So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか』 [☆☆]

・NHKの番組に「当たり前のことしか出ていない」という批判があるが、あれは当たり前のことしか取材しているのではなく、管理職にもわかる当たり前のことしか放送できないのだ。

・第三者委員会が、東芝の「トップが命令したら部下が逆らえない企業風土に問題がある」と指摘したのは面白い。トップの命令に部下が従うのは当たり前だが、日本の会社では当たり前ではないのだ。

・戦前の日本は強いリーダーが独裁的に指導したのではなく、そういうリーダーがいなかったから暴走したのだ。

・日本軍は佐官級の将校が作戦を決めたので「どの部隊も温存する」という建て前で戦力を分散させ、結果的には全滅することが多かった。

・過労自殺でいつも不可解なのは、自殺する決断力があるなら、どうして会社をやめる決断ができなかったのかということだ。

・グーグルが全世界に置いたコンピュータとインターネットで電通の45倍の価値を創造しているのに、電通は新入社員を明け方まで残業させて資料を作っている。この状態では、社員だけでなく会社もそのうち倒れる。

・日本の銀行がバブル期に高い収益を上げたのは、製造業に寄生していただけだ。製造業は今でも強いが、生産拠点を海外に移してしまった。

・資本集約的な機械の導入によって産業化する産業革命と対照的に、労働集約的な「勤勉」で生産性を上げるものだ。それを実現するには労働者が自発的に長時間労働する仕組みが必要だ。

・目的合理性を考えないで場の「空気」で決めるのが日本的な意思決定の特徴だ。

・野党やマスコミが「公害の防止に経済との調和を考えるのはおかしい」と攻撃したため、この条文は1970年に削除された。これによって「公害を減らすにはどんなコストをかけてもよい」という空気が生まれ、有害物質を微量でも含む商品はすべて禁止された。

・公害は「絶対悪」であり、環境保護は「絶対善」なので、コストが合理的かどうかは考えないで、リスクがゼロになるまで税金を投入する。その費用対効果を疑う者は、戦時中と同じように不道徳な「非国民」として指弾を浴びる。

・全国ベースでみても「原発ゼロ」になると、産業用の電力料金は2030年までにほぼ2倍になる。首都圏では、もう成り立たないだろう。壊滅するのは東電ではなく、日本経済である。

・技術的にはデブリを除去する必要はなく、冷却したまま原子炉をコンクリートで固める、チェルノブイリと同じ「石棺」方式で十分だ。こんな簡単な答えが出せないのは、地元感情に配慮しているからだ。

・日本の新聞は、世界的な基準でみると大衆紙なのだ。本当の大衆紙なら、芸能やエロを扱えば売れるが、それはできないので、使われるのが社会ネタである。

・世界のテレビを見るとわかるが、BBCやCNNが社会ネタをトップにすることはまずない。テロや災害でもない限り、政治・経済ネタの次に社会ネタが来て、その次にスポーツや娯楽が来る。ところが日本の新聞は、事件・事故がトップニュースになることが多い。

・日本でマスコミを「第四権力」と呼ぶことがある。これは誤訳である、英語ではfourth estateだが、estateには権力という意味はない。それは身分制度の聖職者・貴族・平民に次ぐ「第四の身分」という意味だった。

・いま新聞は斜陽産業だが、その運命もかつての聖職者に似ている。それは何者かに倒されたのではなく、不要になったのだ。

・豊洲をやめたら築地を使い続けることになるが、これは魚が地面に転がされて不衛生だから、環境基準どころか食品衛生法違反だ。

・テレビ局で教育される最大のスキルは、なるべく知的水準の低い視聴者を想定することである。NHKでは「原稿は中学三年生が見ていると思って書け」と教わる。だからテレビニュースはテキストで読むとまどろっこしく、わかりきった話が多い。

・大蔵省が不動産融資の総量規制を始めたのは1990年4月からで、このころには公示価格はまだ上がり続けていた。バブルの象徴のようにいわれる東京・芝浦のディスコ「ジュリアナ東京」が開業したのは、1991年である。

・日本の経験でもアメリカの経験でもいえるのは、破綻処理の最大の障害はマスコミだということだ。

・教育勅語を「国家新道」の教義と考えて禁止したGHQは、この点を取り違えていた。それを理解できた子供はほとんどなく、99%の子供は丸暗記して経文のように暗唱していただけだ。

・大事なのは教義ではなく、同じ文句を唱える同調圧力にあった。

・株主が主権者として労働者を支配するのが資本主義だとすれば、日本の会社はその逆に労働者が資本家を支配する「人本主義」である。

・勤労革命は、稀少な土地の生産性を高めるために極限まで長時間労働するものだった。それは資本を節約して労働を浪費するシステムなのだ。

・資本(土地)はある程度まで増やせるが、1800年頃に限界が来て、あとは長時間労働で生産性を上げるしかなかった。

・都市国家が激しい戦争を繰り返していたヨーロッパでは、都市の限られた人口を資本集約的な技術で補って稀少な労働を節約する産業革命が起こった。

・世界的にみると、中国も含めて勤労革命が多数派で、産業革命はヨーロッパの都市国家だけで生まれたものだという。



失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか

失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか

  • 作者: 池田 信夫
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/07/14
  • メディア: 単行本



失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか

失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版
  • 発売日: 2017/07/14
  • メディア: Kindle版



タグ:池田信夫
nice!(0) 
共通テーマ:

『<インターネット>の次に来るもの 未来を決める12の法則』 [☆☆]

・いま振り返ってみると、コンピューターの時代は、それらが電話につながれるまで、本格的には始まっていなかったのだ。コンピューターが1台だけあっても無力だった。

・あるテクノロジーが出現すると、それが何を意味するものか、それを飼い馴らすためにどういうマナーが必要かという社会的な同意ができるまでに、10年はかかっている。

・デジタルマネーの本当の主導者は、電子マネーがときとして唯一の通貨となるアフリカやアフガニスタンだ。

・我々が作るすべてのものは、固定化した名詞の世界から、流動的な動詞の世界に移動していく。プロダクトはサービスやプロセスになっていくだろう。自動車は交通サービスに変わり、新しい利便性をもたらすものになる。

・これから30年後の未来の生活を支配する重要なテクノロジーのほとんどがまだ発明されていないので、自ずと誰もが初心者になる。永遠の初心者こそが、誰にとっても新たなデフォルトになる。

・新しいものを発明するたびにそれが新しい渇望を呼び起こし、それによって生まれた新しい心の穴を埋めなければならなくなるのだ。

・ディストピア的なシナリオの欠陥は、それらが持続的でないということだ。文明を終わらせることは実際には難しい。

・無政府状態はすぐさま闇社会へと変わり、さらに足早に腐敗した政府のごとくなっていく。ある意味、貪欲さが無政府状態を脱却させてくれるのだ。

・現実のディストピアは『マッドマックス』の描く世界というよりソビエト連邦に近く、そこは無法地帯というより息が詰まるような官僚主義が支配している。

・必要とされる量に見合ったIQを提供してくれる。電気のようにただつなぐだけで、AIの機能を利用できるようになるのだ。

・3世代ほど前には、手先の器用な人たちが、あらゆる道具の電動版を作ることで大金を手にしていった。こうした起業家たちは、電気を起こす必要はなかった――送電線経由で電気を買って、今まで手動だったものを自動化しただけだ。

・あなたが「イースターのうさぎ」の画像検索をして、結果一覧の中から最もそれらしい画像をクリックすると、あなたはAIにイースターのうさぎとはどういう姿なのかを教えていることになる。

・私の予想では、2026年までにグーグルの主要プロダクトは検索ではなくAIになるはずだ。

・何もかもが接続された世界では、違った考え方をすることはイノベーションや富の源泉になる。

・AIという言葉は「異質の知性(Alien Intelligence)」の略号になることだろう。

・AIが人間のようなものだと思うのは、人工的な鳥である飛行機が翼をばたつかせると発想するのと同じ論理上の欠陥だ。ロボットもまた、人間とは違う考え方をする。

・今は製造業といえば中国ということになっています。でもロボットのおかげで生産コストが下がるにつれ、輸送コストの方がはるかに大きなものになるでしょう。近場で生産した方が安くなるのです。

・誰もがパーソナル・ロボットを使えるようになるだろうが、ただ持っているだけでは成功はおぼつかない。それよりも、ロボットやマシンと一緒に働くプロセスを最適化できた者が成功を掴み取るだろう。

・われわれ人間の役割は、ロボットのために仕事を作り続けることになる――この作業は決して終わりがないだろう。

・あとで読もうと本を買ったとしても、その本が置かれているのは買っていない他の本と同じ場所(つまりクラウド中)であって、その違いはお金を払った棚か払っていない棚かというだけなのだ。それなら支払いが済んでいない棚に入れておいても構わないじゃないか。こうして今では、これから30秒以内に読み始めるつもりの本以外は購入しないようになった。

・アマゾンの読者は、たとえ無料で読めるサービスが他にあったとしても、「キンドル読み放題」のような何でも読めるサービスにお金を払う。なぜならアマゾンにあるレビューのおかげで、自分の読みたい本が見つかるからだ。それはネットフリックスにも当てはまる。

・世界の本のほとんどが流通のロングテールのずっと先――少部数かまるで売れない状況――にある中で、デジタルの相互リンクのおかげで、どんな風変わりなタイトルの本でも読者を得ることができるようになる。

・車が拡張された足であり、カメラが拡張された目であるなら、クラウドはわれわれの魂を拡張したものだ。もしくは、あなたの拡張された事故だと言ってもいいだろう。

・オープンソース産業を調査して作った一覧では、約65万の人々が50万以上のプロジェクトで働いている。この総数は、GMの従業員の3倍の規模だ。

・誰も出版するのに許可など要らない。誰でもインターネットにつながっていれば、自分の作品を投稿して観客を集められる、つまりそれはゲートキーパーとしての出版社の終焉を意味していた。

・近しい友人はエコーチェンバー現象を起こし、同じ選択を増幅するだけだ。いくつかの研究によれば、友人の友人といった次のサークルに行くだけで、自分が思っていたのとは違う選択の幅を広げることができることもある。

・われわれはまだ、アテンションや影響力を交換したり管理したりする可能性をすべて探りつくしたわけではない。やっと未知の大陸が見え始めたばかりだ。

・すべてがゼロに向かっていく中で、唯一コストが増加しているのは人間の経験だ――これはコピーできない。

・本当の持続的な経済成長は新しい資源から生まれるのではなく、すでに存在する資源を再編成することでその価値が上がり、それで達成される。

・現代のテクノロジーは再編成されリミックスされた、かつての原始的なテクノロジーが組み合わさったものなのだ。

・GIFアニメは一見すると、静止画がループされてちょっとした動きを何度も何度も繰り返す。その周期は1~2秒なので、それらは1秒動画と見做すことができるだろう。

・毎年、北米では600本/約1200時間分の長編映画が公開されている。現在では毎年、何億時間もの動画が作られているので、1200時間というのは割合からすればほんの僅かだ。丸め誤差の範囲に過ぎない。

・ユーチューブの動画は、毎月120億回以上も見られている。最も見られている作品は10億回以上も再生され、これはハリウッドのヒット作を超えている。

・われわれの法体系のほとんどはまだ農耕時代の原理原則で動いており、所有物には実体があることが前提となっている。つまりデジタル時代に追いついていないのだ。

・未来はすでにここにある。まだ均等に分配されていないだけだ。

・安価で潤沢になったVRは、経験の生産工場になるだろう。生身の人間が行くには危険すぎる環境――戦場、深海、火山といった場所――を訪れることもできる。

・結局のところ、医学における正常とは、架空の平均値のことなのだ。あなたと私の正常値はお互いに違う。平均値としての正常値はあなた個人には当てはまらないかもしれない。

・小さなデジタル式コンパスの本体を革ベルトにはんだ付けした。そして13個の極小の圧電型バイブレーターをベルト全体に沿って埋め込んだ。最後にその電子コンパスをハックして、ベルトの北の方向を向いている部分が常に振動するようにしたのだ。ベルトを着けていると、北の方角を腰で感じられる。北を指すそのベルトを着けて1週間もしないうちに「北」という確かな知覚を持つようになった。それはもう無意識になっていた。考えずにその方向を指すことができた。

・マルサスやダーウィンが論証したように、生物学的にすべての種は飢餓の境界まで増え続ける。

・われわれは血圧や血糖値を感じるようには進化していないのだ。しかしテクノロジーを使えばできる。

・革命的なアイチューンズは、アルバムではなく曲単位で販売している。かつての混合物から蒸留され抽出された音楽の要素は、共有可能なプレイリストといった新しい化合物へと再構成された。

・大衆紙は記事広告(クレイグリスト)、株式市場(ヤフー)、ゴシップ(バズフィード)、レストラン批評(イェルプ)、記事(ウェブ)へとアンバンドルされ、それぞれが自立して育っていった。

・すべてのインターネットや電話のシステムが24時間不通となるような事件が起きたら、その後何年もそのショックが後を引くだろう。

・良い質問とは、それ一つで100万個の良い答えに匹敵するものだ。それは例えばアインシュタインが自分に尋ねた質問だ。「もし光線の上に乗って飛んだら何が見えるだろう?」この質問が相対性理論や原子力時代を導き出した。

・良い質問とは、ひとたび聞くとすぐに答えが知りたくなるが、その質問を聞くまではそれについて考えてもみなかったようなものだ。



〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

  • 作者: ケヴィン・ケリー
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2016/07/23
  • メディア: 単行本



〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2016/07/27
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ:

『理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件』 [☆☆]

・理系脳は新しいものが好きで、それによる世の中や身の回りの変化が好きだ。

・文系の脳の持ち主は、自分とは無関係のことに興味津々だ。アベノミクスは正しかったかそうでなかったかを論じたり、魚の仲買人でもないのに築地市場の移転問題について延々と持論を述べたりする。

・得てして、世界を変えようと鼻息の荒い人よりも、目の前の課題をクリアしようとしている人の方が、あっさりと世界を変える。

・自分の影響力はどの分野で最大限に行使できるかを知っているから、無関係の分野、言及しても影響力を及ぼせない分野での言論に時間を使わない。

・話が合わないのは、その理系脳の相手と対等に会話するだけのスペックが自分に欠けているということだ。

・自分の表現に自信がない人ほど、回りくどい説明をしたがる。

・早く新しいものに買い換えればいいのにと私などは思うのだが、おそらくは最新の洗濯機との性能や機能の差を知らず、それによって自分の生活がどう変わるか見当もつかないのだろう。

・教科書に載っていなかったこと、一般のニュースでは報じられない話題に人は弱いのだ。裏を返せば、教科書と一般のニュース以外に少し目を向けるだけで、知識はぐっと広がり、それは多くの人との差になるということだ。

・年収の多い人ほど知っていることが多く、知らないことが少ないということになる。

・検証できない仮説は仮説とは言わない。それは思考実験だ。

・冬場、エアコンを使うと部屋が乾燥すると主張する人がいる。その原因は「エアコンが除湿しているからだ」という人がいる。とんでもないことだ。エアコンは単純に部屋の空気を暖めている。すると、部屋の空気の飽和水蒸気量が増える。

・学校で教わった理科の知識など必要ないと主張する人がときどきいるが、それは、身近な現象に教わった知識を重ねて考えることができない人だということだろう。

・物語には注意が必要だ。何かに感動しているときには、論理的な感覚が鈍っていると自覚した方がいい。

・薬の副作用で重篤な状態になった人、亡くなった人の物語もよく語られる。しかし、その薬のおかげで一命を取り留めた人の話はあまり聞こえてこない。

・時間あたりの変化率を求めることを、数学の世界では「時間で微分する」と表現する。微分なんて社会に出てから役に立たないと主張する人は、その使い道を知らないだけだ。

・アクシデントが起きたとき「なぜ」と口では言い、whyを気にしているように振る舞いながら「誰のせいか」つまりwhoにしか関心を持てない人はいる。

・メンバーは何度か「俺たちは昼食に行く」と繰り返すが、チューリングは無反応。つまり、誘われていると気付かず、報告されているのだと思っていたのだ。

・アウトプットするときには、そのアウトプットをインプットする人がいることを十分に意識するといい。すると、その人がエラーなくインプットできるよう、自然とよりわかりやすく話そうとするようになる。

・聞く側のインプットを意識している実況はうまく、ただ漫然とアウトプットしている実況は、聞いていても何がなんだかわからない。

・英語でも、構文のせいで理解できないことより、単語のせいで理解できないことが多いはずだ。

・「固有名詞に注意を払う」ということは、すなわち、読者を意識することだ。このアウトプットは誰に向けてのものなのかを強く意識するのだ。

・評価が異なるということは、それに至るまでに収集する情報の量や質、分析の手法、ありとあらゆるものが違う、価値観が違うということだ。

・目の前の人は自分と異なる価値観を持っているとわかったら、理系脳は無理にコミュニケーションをしようとしない。それは無駄だと思っているから。

・ソーシャルアセットは、SNSという可視化された場で誰とつながっているかでその人に対する評価を決めるという仕組みだ。

・SNSではどんなアセットでも持つべきだとは思わない。いい人とのつながりによるメリット以上に、よくない人とつながることのデメリットは大きい。

・ヤフー知恵袋には「ベストアンサー」という制度がある。しかし、そのベストアンサーを決めるのは質問者なのである。わからないから尋ねたのに、その人がベストな答えを決められるのだろうか。

・スマホを持つことで子供が悪事に引き寄せられてしまうのであれば、スマホを持たせる以前のところで問題がある可能性がある。

・経済などを学んでいる時間は本当にない。その分野の専門家を目指すのではない限り、フロンティアがもう残っていない固まった学問に時間を費やすのは無駄。



理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)

  • 作者: 成毛 眞
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2017/08/10
  • メディア: 新書



理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)

  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2017/08/10
  • メディア: Kindle版



タグ:成毛眞
nice!(0) 
共通テーマ: