So-net無料ブログ作成

『NOでは足りない トランプ・ショックに対処する方法』 [☆☆]

・変化とは、話題を変えることだ。

・いい人になるな、鬼になれ。そうすれば経済に貢献できるし、何よりも自分自身のためになるのだ。

・ニュース番組で「重要な論点について報じた時間」は、合計でわずか32分にすぎなかった。残りの時間は、誰が誰について何を言ったか、どこのどの世論調査では誰がリードしているか、といったことに終始し、まさにリアリティ番組と化していたのだ。何百万人もの視聴者は、これを大いに楽しんだ。

・ある商品を買うことで、ある特定の集団の一員になったり、何か壮大な計画や革命に参加したつもりになれば、ほんの一瞬はいい気分になれる。

・私は時に、新自由主義を「マクガバメント」(マクドナルドがどこへ行っても同じことから、マクとガバメント(政府)をくっつけたもの)と呼んでいる。

・右派が得意なのは後ろ向きになることだとすれば、左派は内向きになって互いに非難の応酬を延々と続けることを得意とするのだ。

・ゲイツをはじめとする世界を救う億万長者たちは、総称して「ダボス階級」と呼ばれるに至っている。

・「移民危機」について懸念する声は聞かれるが、そもそも移民を引き起こした危機そのものを懸念する声ははるかに少ない。

・オーストラリアに向かう何人の乗る船はすべて海上で拿捕し、難民たちを遠く離れたナウルやパプアニューギニアのマヌス島にある収容所に送り込むということが組織的に行なわれている。

・人々は明確な「ノー」を突きつけた──銀行家の強欲に「ノー」、緊縮財政に「ノー」、そしてエジプトでは独裁に「ノー」を――が、その「ノー」の先にある世界についての明確で魅力的なビジョンが欠けていたことは否めない。



NOでは足りない――トランプ・ショックに対処する方法

NOでは足りない――トランプ・ショックに対処する方法

  • 作者: ナオミ・クライン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2018/07/28
  • メディア: 単行本



nice!(0) 
共通テーマ: