So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『あの戦争は何だったのか 大人のための歴史教科書』 [☆☆]

・学校でよく映画館に連れて行かれ、アメリカが戦時中に撮った戦闘の記録フィルムを見せられた。画面では、日本の特攻隊の飛行機が、次々と撃ち落とされている。そうすると私たち小学校二、三年生が観ている中で拍手が起こるのだ。誰が拍手をしているか見ると、教師たちであった。こういうことが平和教育だったのだ。

・ただ単に戦争体験を語ることと戦争を知ることは全く違う。それを取り違えてしまっている場合が多い。

・「二・二六事件」というテロが、明らかに時代の空気を歪ませてしまった。テロという暴力が、軍人、政治家はもちろんのこと、マスコミ、言論人たちも、そして日本国民全体の神経を決定的に麻痺させていった。

・「皇紀2600年」の大式典は、「天皇に帰一する国家像」を象徴するものであった。いわば、日本は理性を失った、完全に「神がかり的な国家」に成り下がってしまったのである。

・東城は、いや陸軍は、「武力発動」はできなかったのである。太平洋戦争において「武力発動」ができたのは、唯一海軍だけであった。いくら陸軍が、南洋諸島や東南アジアで「武力発動」したくても、海軍の護衛で運んでもらわなければ、始めようがない。

・12月8日、朝7時にラジオから流れてくる臨時ニュースで、日本の国民は初めて戦争状態に入ったことを知った。その時、国民はみな喚起に沸いたのである。

・「真珠湾攻撃」は、その後に上陸作戦を展開しようとか、ハワイを制圧しようとか、次に何をしようという戦略は全く考えられていなかった。

・当たり前のことであるが、戦争を始めるからには「勝利」という目標を前提にしなければならない。その「勝利」が何なのか想定していないのだ。

・大本営は混乱し、また無為無策であったのだ。戦略を立て直そうなどと考えることもなく、いってみれば「下手な博打打ち」のように「もう一度、もう一度」と同じ手を繰り返すだけであった。

・何とガダルカナルのジャングルの中、全地域に、マイクロフォンが仕掛けられていたのである。どんな小さな声で話していてもマイクに声が拾われてしまい、居場所がすぐさま基地のアメリカ軍司令部に筒抜けになってしまうというのだ。

・大本営は、自分たちに都合の悪い状況を隠すことのみに汲々とし、決して自己省察などしようとしなかった。「戦争の目的は?」と聞かれれば、「自存自衛のため」などときれいごとを述べているだけであった。

・彼らが専ら会議で論じているのは、「アメリカがA地点を攻めてきたから、今度は日本の師団をこちらのB地点動かし戦わせよう」といった、まるで将棋の駒を動かすようなことばかりであった。

・日本の兵士たちは、「戦時ルール」というものを全く知らなかった。一兵卒はもちろんのこと、士官養成学校でも教えられることはなかった。

・一定の枠内で戦えばいい、それ以上、無益な死になるのなら捕虜になれ、そして敵の中にあってその戦力を消耗せよ、というのは、20世紀の戦争の鉄則である。

・そもそも「絶対国防圏」なんて、子供が「ここは俺の陣地だから、入ってくるな」と叫んでいるようなものであった。「絶対」といっても単なる願望でしかなかったのだ。

・「日露戦争」までの日本には、「戦略」がきちんとあった。引き際を知り、軍部だけ暴走することもなく、政治も一体となって機能していた。国民から石を投げられてでも、講和を結びにいくような大局に立てる目を持つ指導者がいた。

・天皇は、精神的に「二・二六事件」の影響をずっと引き摺っていた。青年将校たちを「断固、討伐せよ」と命じてからは、一度も何かに対して断定的に否定する意思表示はしなくなっていた。

・インパール作戦展開中、牟田口はというと、前線から400キロも離れたメイミョウという場所から、ひたすら前進あるのみと命令を下していた。メイミョウは「ビルマの軽井沢」と言われた避暑地であった。

・牟田口が作戦失敗の責任を問われなかった理由の一つは、東條と親しい関係にあったからである。

・昨日まで全国民の十人に一人が兵士となり、アメリカ相手に憎悪をかきたてた戦いをしていたのが、まるでウソであるかのように掌を返して好意的になってしまう。こんな極端な国民の変身は、きっと歴史上でも類がないだろう。

・「戦争が終わった日」は、8月15日ではない。ミズーリ号で「降伏文書」に正式に調印した9月2日がそうである。世界の教科書でも、みんな第二次世界大戦が終了したのは、9月2かと書かれている。8月15日が「終戦記念日」などと言っているのは、日本だけなのだ。

・あの戦争の中に、私たちの国に欠けているものの「何か」がそのまま凝縮されている。その「何か」は戦争というプロジェクトだけではなく、戦後社会にあっても見られるだけでなく、今なお現実の姿として指摘できるのではないか。

・戦略、つまり思想や理念といった土台はあまり考えずに、戦術のみにひたすら走っていく。対処療法にこだわり、ほころびに「つぎ」とあてるだけの対応策に入り込んでいく。現状を冷静にみないで、願望や期待をすぐに事実に置き換えてしまう。太平洋戦争は今なお私たちにとって「良き反面教師」なのである。



あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 (新潮新書)

あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 (新潮新書)

  • 作者: 保阪 正康
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/07/01
  • メディア: 新書



あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書―(新潮新書)

あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書―(新潮新書)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/07/20
  • メディア: Kindle版



タグ:保阪正康
nice!(0) 
共通テーマ:

『人生を変える勇気 踏み出せない時のアドラー心理学』 [☆☆]

・何も言わなければ当然波風は立たず摩擦も起こりませんが、何も言わなければ対人関係は長い目で見れば、よくはなりません。

・迷うのは決めないためだったわけですから、当然迷いはなくなりますが、今度は後悔するということです。

・どんな決断をしても必ず後悔すると思っておけば、決断前の迷いを回避し、決断後の後悔も受け入れられるでしょう。

・二つの選択肢がある時には、明らかに後悔するに違いない方を選ぶと決めておくというのもいいでしょう。後悔はどんな決断をしたとしても必ず起こるものですが、この方法で二者択一を選んだ場合の後悔は予期されていたものですから、後悔したことを悩む必要はなく、決断した後で冷静に考えれば決断を支持する理由は見つかります。

・自分が看護したことを感謝されたいと思うのは余計です。感謝を期待する人は、患者のことではなく、実は、自分にしか関心がないのです。

・求められてもいないのに自分の意見を言う人は、往々にして自分の考えが唯一絶対だと思い込んでいますから、相手に反論することすら許しません。

・他の人も断ればいいのです。それなのに「みんな我慢している」というものだから、誰も引き受けたくないことを引き受ける慣習が存続してしまうのです。

・質問する人の中には、最初に「声が小さくてよく話がわからなかった」と講演の仕方に苦言を呈し、そうすることで私の価値を最初に「低減」してからでないと質問できない人がいます。

・プライベート(private)という英語はもともとラテン語のプリバーレ(privare)、「奪う」という言葉が語源です。自分のプライベートは自ら「奪い取る」しかないのです。

・上司に叱られたので伸びたという人は、もともと力があったので、上司から叱られても力を伸ばすことができたにすぎません。上司に叱られたから伸びたのではなく、上司から「叱られたにもかかわらず」力を伸ばせたというのが本当です。

・「怒るのはいけないが叱ることは必要だ」という人はいます。しかし、怒らないで叱れる人がいるとは思えません。部下を叱る時、必ず怒っているのです。

・部下を叱り関係を遠くしておいた上で、部下を指導し援助することはできないのです。

・楽しい時間を過ごした後、次に会う約束をするかしないかが友情と恋愛を区別する基準です。

・一番の問題は、結婚することで自由が制限されると考えることです。ともに生活することが苦痛と思うようであれば、結婚することはできません。

・特定の人しか愛せない人は、本当にはその人のことも愛せていないのです。誰をも愛せる人だけが特定の人をも愛することができます。

・自分とは違う考えを持った人を理解する、あるいは理解しようとすることは、必ずしもその人の考えに賛成するということではありません。

・もしも他の人が助けてくれたとしたら、それはあくまでその人の好意、善意であって、義務ではありません。

・援助の依頼を断られると怒る人がいます。私がこんなにした手に出て頼んでいるのに断るなんて、何とひどい人というわけです。

・どんな時に自分に価値があると思えるかといえば、自分が貢献していると感じられるときです。

・親の干渉を断ち切る時に、「きつい言葉」で返す必要はありません。ただ、「大丈夫」と穏やかに言えばいいのです。さらに、もしも言えるのであれば、「心配してくれてありがとう」と言いましょう。

・そこそこ仲が良ければいいのであって、理想的によい関係である必要はありませんし、どんな仲のよい人同士でも、時にはケンカをするものです。

・承認されたい人は、自分の行為が他の人に役立つかどうかでなく、他の人に認められるかどうかにしか関心がないのです。

・同じ行為の適切な面に注目することによって、その行為の不適切な面に注目しないようにすればいいわけです。

・ほめられて育った人は、自分がしたことで認められたいと思うので、相手に気づいてもらえなければ、嫌がられることをしてでも認めてもらおうとするのです。

・もはや自分が必要とされないのではないかと考える老人は、子供がいうことを何一つ断らない優しい老人になるか、がみがみいう批評家になる。

・自分は他者の期待を満たすために生きているのではないと理解はできても、他者も自分の期待を満たすために生きているのではないことは理解できません。

・自分の方が不利だとわかっている人は怒鳴ることで自分の考えを認めさせようとするのです。

・これは多くの人が間違うことですが、私たちは叱ることで関係を遠くしておいてから、していいことといけないことを教えようとしてしまいがちです。しかし、関係が近くなければ、教えることはできません。

・もうすぐ還暦を迎える彼は、「好きな酒を断って80歳まで生きるよりも、酒を飲んで70歳で死ぬことにした」というのです。



人生を変える勇気 - 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)

人生を変える勇気 - 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 岸見 一郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/06/21
  • メディア: 新書



人生を変える勇気 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)

人生を変える勇気 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/06/25
  • メディア: Kindle版



タグ:岸見一郎
nice!(0) 
共通テーマ:

『君たちが知っておくべきこと 未来のエリートとの対話』 [☆☆]

・クラスメートに「こいつには絶対にかなわない」という凄いやつがいる。そういう人との出会いが若いうちにあると、努力すれば何とかなるという幻想から抜け出すことができる。

・東大進学者数の推移に一喜一憂するような「受験刑務所」型の高校とは、質的にまったく異なる。

・田舎の秀才タイプで満足してしまう人が多い。

・複雑性には縮減するメカニズムがある。法律を作る、あるいはマニュアルを作るなんていうのもその一つ。

・人間が持つ、一番重要かつ効果的に複雑性を縮減するメカニズムは「信頼」だという。

・人の気持ちを考える訓練をしてね。こんなことを言ったら、相手はどう思うだろうとか、別の人はどう考えているだろうかと想像するクセをつけると、だいぶ違ってきます。

・どんなに理系エリートの時代になったと言われても、基本的に統治エリートは文系・人文系だから、そこは間違えない方がいい。

・北朝鮮はサイバー戦にものすごく強いんだよ。要は防御が完璧。日本は鉄道のダイヤグラムを組むのにコンピュータを導入しているけど、あちらはいまだに鉛筆で引いている。発電所だってコンピュータが入っていない。だからサイバーが侵入する余地がない。

・サイバー戦で一番強いのはコンピュータを使わないことだよね。だから防御に関しては北朝鮮は鉄壁です。

・イエズス会ってローマ教皇直轄の軍隊なんです。

・自分のルーツとなる国に一度も住んだことのない人たちほど、母国に過剰な思い入れをしがちです。これを「遠距離ナショナリズム」と呼ぶ。

・西ウクライナの反ロシア・親欧米政権がロシア語を公用語から外して、ウクライナ語だけを公用語とした結果、たいへんな混乱が起きたことが発端だ。ウクライナ語が分からないと仕事にならない。結果として、ウクライナ人だけれどもロシア語しかしゃべれない人は二級市民に転落して、肉体労働かそれに準ずる低賃金労働しか従事できなくなってしまう。

・ヤンキーにおいては、心情が重要なんです。気合があるのかないのかとか、一所懸命かどうかとか。それから、自分が属している狭い人間関係を没論理的に重視して、「仲間とは繋がっていきたい、そのためには何でも許されるんだ」とか。こういう心情や気風が現在の日本のいろんな階層に存在している。

・愛国というのは実は一種のナルシシズム(自己陶酔)なんだ。国家を愛することで、世のため人のため国家のために献身している俺は素晴らしいんだ、という充実感を求めているわけだよね。

・時代というものは二つに分けることができます。世界のスタンダードを作れるほど極端に強い国がある時代か、そうではない時代か。極端に強い国がある時代は普遍主義的な価値観の時代になる。ローマ帝国の時代もそうだったし、イギリスが一強だった時代には自由主義の時代だった。そのイギリスが弱って群雄割拠になると、帝国主義の時代が到来しました。

・右翼運動をやっている人たちの中にも在日韓国人がいる。そもそも民族の真ん中にいる人たちは、民族意識を強く持たないんですよ。意識する必要がないからね。民族というものは、境界線上で意識されるものなんだ。

・何をもって右翼なのか左翼なのか、東西冷戦構造が崩れた今となってはよく分からなくなっているんだ。

・偏差値が高いとはどういうことかというと、ボリュームゾーンから外れているということだ。民主主義は、基本的にボリュームゾーンに従って動いているから、皆さんは常に少数派であるという宿命を持っているわけ。

・そもそも、ロシア人は選挙で自分たちの代表を送り出すという意識が薄くて、むしろ選挙とは基本的に古代ギリシャの陶片追放であり、自分たちがイヤだと思う人間を代表にしないがための消極的選択だという考え方なんだ。

・「コーヒーを飲みに行こう。もうコーヒー飲んだ?」と聞かれた時に、「コーヒーを飲んだ」と言ったら誘われないなと思って「飲んでいいない」と答える。これは戦略的は発言だよね。しかし、そういう時には「コーヒーは飲んだけれども、君と一緒だったらもう一回飲みに行きたい」と言えばいいわけだよね。

・有識者と言われる人たちは、現実に影響を与えたいという思いが強すぎると、政治に過剰迎合するんだ。

・弟子を育てるということを熱心にやらなかったから学派として成立しなかった。弟子がいないと、その教えは一代限りで終わりになっちゃう。学問の世界には時々そういう人がいます。

・大事なことは、人を言葉で刺激しないことである。いつも無口で不快な奴だと思われても、人の妬みを受けないためには、思った感想や考えをすぐ口に出さないことである。



君たちが知っておくべきこと: 未来のエリートとの対話

君たちが知っておくべきこと: 未来のエリートとの対話

  • 作者: 佐藤 優
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/07/29
  • メディア: 単行本



君たちが知っておくべきこと―未来のエリートとの対話―

君たちが知っておくべきこと―未来のエリートとの対話―

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/07/29
  • メディア: Kindle版



タグ:佐藤優
nice!(0) 
共通テーマ: