった。

・いいか、勝負には勝つか負けるかしかない。つまり、五十%の確率でおれたちは勝てるということだ。

・人民裁判にリンチ、一番マシなケースでも、憲法の全文を読んだこともないような素人判事が、AIのことを何も知らない陪審員を誘導して懲役刑を科す。

・軍用のM-16からフルオート機構を外した市販品だが、彼らのAR-15がフルオート射撃ができるように改造してあることをハルは疑わなかった。

・ゴミをかき集めるブラシと、車輪という身体、そしてゴミを片付けたい人間という環境が、掃除機の身体性だ。そこに、小さなアルゴリズムが与えられた。回収できるゴミが少なくなるか、バッテリーが切れるかするまでランダムに移動せよというものだ。

・僕は神など信じない。だが、敬虔な人は信じていいと思っている。



公正的戦闘規範 (ハヤカワ文庫JA)

公正的戦闘規範 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 藤井 太洋
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/08/24
  • メディア: 新書



公正的戦闘規範 (ハヤカワ文庫JA)

公正的戦闘規範 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/08/25
  • メディア: Kindle版



タグ:藤井太洋
nice!(0) 
共通テーマ:

『マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣』 [☆☆]

・若くして巨万の富を手に入れて誰かに気を使う習慣がないせいか、彼らに共通する性質として、物事をきちんと説明してくれないところがある。

・「0.3%の世界」とは何か? それはこの世の中に分布する「バカ」の確率のことだ。

・やたらめったらメールを送っても、1000人に3人の割合で引っかかるカモがいれば、元は取れる料金設定になっているのだ。

・すでにネットビジネス界も先行者利益が既得権益化されており、リストゼロからの新規参入では稼げない。

・ベンチャー業界では「東大卒が転職してきたらもう終わり」という格言がある。

・収入をアップしたければ金持ちの友人を持つべきだ。なぜなら、普段つきあっている人間10人の平均年収が、自分自身の年収だと言われている。

・ネット起業家の主宰する塾の参加費用は数十万円から高いものだと100万円単位になる。

・生徒(お客さん)が感じる満足度は費用対効果だけではないと思う。実感として、講師とのコミュニケーション、仲間との出会いや交流など、一言でいうと楽しかったかどうかが大きい気がする。

・サラリーマンの平均年収が600万円、派遣やフリーター生活では年収300万円が1つの目標となっている日本において、数千万円から1億円もの年収を得ている彼ら。

・DVDとか教材の相場が崩れているんですよ。でも塾にするとコミュニティという付加価値がつく。

・ちっちゃな革命。その意味は方々の業界において、小さくてもいいから過去の常識を新しい常識で上書きするように、イノベート(革新)していくこと。

・「どうやってお金を貯めるの?」とよく聞かれますが、私にはその質問自体が不思議です。「どうやって貯めるって…、使わなければいい」。

・「隠れた真実」とは、「賛成する人がいない、大切な真実」であり、「誰も気付いていない、価値ある企業とはどんな企業だろう?」正解は、「隠れた真実になる」と書いている。

・仕事を「もらっている」状態は「独立」ではあっても、「自立」ではなかったのだ。

・早めに動く、しっかりと準備をする。そこにあるマインドは「決して慌てない」ということ。

・金持ち父さんでいうところの従業員、自営業者から始まってビジネスオーナーから投資家になったんです。でもあの4つの先に、もう1つあると思うんですよ。それが「資本家」です。僕はそこを目指したいなと。

・日本の景気が悪ければよその国に出稼ぎに出るなり、拠点を海外にするのもビジネス感覚としてはごく当たり前の判断なのである。

・色々な理由をつけて、結局は踏み出せない人が多い。なぜなら、やった方がいい理由と同じくらい、やらない方がいい理由をみつけるのも簡単だからだ。

・近江商人の教えで「倒産した会社の社長は何もせず半年くらい琵琶湖で釣りをしているといい」というのを何かの本で読んだ記憶がある。

・情報商材は自分以下の情報弱者にしか絶対に売れないだろ?

・あることはあるんですよ。需要って。地方にいらっしゃる方とか、とにかく退屈なんですよね。あまり目標とか夢とかなかったりして。

・田舎の人はコロッといっちゃう。だから、それも日本の格差の歪みで、そこにインターネットから情報が流れてくると……。

・インターネットの動画マーケティングで告知した事業の顧客に、地方のマイルドヤンキー層が多かった。

・女は顔出しでセックスすれば、男は顔出しで成金ぶりをアピールしまくれば有名になったり、金儲けができる。

・世の中には売れる商品と売れない商品がある。そしてそのことにより儲かる企業と儲からない企業があり、後者はいずれ倒産してしまう。



マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣

マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣

  • 作者: 水野俊哉
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: 単行本



マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣

マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣

  • 出版社/メーカー: カシオペア出版
  • 発売日: 2017/07/25
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ:

『現役東大生が実践している「勉強法」のきほん』 [☆☆]

・読むことは学習の基本。

・Learning by Doing(為すことによって学ぶ)。

・物事が「分かる」ということには、実は、「知的にわかる」という次元と、「遂行的に分かる」という次元があるのです。

・「遂行的に分かる」こと、つまり、現実の場面でその知識を使いこなすことができてはじめて、その知識は深いレベルで「理解された」ということができるのです。

・受験生たちの間で、「眠れない」状況への一番の特効薬と言われている方法を紹介します。それは、とにかく机に向かい「単純な暗記」を行なうことです。英単語や元素記号など、なるべく項目を関連付けて理解する必要のないものを選ぶことが重要です。

・計算用紙に数字を乱暴に書きなぐる人がいますが、これでは事後チェックができません。自分の答えを出すまでの過程を「見やすい字」でしっかり残すことで、ケアレスミスを簡単に発見することができます。

・自分はできる!という感覚=自己効力

・ヨーロッパ人は自分が設定した目標で最もやる気が高まるのに対し、アジア人は自分にとって重要な他者が設定した目標の方がやる気が高まる。

・意識せず「努力」や「成功」などやる気が出る言葉に接した被験者は、その後の課題により意欲的に取り組むことが明らかになっています。これをうまく活用すれば、無意識に勉強に対するやる気を高められます。

・70デシベル(普通乗用車が1台通り過ぎるときに発生する程度の音量)が、創造性を高めるために最も適した音量とのことです。



現役東大生が実践している「勉強法」のきほん

現役東大生が実践している「勉強法」のきほん

  • 作者: 東大家庭教師友の会
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2014/10/10
  • メディア: 大型本



現役東大生が実践している「勉強法」のきほん

現役東大生が実践している「勉強法」のきほん

  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2014/10/09
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ: