So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『すべての戦争は自衛意識から始まる』 [☆☆]

・この世界で勃発する戦争のほとんどは、過剰な自衛意識がもたらした争いだ。

・殺された人たちが自分と同じように、泣いたり笑ったり愛したり愛されたりする存在だと思って(気づいて)いないからだ。つまり想像力が停止していた。そんなとき人は、優しいまま残酷になれる。しかも優しいままだから摩擦がない。

・天皇の御真影は学校などに配置され、その前を通るときに職員や児童は最敬礼を強要された。学校が火事になって御真影が焼けたときは、校長が割腹自殺した。

・メディアは逮捕や摘発には熱狂するが、不起訴や無罪に対してはとても冷淡だ。

・外の世界を知らない。比較できないから対象化や相対化もできない。たったそれだけで、人は信じられないほど簡単に、現状の体制に馴致してしまう。

・結局のところは自衛の意識。これが高揚して大儀となれば、戦争や虐殺はすぐ目の前だ。

・「事実などは存在しない。ただ解釈だけが存在する」と言ったのはニーチェだ。

・日本のメモリアルは被害の記憶と終わった日。そしてドイツのメモリアルは加害の記憶とはじまった日。

・電車の中吊り広告の見出しだけを読んで、朝日は許せないとか捏造新聞だなどと怒っています。そのレベルで従軍慰安婦は存在していなかったのに朝日が捏造したと真顔で言っている人もたくさんいます。

・メディアが身に刻むべきは、「もしも間違えた場合は謝罪する」的な規範ではなく、「謝罪などでは取り返しのつかない加害行為を自分たちは誰かに与えてしまう可能性がある」との自覚なのだ。

・朝日を批判し、自社の新聞を購読するように勧誘する他社のチラシが大量に配布されています。批判は正しい報道を求めるためなのか、それとも商売のためなのか。

・多くの人がその価値の認識を共有するからこそ、貴金属は価値を持つ。つまりブランドだ。抑止力もこれに似ている。多くの人が抑止として機能すると信じられているからこそ、抑止力は抑止力として機能する。

・本能として刷り込まれた危機意識は、天敵がいないことを承服しない。探し続ける。敵が見えない状態が恐いのだ。こうして人は仮想敵を求める。いなければ作り出す。そして安心しようとする。

・安全圏で「血を流す覚悟」などと言っている男や女たちは、まずは紛争地帯に来るべきだ。

・繁殖力が旺盛な要因の一つは、他の植物が嫌がる物質を根から放出(専門用語でアレロパシーという)するからだ。

・良心に関しては多数決は正しくない。ガンジーの言葉だ。

・中吊りを額面通りに受け取って怒る人に、反論や釈明などするつもりも気力もない。それはリテラシーの問題だ。

・下劣な一線をどうしても越えられない。こう見えても育ちは結構いいのだ。会ったこともない人を、自分と考え方が違うというだけで、あれほど下品に罵倒することがどうしてもできない。

・夜中にパソコンやスマホに向かって「www」とか「草草草」とか打ち込みながら、時おりは自分の顔を鏡で見た方がいい。

・あれほどあった「死ね」の書き込みが、今度は「死ぬことはなかった」という書き込みに変わっています。おかしな言い方ですが、人を傷つけるなら、もっと覚悟を持って傷つけるべきだと私は思います。

・一部の指導者の意思や工作だけでは戦争は始まらない。騙した人と騙された人、煽った人と煽られた人。これを明確に二分することなど不可能だ。

・国民の多くが政策に熱狂したとき、政権を支持したとき、国家は大きな過ちを犯す。

・この国でA級戦犯の責任がこれほどに肥大した理由は、天皇制を存続させるために「天皇を騙したり追い詰めたりした人たちがいた」とのコンテクストとが必要になったからだ。

・就任中に物議を醸しながら靖国に参拝した歴代首相は、退任後も靖国で手を合わせているのだろうか(公私の私と言明しているのだから、当然しているはずだよね)。

・最大の自衛とは、安全を脅かす存在を洩らすことなく消滅させることである。

・ダブルタップ(第一次攻撃による死傷者を救出するために集まってきた人たちへの第二次攻撃)なども公然と行われている。

・世代的には圧倒的に年配者が多い。これも大学生や若い労働者が中心だった安保や成田闘争とは大きな違いだ。

・「アカ」(共産主義者)は当時、やはり国家に害をなす「絶対的な悪」の代名詞だった。ちょうど今の「テロ」のように。

・こういう人はいつの時代にも一定数いたのだろうなと考えた。ぎりぎりまではそれらしく頑張るけど、最後の瞬間にだらしなく取り乱して保身に走る。あるいは忘れたふりをする。

・捕鯨そのものを否定しているわけではなく、日本の調査捕鯨には科学的な合理性がないとの判断だ。これに対して「これで鯨が食べられなくなる」や「日本の食文化を理解していない」と反論するならば、結局は「捕鯨の目的が調査以外にあるのでは」との判決の正当性を強化することになる。

・世界は広い。でも人の頭の中は小さい。整理整頓するためにはイメージを折りたたむ。特に規格外に大きいものや悲惨なものについては、この作用が強く働く。つまり矮小化だ。

・加害だけを強調して記憶した実例の一つがイスラエルだ。その結果として被害は加害にあっさりと転換する。自分たちが受けた被害を反転しながら繰り返していることに気づけなくなる。



すべての戦争は自衛意識から始まる---「自分の国は血を流してでも守れ」と叫ぶ人に訊きたい

すべての戦争は自衛意識から始まる---「自分の国は血を流してでも守れ」と叫ぶ人に訊きたい

  • 作者: 森 達也
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/01/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



すべての戦争は自衛意識から始まる

すべての戦争は自衛意識から始まる

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/01/29
  • メディア: Kindle版



タグ:森達也
nice!(0) 
共通テーマ:

『言ってはいけない 残酷すぎる真実』 [☆☆]

・論理的推論能力の遺伝率は68%、一般知能(IQ)の遺伝率は77%だ。これは、知能の違い(頭の良し悪し)の7~8割は遺伝で説明できることを示している。

・どんなに頑張っても勉強のできない子供もいる。だが現在の学校教育はそのような子供の存在を認めないから、不登校や学級崩壊などの現象が多発するのは当たり前なのだ。

・マスメディアが親の責任を問うのは、子供の人権に配慮しているからではない。異常な犯罪が何の理由もなく行なわれるという不安に人は耐えられないから、子供(未成年者)が免責されていれば親が生贄になるのだ。

・社会政策はすべて、アフリカ人の知能が我々の知性と同じだという前提を基本としているが、すべての研究でそうなっているわけではない。黒人労働者と交渉しなければならない雇用主なら、そうでないことを分かっている。

・白人と黒人の間にはおよそ1標準偏差(白人の平均を100とすると黒人は85)のIQの差があり、これが黒人に貧困層が多い理由だと述べた。

・1989年時点の平均的アメリカ人の年収は、白人の約2万7000ドルに対し黒人が約2万ドルだが、IQ100の白人と黒人を比べればともに約2万5000ドルで経済格差は消失する。

・同じIQで見れば、黒人は白人と平等か、むしろ優遇されている。黒人が差別されているように見えるのは、白人に比べて知能の低い層が大きいからだ。

・アメリカではIQ75以下が知的障害者とみなされる。知的障害のある子どもの割合は最下層の白人では7.8%だが、同じ最下層の黒人では42.9%だ

・近代国家の大原則は、国民を無差別に扱うことだ。アファーマティブ・アクションが議論を呼ぶのは、この原則に修正を加えているからだ。

・かつては月100万円稼ぐ風俗嬢は珍しくなかったが、いまでは指名が殺到する一部の風俗嬢の話でしかなく、地方の風俗店では週4日出勤しても月額25万円程度と、コンビニや居酒屋の店員、介護職員などとほとんど変わらないという。

・税金を投入して高等教育を無償化したところで、教育に適性のない最貧困層の困窮は何ひとつ改善しないだろう。

・「知識社会」とは、知能の高い人間が知能の低い人間を搾取する社会のことなのだ。

・女性の違法行為が男性を上回るのは未成年者の家出と商業売春だけだ。

・攻撃的で支配的なウサギは、おとなしくて従属的な個体に比べて安静時心拍数が低い。

・心拍数の低さは、恐れの欠如を反映しているのだ。

・心拍数の低い子供は高い子供よりも共感力が低い。

・犯罪者の人権を尊重する(犯罪に甘い)政治家は、真っ先に選挙で落とされる。

・社会的成功を手にした高学歴の女性たちが続々と家庭に戻っていく。これを、職場からのドロップアウト(落ちこぼれ)ではなく、オプトアウト(自らの意思で仕事から身を引く)と名付けた。

・男性の脳の特徴は「システム化」で、女性の脳は「共感」に秀でている。プログラマの大半が男性で、看護師や介護士に女性が多いのは、脳の生理的な仕組みによって「好きなこと」が違うからだ。

・父から子、孫へと世代が替わるごとに遺伝子の共有率は低くなり、数十世代もすれば「高貴な血」も「穢れた血」もヒトの遺伝子プールの中に散逸し、家系や血のつながりは何の意味もなくなる。

・移民の子供たちはたちまち英語を習得して母語を忘れてしまうが、宗教(や味覚)は親の影響を強く受けている。

・子育ての大切さが強調されるようになったのは、核家族化が進み、教育が将来の成功を左右するようになった近代以降だ。

・幼い子供は親以外の大人を怖がるものの、年上の子供にはすぐになつく。彼らが親に代わって自分の世話をしてくれる(そういうプログラムを持っている)ことを知っているのだ。

・黒人の子供集団が禁じるのは白人の子供集団が高い価値を置くことすべてで、その象徴が「勉強してよい成績をとること」だ。

・仲間が不在のまま育ったサルは、明らかに異常行動が目立った。同様に英才教育を受けた神童も、幼少期に友達関係から切り離されたことで自我をうまく形成することができず、大人になると社会に適応できなくなり、せっかくの高い知性を活かすことなく凡庸な人生を終えてしまうのだ。

・女性の政治家や科学者に女学校出身者が多いのは、共学と違って、学校内で「バカでかわいい女」を演じる必要がないからだ。

・脳梁を切断されている患者は、右脳に入力された「笑え」という指示を認識できない。ところが、ボードの指示を見た患者は笑い出した。そこでなぜ笑ったのか訊いてみると、患者は「先生の顔が面白かったから」とこたえた。このことから左脳の役割がわかる。それは自己正当化、すなわち自分に都合のいいウソをでっちあげることだ。

・無意識が捏造した気分のいいウソは、「意識」というスクリーンに映し出される。意識は無意識が生み出す幻想なのだ。



言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

  • 作者: 橘 玲
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/04/15
  • メディア: 新書



言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)

言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/04/16
  • メディア: Kindle版



タグ:橘玲
nice!(0) 
共通テーマ:

『スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール』 [☆☆]

・「成長型マインドセット」とは、自分自身に挑戦することでしか潜在的な能力を発揮できないという考え方です。

・「固定型マインドセット」とは、能力・知性・才能をあなたが持っていようといまいと、それらは固定的であり、変わらないと信じる考え方です。

・「完璧にやらない」ことが、すべてをこなす秘訣。

・「その日のToDoリストをすべて完璧にこなしたかどうか」で自分を評価するのではなく、「ToDoリストが自分の生き方を反映しているかどうか」「自分が貢献したいことを反映しているToDoリストかどうか」で評価してみてください。

・注意力が必要とされる仕事をする時は、白衣(医師や科学者の象徴)を身に着けた方が、いい仕事をします。「自分はこうなりたい」と思う特徴と、服やアクセサリーを結びつけると、実際にその特徴を表現したり、仕事の質を高めるのに一役買ってくれます。

・成功するために服装を考えるなら、他人だけでなく、「自分の心に焼きつくように」装いましょう。

・その時(創造性が豊かだった時)に取っていた姿勢を再現することは、創造性の扉を開くための心理的な鍵のようなものなのだ。

・私たちは自分を仕事を「何をしているか」で捉えようとする傾向がありますが、私たちの精神面の健康や幸せは、「何をしているか」よりも、「一緒に働く人に対してどう感じるか」によって決まるからです。

・第一に、人間は「社会的な生き物」です。職場などのコミュニティーに属していないと感じたり、コミュニティーを信頼できないと感じると、どんなに意味のある仕事も台無しになることがあります。

・同僚と信頼関係を築く最も簡単な方法の1つは、「あなたの話を確かに聞いていた」と、相手に示すことです。イベントに行く予定だと相手が話していたなら、どうだったか、後日、確認してみてください。

・目標を追うべきかについて意見を求めるのではなく、目標を達成するためのアドバイスを求めましょう。

・リーダーの言っていることとやっていることが違ったら、「心理的契約(文書化されてはいないがお互いが了解している。内容が暗黙の了解で結ばれているようなものを指す)」への違反行為と見なされるのです。

・彼らが質問をするのは、本当に疑問があって質問したいからではなく、そうすると賢そうに見えるから、という場合もあります。

・人は、単に「変わりたいと望むこと」と、それを実際に可能にする「モチベーション」を、混同して考えているのです。

・妬みは「欲しいものを示すサイン」だと知る。

・良いことが言えないなら、何も言わないこと。

・ドーパミンは注意力を奪い、満足を「約束」してくれる(でも必ずしも満足を与えてはくれない)脳科学物質なのです。

・「やってみるべきルール」は、タイマーをかけることです。自分で時間制限をしましょう。

・ストレスを「多く感じる」「体に害だと考える」。この2つの組み合わせが、心身の問題を引き起こす。

・「自分が倫理的なことを実際に行なった」と感じる時、人は非倫理的な行動を取りやすくなります。心理学者はこれを「モラルライセンス(倫理的許諾)」と呼んでいます。

・環境に優しい選択をする人は、「儲けが得られそうなゲーム」でズルをする可能性が高いという結果が出ました。この人たちが地域団体の基金を集める時に、そこからお金を持ち出してしまう可能性が高いことも、この研究でわかったのです。

・過去、企業の社会的責任について認められた業績があったCEOは、後に不祥事を起こして告発されている確率がかなり高いことが分かりました。

・間違いや悪い知らせを隠したいという誘惑が襲ってきたら、「真実は必ず突き止められる」と考えて、「その真実をどう知られたいか」、考えるようにしましょう。

・米軍では、大事な任務の後は強制的に、「アフターアクション・レビュー」というチェックを行ないます。このデブリーフィング(任務後の報告会)では、4つの質問をします。何に着手したのか。実際に何が起きたのか。それはなぜ? 次回、何をすべきか。



スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

  • 作者: ケリー・マクゴニガル
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/10/06
  • メディア: 単行本



スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/10/06
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ: